1. 無料アクセス解析

拉麺、つけ麺、油そば、焼きそば、二郎、即席麺、食べた麺をアップします。 食べたくなったでしょ!?

麺喰ぃ
http://menworld.blog114.fc2.com/

トリップアドバイザー

ブログ内ラーメン検索

プロフィール

らぅめんち

Author : らぅめんち
麺が大好きです。
今日は美味しい麺を食べました?
また気が向いたらお立寄り下さい。
リンクフリーです。

Calendar

最近のコメント

DMM、CM

お気に入り

価格



車で拉麺!





拉麺でお泊まり!


飛行機で拉麺!


広告


ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

食べたいと思った人

食べたいと思ってる人

現在の閲覧者数:

人気記事ランキング

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「らーめん いっとく」@文京区千駄木

2008/06/30 12:47|東京都文京区TB:0CM:0
「西日暮里駅」で電車を降り、
開成高校の前を通って不忍通りに向かって歩く。
不忍通りとの交差点にあるこのお店。
西日暮里から某有名店に歩いていく途中にある。

らーめん いっとく

「らーめん いっとく」
  住所 〒113-0022 東京都文京区千駄木3-49-10
  電話番号 03-3824-5580
  営業時間 11:00~15:00、17:30~23:00
  定休日 日
  座席数 カウンター8席、4人用テーブルx1


らーめん いっとく 看板

入って左手に券売機。
「徳そば700円」を購入。
開店してまだ時間が経っていないので
まだ空いている。
カウンター席に座り食券を出して待つ。
サービスでライスが付くようだが、
丁寧にお断りしておく。(笑)
丁度カウンター席の端に座ると
厨房の様子がミラーで見えるようになっている。

なぜここから見えるような位置にミラーが付いているのか。
こちらを見る為にミラーが付いているのか?(笑)

出来上がりまで、そのミラーで様子を見る。(笑)

ミラーの中でなかなかテキパキと動く店主。
湯切り、トッピング。
お、チャーシューは一度炙ってから載せるようだ。
あ、来た来た。

らーめん いっとく徳そば

麺の上にはメンマ、青菜、刻み葱、チャーシュー、
海苔が飾られている。
節系の良い香りと炙られたチャーシューの香りが良い。
焼き跡の付いた豚バラ巻は厚みもあり
香ばしい香りが良く旨い。
2枚も入っているのが嬉しい。

らーめん いっとく徳そば(チャーシュー)

節系の香りを漂わせているスープを頂く。

らーめん いっとく徳そば(スープ)

茶濁したスープは節系の香りが良い。
節粉が漂うが舌でザラツキを感じる程ではなく、
丼底にサラッと沈んでいる程度。

粘度はあまり高くないが丁度良い塩加減で
動物のコク、魚介の香りが楽しめるスープだ。

私的にはどちらか一方、いや、動物魚介両方とも
もっと前に出てきても良いように感じられたが
これがこのお店の味なのかと納得するしかない。

麺を頂く。
麺は中太麺。

らーめん いっとく徳そば(麺)

透明感は無く薄黄色までいかない黄色で
少し角の残る麺は香りが良く旨い麺。
固くはなく丁度良いコシ。

なかなか旨い一杯でした。
御馳走様でした。


スポンサーサイト

「中華そば 田家」@川越市久下戸

2008/06/29 13:07|埼玉県TB:0CM:0
この店の前の道は以前からよく通っていたが
まさか美味しい店があるとは。(笑)
店の隣には駐車場の広いコンビニがあり、
この店の駐車場も広い。
周囲に田畑が多く他にあまり建物がないなぁ。(笑)

中華そば 田家 看板(アップ)

「中華そば 田家」
  住所 埼玉県川越市久下戸3017-4
  電話番号 049-235-8761
  営業時間 11:00~20:00 ※売り切れ次第終了
  定休日 不定休
  座席数 33席(テーブル、カウンター、小上がり)


中華そば 田家

店の入り口にはファミレスなどで見かける
待ち客が名前と人数を書き込む用紙が置かれている。
待ち客はいなかったのでそのまま入店。
カウンター、テーブル、小上がりがあり
今日は連れがいたのでテーブル席へ。

メニューを見る。

中華そば 田家 メニュー

『煮干しそば』かぁ...。
一日数量限定の『あごそば』...。
連れは「煮干しそば800円」に決めたらしい。
じゃぁ「あごそば850円」があれば
私は「あごそば」にしよう。
注文を取りに来たおばちゃんに
「あごそばありますか?」と尋ねると
「ありますよ」と返ってきた。

まぁ開店30分で待ち客はいないけど
テーブル席はそこそこ人で埋まっているし、
もしかしたら無いって事もあるわけだから。
確認。確認。(笑)

あとで解ったのだが「あごそば」は
丼が他のメニューより小さめで
隣のテーブルでも、その置くのテーブルでも食べられていた。
限定だけあって「中華そば」や「煮干しそば」より
早くなくなりそうなのは確かのようだ。

しばらくすると、私の「あごそば」が登場。

中華そば 田家 あごそば

麺の上には海苔、カイワレ、チャーシューが載っている。
おぉ Σ( ̄o ̄ )
スープが塩!?
醤油だと思い込んでいたので。(笑)
まずスープから頂く。

中華そば 田家 あごそば(スープ)

丁度良い塩加減で動物のコクも感じられるが
鼻腔を通過するアゴ出汁の香りが◎で動物系は鶏かな?
甘味も感じられて旨い。
醤油でなく塩味なのは、醤油の香りでアゴ出汁の香りが
負けてしまうからだろうか。
上品な味わいだ。
載っているカイワレの辛味と香りも良い演出になっている。

チャーシューは柔らかく肉自身の香りが良く旨い。
麺を出してみる。

中華そば 田家 あごそば(麺)

麺は軽くウェーブ掛かる中太麺。
コシは普通かな。

なかなか旨い一杯。
御馳走様でした。

次回は煮干しそばにチャレンジしてみよう。


「喜多方らーめん 喜多方屋」@板橋区板橋

2008/06/27 12:45|東京都板橋区TB:0CM:0
東京で初めて喜多方ラーメン店を始めた店として知られるこのお店。
開店11時半少し前に到着。
最寄り駅は 都営三田線「板橋区役所前駅」。

近所の会社員達が開店を待つ。
『準備中』の札が出ているが入っていく。
遠くから見ていた私も後に続く。(笑)

喜多方らーめん 喜多方屋

「喜多方らーめん 喜多方屋」
  住所 〒173-0004 東京都板橋区板橋3-27-3
  電話番号 03-3964-5874
  営業時間 11:30~14:30、18:00~21:30
  定休日 月
  座席数 カウンター5席 + 2人用テーブルx2 + 4人用テーブルx1卓 + 座敷


喜多方らーめん 喜多方屋 幕

カウンターに進む。
座ってメニューを見る。
あったあった「喜多方らーめん620円」。

喜多方らーめん 喜多方屋 メニュー

テレビを見ながらしばらく待つと
「喜多方らーめん」の登場です。

喜多方らーめん 喜多方屋 喜多方らーめん

麺の上には刻み葱、メンマ、チャーシュー、
ホウレン草が載る。

メンマは丁度良い歯応え。
チャーシューは大きめで厚みのある豚バラ巻。
少し塩っ気が高かったようだが、
柔らかく濃厚な味わいで旨い。ヾ(^0^)〃

すぐ下の麺を引きずり出す。
麺は平打ちの太麺。

喜多方らーめん 喜多方屋 喜多方らーめん(麺)

中太よりは太めの麺で縮れがある。
多加水な食感でプリプリッでモチモチ感がある。

鶏、ゲンコツから旨味を引き出したスープは、
透明感のある醤油色。

喜多方らーめん 喜多方屋 喜多方らーめん(スープ)

琥珀色というのがイメージ的にぴったりかな。
あっさりと頂けるスープ。

今時のラーメンと違ってガツンとくるインパクトは無いが
あっさりと頂ける旨い一杯と言ったところかな。

旨かったです。
御馳走様でした。


「ラーメン二郎 品川店」@品川区北品川

2008/06/26 20:32|東京都品川区TB:0CM:4
今晩の麺は品川で。
と言っても品達にお邪魔するわけではない。(笑)
そう、久々の二郎。
けどここは初訪。
前から行こうと思っていてが
なかなか訪問できていなかった。
今日はやっと実現したわけです。(笑)

ラーメン二郎 品川店 テント

「ラーメン二郎 品川店」
  住所 〒140-0001 東京都品川区北品川1-18-5
  電話番号 非公開
  営業時間 平日 11:00~14:30、17:00~21:00
         土   11:00~14:00
  定休日 日・祝
  座席数 カウンター12席


ラーメン二郎 品川店 立て看板

店の前には十数名の列。
いやぁ今日は問答無用で待ちます。
そう言う気分なんです。(笑)

自分が店の前くらいまで進んでやっと
店外にある券売機に気が付く。
私の前に列んでいる人が券を買ったあとに
続けて購入。
『小ブタ』の黄色いプラ券がカランカランと出てくる。
さぁ、また列ばないと。(笑)

30分くらいでなんとか入店。

カウンターに座りプラ券を高台に出す。
目の前のコップに水を注ぎ、
辺りを見回して時間を潰しているとコールを聞かれる。
「小ブタの方?」
「ヤサイマシマシニンニク少なめで。」と伝える。
ヤサイを盛っている最中、「ニンニクは少なめで良いんだね?」と
確認されたので、笑顔で「ニンニク少なめで。」と復唱する。

登場。

ラーメン二郎 品川店 小ブタ

二郎臭さが堪らない。
このヤサイの量。
良いサービスですねぇ。
麺の入ったこの器にヤサイを入れて上から被せて盛り付けたような山。
このヤサイの密度の高さ。(笑)
隙間が無くなる程ギッシリと。ヾ(^0^)〃
これは凄い。
ニンニクは少なめでお願いしておいたので
横の方にちょこっと。
これで充分。

ラーメン二郎 品川店 小ブタ(ニンニク)

さて、ザクザクとヤサイを消化していきます。
モヤシとキャベツの茹で加減はバッチリ。
少しカラメにしておけば良かったかな。
サイドに空きが出来たのでレンゲを入れてスープを
掬ってヤサイに掛けて食べる。旨い。

ヤサイが少なくなって、やっとブタが顔を出す。

ラーメン二郎 品川店 小ブタ(ブタ)

ぐっどさいず。(笑)
ゴロゴロと6個。
丁度良い柔らかさ、でかくて旨い。ヾ(^0^)〃

麺を引きずり出す。

ラーメン二郎 品川店 小ブタ(麺)

小麦色の平打ち麺。
デフォルトで良いコシ。
うねりをもった麺でワシワシと食べられて旨い。

スープを頂く。

ラーメン二郎 品川店 小ブタ(スープ)

二郎の香りがするスープ。(笑)
カネシが立ちすぎずマイルドと迄はいかないが
丁度良いカネシ加減で旨い。
少量ではあるがニンニクがスープに広がり、
やっぱり旨い。(笑)

旨かったです。
御馳走様でした。


「らあ麺 やったる」@新宿区高田馬場

2008/06/26 12:46|東京都新宿区TB:0CM:0
今日のお昼はこちらを訪問。
ラー本にも出ていて、汁無し系を食べようと思って。

らあ麺やったる!

「らあ麺 やったる」
  住所 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-16-4
  電話番号 03-3202-8334
  営業時間 11:30~23:30
  定休日 無休
  座席数 カウンター11席


らあ麺やったる!提灯

入店してカウンターに座ろうと進むと
「奥の方にどうぞ」と言われ更に進む。
奥には二人が列んで座っていたので、
一つ空けて着席。

メニューを見て、あった。「油そば 600円」。

らあ麺やったる!メニュー

「油そばひとつ。」と告げる。
あまり店に活気がないように感じたのは気のせい?
「やったる!」という店名なんだからもっと、
ガンガン来るような活気があるのかと思ってた。(笑)

しばらくして登場したのがこちら。

らあ麺やったる!油そば

麺の上には炙られたチャーシュー、刻み海苔
なると、もやし、刻み葱。

麺はこんな感じで太麺。
コシがあってなかなか旨い。

らあ麺やったる!油そば(麺)

丼の底に溜まっていた茶濁したタレからは
ニンニクの香りが強くしますねぇ。
食べ進むうちに、味に締まりが欲しくなって
ラー油を2周掛ける。うん、なかなか。

けど何か足りない。ん~。酢も掛けてみる。
ん~...。ヾ(^0^)〃

御馳走様でした。


「らー麺 夢あかり」@文京区大塚

2008/06/25 12:21|東京都文京区TB:0CM:3
開店5分後に入店。
既に先客が4名。
私が食べ終わる頃には2名の待ち出来ていた。
最寄り駅は「新大塚駅」。
私はJR「大塚駅」から歩いたが。(笑)
夢あかり

「らー麺 夢あかり」
  住所 〒112-0012 東京都文京区大塚5-9-3
  電話番号 03-6319-8045
  営業時間 11:30~15:00
  定休日 日・祝
  座席数 カウンター10席


夢あかり 看板

入店して券売機で「つけめん 750円」を購入。

ラーメンは大盛りは別料金のようだが、
つけ麺は中盛で300g、大盛で400gで同額だそうだ。

カウンターに座り店主らしき男性に食券を渡す際、
「大盛り。」と言うと「ありがとうございます。」と
返事が返ってくる。

麺の量を告げないお客さんには「麺の量はどうしますか?」と
きちんと丁寧に聞いている。

しばらく注文した品が出てくるまでぼ~っと待つ。

お客は良い感じで増えていく。
厨房内は店主らしき男性と多分その奥さんだと思われる
女性の二人で切り盛りされている。

初めに麺の皿、続けて付け汁の丼が出てくる。

夢あかり つけめん

麺の上には具材は無く、付け汁の中に入っているようだ。

先ずは麺を頂く。

夢あかり つけめん(麺)

麺は少し透明感のある軽く縮れた太麺。
2、3本啜ってみる。
小麦の香りも程良く、多加水な食感でまぁまぁのコシ。

付け汁は茶濁したトロミのある動物魚介醤油。
表層に唐辛子が浮くが辛味は強くなく
甘・酸味も丁度良いバランス。
魚介が香り、動物の旨味も楽しめて
しっかりと動物の後味が残る。

夢あかり つけめん(付け汁)

荒々しさや棘が感じられない。
どちらかと言うと上品な味わい。

付け汁の中の具は短冊状のチャーシュー、
なるとの細切り、メンマ、海苔が入っている。
チャーシューは良い味付けで旨い。

スープ割りはポットが用意されていて自分で割るタイプ。
自分の好きな程度に割るつもりが入れすぎてしまった。(笑)

御馳走様でした。


「鶏の穴」@豊島区東池袋

2008/06/24 20:11|東京都豊島区TB:0CM:2
さぁ今晩の麺はこちら。
最近出来たお店のようです。
鶏を食べられると言うことなので訪問。

鶏の穴

「鶏の穴」
  住所 東京都豊島区東池袋1-39-20
  電話番号 03-3986-2811
  営業時間 平 日 11:00~15:00、18:00~23:00
         土日祝 11:00~22:00 ※スープ切れ終了
  定休日 無休
  座席数 カウンター16席


鶏の穴 看板

暖簾を潜ると正面に券売機。
塩味の「白鶏らーめん 680円」をプッシュ。
カウンターに座り食券を出す。
しばらくすると注文した「白鶏らーめん」が登場。

提供は早くも遅くもなく普通の待ち時間と言ったところかな。
ただボヤ~ッとしていたので早く感じたかも。(笑)

鶏の穴 白鶏らーめん

想像していなかった香りがする。
コーンポタージュの様な良い香りがしている。
麺の上にはメンマ、青葱、挽肉
鶏チャーシューが載る。
チャーシューは丁度良い柔らかさの食感で
プリプリ感が残っている鶏モモ。
メンマは歯応えがしっかりとあり、
青葱はスープと一緒に口に入れると良い香りが広がる。

スープを一口。

鶏の穴 白鶏らーめん(スープ)

表層は黄色味掛かっていて
その下には薄茶濁したトロミのあるスープ。
鶏の濃厚さが充分に出ているスープ。
塩加減も丁度良くなかなか旨い。
香りはコーンポタージュの様な香りだが。(笑)
青葱との相性もバッチリ。
スープと挽肉を一緒に口に運ぶ。
挽肉はなかなか良い柔らかさで肉の旨味が
ジワ~ッと出てくる旨さがある。

麺を上に出す。

鶏の穴 白鶏らーめん(麺)

麺は透明感のない薄黄色い中太麺。
軽く縮れた感じでコシはしっかりとある。
なかなか旨い。

気が付けば麺は無い。(笑)
スープも残り1/3程度。
鶏なのでしつこい後味は残らない。

なかなか旨い一杯。
御馳走様でした。


「のぶ工房」@荒川区西日暮里

2008/06/24 13:02|東京都荒川区TB:0CM:0
先日開店時間にお店に行ったら
何やらバタバタしていたので退散。(笑)
今日は大丈夫だった。
さぁ入店。

ラーメンのぶ工房

「のぶ工房」
  住所 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2丁目40-3-101
  電話番号 03-3802-4531
  営業時間 平日 11:00~24:00
         祝祭 11:00~21:00
  定休日 日
  座席数 カウンター21席


ラーメンのぶ工房 看板

今日は味玉のクーポン券を持参。
メニューを見て「のぶらあめん 600円」を注文。

味玉のクーポン券を出して、
「これ使えます?」と聞くと厨房内にいた女性店員さんが
「使えますよぉ。」と笑顔で対応。
「じゃぁお願いしまーす。」と手渡す。

カウンターに座りしばらく待つと登場。

ラーメンのぶ工房 のぶらあめん

( ̄▽ ̄)クーポンの味玉もちゃんと載っている。
丼に鼻を近づけると揚げ葱の良い香りがする。
麺の上には味玉、モヤシ、メンマ、チャーシュー
青葱、細かい揚げ葱。

メンマは細めで歯応えの良いもの。
ほんのり甘めの味付け。

チャーシューは小さめだが厚みがあり濃厚な味わいで旨い。

ラーメンのぶ工房 のぶらあめん(チャーシュー)

味玉は黄身がゼリー状で、濃厚な味わいで旨い。

スープは動物のコクが感じられるあっさりした醤油味。
醤油のキレも丁度良い感じで○。

ラーメンのぶ工房 のぶらあめん(スープ)

揚げ葱の香りが○。
粘度は低くサラッとしたスープで鶏ベースか?

麺を出してみる。
中太縮れ麺。

ラーメンのぶ工房 のぶらあめん(麺)

見た目に普通かぁ...と思って啜る。
コシがしっかりとある。
思っていた以上にしっかりしていて
啜ると麺の角がスッと喉を通過していくのが解る感じ。
良い茹で加減で旨い。

旨かったです。
御馳走様でした。


「らーめん えびぞう」@新宿区大久保

2008/06/23 12:36|閉店TB:0CM:0
名前からエビを楽しませてくれそうなので来てみた。
入り口の自動ドアから店内の様子がわかる。
お昼少し前なのでまだ席に空きがあるようだ。

らーめん えびぞう

「らーめん えびぞう」
  住所 〒169-0072 東京都新宿区大久保2-2-16
  電話番号 03-3207-7710
  営業時間 11:00~21:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター13席


入り口を入って左側に券売機があり、
何にしようか考える。
『つけめんが食べたいなぁ...。』
『海老を楽しめるのは、えび塩わんたん麺 だけかぁ...。』
『つけ麺は煮干し香るんだぁ...。』
『ランチタイムはライス無料でお代わり自由なんだぁ...。』

ポチッと押したのは「煮干し香るつけめん780円」。

カウンターに座ると水の入ったコップを持って
店員さんが食券を取りに来る。
カウンター高台の所に麺の中盛・大盛無料と書かれていることに
気が付き「大盛りで」とお願いする。
麺は大盛り無料、おまけにランチタイムはライスが無料で
お代わり自由とは凄いサービスですねぇ。(笑)

カウンターには辛味噌と擦りニンニク。

らーめん えびぞう 辛味噌&擦りニンニク

店主らしき男性1人、配膳担当の女性店員2人。
女性店員さんの1人は日本の方ではないようで
店主が仕事を教育中のようでした。

しばらくすると付け汁が、続いて麺が登場。

らーめん えびぞう 煮干し香るつけめん

デフォルトで味玉が1個分入っている良いですね。

らーめん えびぞう 煮干し香るつけめん(味玉)

カイワレ、極太のメンマ、刻み海苔が麺の上に載っていて
チャーシューは付け汁の中に入っている。
味玉は黄身がてろ~んと半熟で味わいも濃厚。
切ってあるので2回に分けて楽しめて良い。
メンマは太い。(笑)
意外にサクッと柔らかく甘めの味付けが薄く付いている。
チャーシューは豚バラ巻をカットしたもので
ラーメンと共通のモノなのかな?
柔らかく、トロンと口の中で溶けるよう感じで無くなった。
なかなか旨いが少ない。

付け汁は表層に厚めの油の層がある。
甘味は可成り抑えられ、一味が浮くがそれ程辛くはない。

らーめん えびぞう 煮干し香るつけめん(付け汁)

酸味はあるが強くない、というか醤油のキレをサポートする感じの酸味。
煮干しが香り醤油のキレが感じられる付け汁。

麺箱には『南京軒食品』と書かれている。

麺は中太より少し太めの縮れ麺。

らーめん えびぞう 煮干し香るつけめん(麺)

少し透明感のある麺でコシがしっかりとある。
なかなか旨い。
大盛りは多いです。(笑)400g?

麺を啜っているとユズの香りがフワッと感じられた。
何処だ?Σ( ̄o ̄ )
目視で確認できなかったので何処に施されていたのかは不明だが
確かにユズの香りがした。
良い香りだったのでもう少し楽しみたかったなぁ。

最後にスープ割りを頂いて御馳走様。


「博多ラーメン 那の福 アクアライン海ほたる店」@千葉県木更津市

2008/06/22 14:24|千葉県TB:0CM:0
ここは東京湾の上。
先日関越自動車道の某SAを利用した時に発見したのが最初で
この海ほたるでまた見つけてしまったので
家族がお土産を選んでいる最中に戦地乱入!(笑)

博多ラーメン那の福_

「博多ラーメン 那の福 アクアライン海ほたる店」
  住所 千葉県木更津市中島地先 アクアライン「海ほたる」5F
  電話番号 0438-41-6247
  営業時間 平日 11:00~7:00
         土日 10:00~7:00
  定休日 無休
  座席数 テーブル席多数


博多ラーメン那の福

フードコートに含まれているようだ。
まぁSAだから仕方ない。(笑)
「とんこつラーメン650円」を注文してお会計を済ませると
“No2”のシールが貼られたベルを渡される。
外が見えるカウンター席に座って待つ。

ベルがブルブルと騒ぎ出す。Σ( ̄ー ̄;)
おぃおぃ。
自動的に音が止まるのかと思いながら
音鳴らしっぱなしでレジに向かう。(笑)
おっ。『消』ボタンがあった。(笑)
ベルと引き換えに「とんこつラーメン」を貰う。
レジ横に紅生姜と胡椒があって
取り合えず紅生姜をトッピング。
胡椒は即席麺の中に入っていそうなタイプだったので
席まで持って戻る。

博多ラーメン那の福 とんこつラーメン

さぁ頂きま~す。
早く食べて家族の元に戻らねば怪しまれる。(笑)

麺の上には胡麻、青葱、海苔、チャーシュー
自ら載せた紅生姜。
チャーシューが思った以上にでかかった。

博多ラーメン那の福 とんこつラーメン(チャーシュー)

麺は細麺。
麺の固さは悪くない。
色白で低加水な食感の麺だ。

博多ラーメン那の福 とんこつラーメン(麺)

が。Σ( ̄_ ̄;) 麺がくっついて固まっている部分が。
茹で時間は正確なのだろうが
茹で処理自体がなっていないのは残念。

スープは薄茶濁した臭みの無い豚骨スープ。

博多ラーメン那の福 とんこつラーメン(スープ)

少し浮いている脂に違和感をおぼえたが
粘度は高くなく丁度良い塩加減のスープで
万人受けを狙ったタイプ。

ごちです。
早く戻らないとばれる。(笑)


「うさぎ家」@千葉県館山市

2008/06/21 19:16|千葉県TB:0CM:0
店の位置が解らず電話をして確認。
館山城の横に鰻屋さんがあって
その横の道を突き進む。
道が細くくねくねとしている。
さっきも通った道だが解らない...。
ゆっくり通る。
...。あった!かなり解りづらい。( ̄ー ̄;)
お寺の入り口の垣根の陰になっていて
解らなかった。(笑)
駐車スペースに車を停めて入店しましょう。

うさぎ家 看板

「うさぎ家」
  住所 〒294-0038 千葉県館山市上真倉2126
  電話番号 0470-24-5321
  営業時間 11:30~14:30
  定休日 水
  座席数 カウンター6席+小上がり4席×2


うさぎ家

ジャズが流れているようで店内から音が漏れてくる。
戸を開けると先客が1名。14:20で閉店時間が近い。
夜は居酒屋になるらしくお酒の瓶が数多く並んでいる。

うさぎ家 STYLE

焼酎や日本酒の瓶のようだ。
夜の居酒屋のお客は、やはり地元民が多いのだろうか。
立地から考えても、そうだろうなぁ。

メニューを見て

うさぎ家 メニュー

「ら~めん650円」を注文。
脂は少なめからコッテリまで対応できるらしく
普通でお願いする。

千葉のラーメン本に出たようで
その本がカウンターから見える場所に置かれている。
カウンターから手に届く位置にあるが、
厨房からの方が近く、見ちゃ駄目なのかな。(笑)

しばらくすると注文した「ら~めん」が登場。

うさぎ家 ら~めん。

ほぉ。( ̄▽ ̄)
麺の上にはホウレン草、葱、メンマ
チャーシュー、海苔、なるとが載る。
チャーシューは箸で持つと崩れる程柔らかい豚バラが2枚。
きちんと味付けが付いているが濃すぎず
なかなか旨い。ヾ(^0^)〃

スープは背脂が軽く浮く茶濁した豚骨魚介醤油。
魚介の香りが強すぎずほんのりと香る。

うさぎ家 ら~めん。(スープ)

粘度は高くないが豚骨の旨味が出ている。
しつこくない旨さ。

麺は中太縮れ麺。

うさぎ家 ら~めん。(麺)

調べでは西山製麺とのこと。
確かに中太縮れ多加水な食感で
茹で加減が丁度良くなかなか○。

旨かった。
御馳走様でした。


「ガガガ職堂 A short chain」@板橋区常盤台

2008/06/21 11:12|東京都板橋区TB:0CM:0
昨晩は遅くてアップできなかったのですが
昨日食べたものをアップ。

アップしたら急いで千葉に行かないと。(笑)

「まだやってます?」と電話で確認。
「まだやってますよぉ。」と店主の声。
ここからだと後10分くらいは歩かないといけない。
まさかあんな時間まで打ち合わせに時間が掛かるとは
予想外だった。
おかげで昨晩行くことを予定していたお店には行けず。
(T_T )

さぁ頑張って歩こう。(笑)

IMGP4052.jpg

「ガガガ職堂 A short chain」
  住所 〒174-0071 東京都板橋区常盤台4-29-6 内室ビル1F
  電話番号 03-6225-0104
  営業時間 20:00~23:00
  定休日 火
  座席数 カウンター11席


IMGP4072.jpg

店に入ると先客が4名。
皆さん食事中。
もう少しで食べ終わりそうなお客さんもいる。
さぁつけ麺を食べよう。

IMGP4053.jpg

IMGP4058.jpg

お腹が空いているから中盛かな。
大でもいけるかな。(笑)
ふと上を見ると

IMGP4056.jpg

『替玉(細麺)何杯でも無料です』とある。
( ̄▽ ̄)ニッ!

「塩つけ麺の中盛(750+50円)ひとつ。」
「ありがとうございます!」といつものように威勢が良い。
先客の皆さんは1人、2人と帰っていく。
閉店20分前かぁ。
店主と一緒に働いているパートナーは『麺屋零式本店』の店主。
そのパートナーに看板を出させる。
品切れのようだ。助かった。(笑)

ところで細麺は残っているのだろうか...
( ̄ー ̄;)
先に聞いておけば良かったかなぁ。(笑)
まぁ何とかなるだろう。
意味のない安心感。(笑)

しばらく待つと付け汁が出てきて、
続けて麺が出てきた。

IMGP4066.jpg

ついで、いや、ここでハッキリさせておこう(笑)と思い
「細麺まだあります?」
「ありますよ、あと2玉ありますね。」
「どうも。」
じゃぁこれを完食出来そうなら頂こう。
いや、頂きます。だって食べられますから。
たぶん1玉で良いと思うが。

先ずは麺を啜る。

IMGP4062.jpg

太縮れ麺。
薄小麦色でツヤツヤして若干透明感があるように見える。
良い弾力、コシがあって満足。
旨い。ヾ(^0^)〃

付け汁は表層に水菜と刻み葱が浮き
節粉がサラッと浮く。

IMGP4060.jpg

節系の魚介の香りがほんのりと立っている。
強すぎず優しい感じだ。
粘度はそこそこ、塩加減が丁度良くあっさりした付け汁。

付け汁の丼の中には細い筍、うずらの玉子、
一口サイズのプリプリした食感の鶏モモが数個。
これが柔らかく良い味わいで旨い。

IMGP4068.jpg

うずらは噛むと口の中でプチッと弾ける。
塩加減が丁度良い味付けで半熟とまではいかないが
茹で加減が良く旨い。

ずず~っと麺を頂き、少しの麺しか残っていないところで
「細麺下さい。」と伝えると、サッと作業に入る。
数十秒で上がるはずなので、この残った麺もサッと頂く。

細麺の登場。

IMGP4070.jpg

この前、『麺屋零式本店』で食べた細麺と同じようだ。
色白で低加水な食感。
麺自体も旨い。つけ汁に付けて食べると
スープを丁度良く口に運んでくる。
旨い。

完食。

お会計を済ませ店を出る。
挨拶もしっかり。

旨かった。
御馳走様。

さぁ千葉に行かないと。(笑)


「燦燦」@練馬区栄町

2008/06/20 12:24|東京都練馬区TB:0CM:0
西武池袋線「江古田駅」の駅で電車を降りて
『ラハメン ヤマン』へ向かう途中にある新しいお店。

燦燦

「燦燦」
  住所 東京都練馬区栄町21-18
  電話番号 ?
  営業時間 11:00~21:00
  座席数 カウンター9席


燦燦 メニュー

開店時間+15分後に入店。
丁度入り口近くの席が空いていたので着席。
先客が3名。
券売機は無し。
店先の立て看板にも書かれていた「らーめん500円」を注文。
この御時世に500円とは大丈夫なんだろうか。
カウンターには胡椒とおろしニンニクが置かれている。

燦燦 調味料

しばらく待つと「らーめん」が登場。

燦燦 らーめん

麺の上にはチャーシュー、メンマ、刻み葱、海苔が載る。
チャーシューは柔らかく肉の香りが良い豚バラ巻。
なかなか旨い。
メンマは胡麻とラー油が絡んでいるが辛味は強くなく、
香りと食感が楽しめる。

まずはスープを。

燦燦 らーめん(スープ)

薄茶濁したスープを一口啜る。
隠し味に味噌でも使っているのだろうか。
香りがする。
粘度は高くない。
動物のコクと魚介の香りが共にほんのりと感じられる。
パンチは無いがあっさりと頂ける。
動物、魚介の両方とは言わないが、もう少し、
どちらか一方だけでも強く主張してくれれば良いと思うのだが。

麺を頂く。

燦燦 らーめん(麺)

麺は中太縮れ麺。
縮れは軽く、食感は多加水な感じ。
私としては固めでお願いした方が良かったかな。

帰りに千円札を出して500玉のお釣りを貰う。
それにしても安いですねぇ。

旨かったです。
御馳走様でした。


「オリきん」@豊島区西池袋

2008/06/19 19:03|東京都豊島区TB:0CM:2
夕方初訪。

製麺所の「山口や」が経営する新店で練馬の
『オリオン食堂』の店主が監修したそうだ。
オリオン食堂のつけ麺にはとろろ昆布が入っていたっけ。
ここも入っているのかなぁ...。

オリきん

「オリきん」
  住所 東京都豊島区西池袋1-20-5
  電話番号 ?
  営業時間 平 日  11:00~23:30
         土日祝 11:00~23:15
  定休日 無休
  座席数 カウンター12席


中途半端な時間なので先客は3名。
入り口の券売機で何を食べようか考える。
ノーマルも良いなぁ...。
オリオンと同じモノが出てくると言うことはないと思うが
ノーマルじゃない物を...。
並200gと中300gは同額。
う~む...。

『濃コクつけ麺 中盛 750円』を購入して
空いているカウンター席に。
食券を高台に置くと男性店員が固めの『ちから』と
モチモチした食感の『もっちり』から選べると言う。
少し考えたが『ちから』にする。
『固め』と『柔らかめ』では駄目なんだろうか。(笑)
『柔らかめ』と言うとデロロ~ンとしたイメージで
良くないからかなぁ...。(笑)

壁には麺に拘ったことが書かれている。
入り口には何だか解らないがキャラクター商品のような物が
売り物として並べられているようだ。

しばらく待つと男性店員が注文した品を持って登場。

オリきん 濃コクつけ麺 中盛

麺の上に具材が載るタイプで
中央にオリオン食堂と同じように小エビが載る。
とろろ昆布は無いようだ。(笑)
他には少しピリッと胡麻の香りが良いメンマ、
海苔、黄身がゼリー状の味玉が半分。
チャーシューは付け汁の丼の中に入っていて
大型ブロック状の豚が3個入っている。

オリきん 濃コクつけ麺 中盛(チャーシュー)

大きく柔らかい。
なかなか好きな味付けで旨い。ヾ(^0^)〃
良い感じで小エビも香っている。

先ずは麺から。

オリきん 濃コクつけ麺 中盛(麺)

太麺でしっかりしたコシ。
小麦の香りも良く旨い。
コシは良いのだが表面の柔らかさが少し気になる。
個人的にはもっと固めでも良いと思う...。
麺のボリュームはバッチリ。

オリきん 濃コクつけ麺 中盛(付け汁)

表層に膜が軽く張っている。
茶色いトロミのある付け汁は酸味は感じられない。
旨いのだが、想像していた程のパンチではなかった。
なんかキレが欲しい気もする。

麺が残り少なくなった時に、
卓上に『えび油』なる物を発見。

オリきん エビ油

麺に絡めて食べると海老の香りが広がる。
悪くない。
お腹一杯になったが何か物足りなかったなぁ。

御馳走様でした。


「山猫軒」@朝霞市三原

2008/06/19 12:43|埼玉県TB:0CM:0
可成り以前から気になっていたお店。
今はみずほ台に移転した『一本気』がまだ朝霞に
あった頃からず~っと気になっていた。(笑)
最近ではラーメンの雑誌にも出ていた。
車を停める場所が見つからず断念したこともあったが
「どれどれ、行ってみるかな。」という気持ちでの初訪。

山猫軒

「山猫軒」
  住所 〒351-0025 埼玉県朝霞市三原3-1-34
  電話番号 048-465-6852
  営業時間 11:30~15:30 ※スープ切れ迄
  定休日 月
  座席数 カウンター6席+テーブル4卓


山猫軒 立て看板

テーブル席に座らせて貰いメニューを眺める。

山猫軒 メニュー

「濃厚そば700円」を注文。
『中太麺』を『細麺』が選べるらしく、
『中太麺』でお願いする。

しばらく店内のテレビを見ながら待つ。

山猫軒 胡椒

厨房内に店主らしき男性、
配膳接客担当は女性の多分奥様かな。

席からは遠いので作業は見えない。
ただテレビを見ながら待つ。

しばらくすると「濃厚そば」を運んできてくれる。
丁寧な接客です。

山猫軒 濃厚そば

麺の上には海苔、青葱、メンマ
チャーシューが載る。
チャーシューは箸で崩れる程に柔らかい豚バラ。
濃厚さが良く旨い。

さて、スープの粘度が気になっていたので
スープから頂く。

山猫軒 濃厚そば(スープ)

茶濁したスープは動物魚介醤油。
塩加減が丁度良く、トロミがありなかなか旨い。
ヾ(^0^)〃
魚粉は多めに入っているようだがザラツキは感じられず
香りは強烈に感じる程ではなくほんのりと香る感じ。

麺は軽くウェーブかかる中太麺。

山猫軒 濃厚そば(麺)

コシがあり旨い。
気が付けば丼は空。
大盛りにしておけば良かったかな。
なかなか満足できた一杯。

旨かった。
御馳走様でした。


「らーめん 破顔」@練馬区桜台

2008/06/18 12:44|東京都練馬区TB:0CM:0
最寄り駅は西武池袋線「桜台駅」。
まだ新しいお店のようです。

さぁ入店します。

らーめん破顔_

「らーめん 破顔」
  住所 東京都練馬区桜台1-5-11
  電話番号 03-6383-3165
  営業時間 11:30~14:00 18:30~24:30
  定休日 月
  座席数 カウンター8席


らーめん破顔 提灯

店内に入ると目の前がカウンター席で
「こちらへどうぞ。」と目の前を端の席に案内される。
券売機は無いようだ。
座ってメニューを見る。

らーめん破顔 メニュー

店名は「らーめん破顔」。
ということは『つけ麺』よりも『ラーメン』かな...。
けど『汁無し』もメニューにあるようなので
麺を味わうのも良しかぁ...。
じゃぁ、つけ麺かなぁ...。
厨房内には三河屋製麺の麺箱。
並と中盛が同額なのも魅力。
「つけめん中盛(700円)下さい。」と告げる。

らーめん破顔 調味料

厨房内は若い男性2人が作業を進めている。
接客も丁寧でなかなか良い感じですね。

カウンターの左端に座ったのだが、
七輪が目の高さにあり、丁度そこでチャーシューが炙られている。
少し暑い。( ̄ー ̄;)
近かったせいもあって、油の匂いが強く感じられる。

しばらく経って私の「つけめん」が手渡される。

らーめん破顔 つけめん

先ずはいつものように(笑)
麺だけを啜る。

らーめん破顔 つけめん(麺)

表面がツヤツヤした薄小麦色の太麺。
ムギュッとした食感が良く、小麦の香りも○で旨い。
ヾ(^0^)〃

付け汁の中にはさっきまで炙られていた大きめな豚バラと
海苔が見える。

らーめん破顔 つけめん(付け汁)

チャーシューは香ばしい香りがして
噛むと豚の旨味がジュッと出てくる。
旨い。ヾ(^0^)〃
さっきまで気になっていた油の匂いは何処へ...。
チャーシューが下ろされた七輪から油の匂いはせず、
熱さだけが伝わってくる。
余計な油が落とされて旨くなったと言うことかな。

付け汁の中を探ると大きなメンマが出現。

らーめん破顔 つけめん(メンマ)

でかい。(笑)
あまり厚みは無いが大きい。
歯応えが良く旨い。ヾ(^0^)〃

付け汁に辛味は感じられない。
甘味・酸味と出しの具合が絶妙で
バランスがとれている。
茶濁した付け汁は魚介も香り旨い。
麺との絡みも○だ。

最後にスープ割りを頂いて完飲。
御馳走様でした。


「むてっぽう」@豊島区西池袋

2008/06/17 19:39|東京都豊島区TB:0CM:0
以前からあったが未訪だったので夕方に訪問。

むてっぽう

「むてっぽう」
  住所 東京都豊島区西池袋1-13-8
  電話番号 03-3971-6070
  営業時間 11:00~24:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター8席 + 2人用テーブルx2


むてっぽう 看板

カウンター席に先客1名。
入り口に券売機があり、何があるのか見ていて
「醤油ラーメン 700円」をプッシュ。
お腹が減っていたので「大盛 100円」を探して
続けてプッシュ。(笑)

荷物を持っていたのでカウンター奥の席まで
進もうとすると、「食券預かりまーす。」と
途中で言われたので、素直に渡す。
カウンターは厨房に背を向けて、
壁の方に向かって座るように配置されている。
さてさてどんなラーメンが出て来るのやら。

しばらくすると店員さんが後ろから注文した
「醤油ラーメン」を運んでくる。

むてっぽう 醤油ラーメン大盛

想像していたラーメンと良い意味で違った。(笑)
もっと動物臭いラーメンなのかなぁと思っていたが、
魚介の香りがするラーメン。
麺の上にはモヤシ、細切りにされた葱、メンマ、チャーシュー
それと珍しいのが油揚げ。

むてっぽう 醤油ラーメン大盛(油揚げ)

チャーシューは旨い豚バラ巻。
柔らかく良い味わい。

スープは荒削りな節が多く漂うスープで
魚介の香りが良い。

むてっぽう 醤油ラーメン大盛(スープ)

節と一緒に背脂も浮き、丼の底には挽肉が沈み
動物の旨味も感じられる。

粘度は低めだが想像していた以上に旨い。

麺は薄黄色い太麺。

むてっぽう 醤油ラーメン大盛(麺)

しっかりとコシのある太麺で
これも想像していた以上に旨い。
良い方向に期待を裏切られた。

なかなか旨かったです。
御馳走様でした。


「麺屋錦 新橋」@港区新橋

2008/06/17 12:33|東京都港区TB:0CM:0
JR山手線「新橋駅」から直ぐの場所。
つけ麺が食べたいなぁと探していたらあったので。(笑)

麺屋錦 新橋

「麺屋錦 新橋」
  住所 〒105-0004 東京都港区新橋1-13-5
  電話番号 03-5568-5585
  営業時間 月~木 11:00~27:00
           金  11:00~29:00
         土日祝 11:00~21:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター18席


麺屋錦 新橋 立て看板

店の前に券売機があり「魚介プラスつけめん800円」をチョイスして店内へ。

カウンター手前には先客が数名いたので奥の方に進む。

15時までは味玉かライスがサービスらしいので
食券を渡すときに「味玉良いですか?」と聞くと
笑顔で対応してくれる店主らしき男性。
しばらくし待つと注文した品が出てきた。
「魚プラスつけめん」の登場です。

麺屋錦 新橋 魚プラスつけめん

いつものように麺から。(笑)

麺屋錦 新橋 魚プラスつけめん(麺)

少し透明感のある太麺。
口に運ぶと丁度良いコシだと解る。
固すぎず柔らかすぎず良い感じのコシで旨い。
麺の量は250gだそうだ。

付け汁は茶濁していて魚介が香る。
少しドロッと感じられ麺との絡みは○。

麺屋錦 新橋 魚プラスつけめん(付け汁)

少し甘めな味わいで煮魚のつゆを思わせる。
だから魚プラスなのかなぁ??
動物のコクも感じられるが魚介の主張の方が強め。
節や魚粉で感じられる魚介感ではなく、
煮た魚から感じられる魚介感といったら解るかなぁ。
なかなか旨い。
埼玉県飯能市の某店で食べた付け汁に近い味わい。
なんだか懐かしく感じる。

付け汁の中には頼んで入れて貰った味玉、メンマ
短冊状のチャーシューが入っている。

麺屋錦 新橋 魚プラスつけめん(メンマチャーシュー味玉)

サラッと麺を食べて、スープ割りを御願いする。

甘めで良い味わいだ。
けどこのスープにお好みでユズでも入れれば
サッパリ感が出て良いと思うのだが、私だけかな。(笑)

旨かったです。
御馳走様でした。


「Shimbashi おらが ~oraga~」@港区新橋

2008/06/16 12:24|東京都港区TB:0CM:0
開店5分後に店の前に到着。
最寄り駅はJR山手線「新橋駅」。
この店の目と鼻の先の距離に先日訪問した
『和麺屋 長介』がある。
100mも離れていないんじゃないかなぁ。

先日は14:40頃に伺ったら
スープが終わってしまったと言うことで
残念ながら退散した。

今日は開店して間もない時間ですから大丈夫でしょう。(笑)
さぁ入店。ヾ(^0^)〃

Shimbashi おらが ~oraga~

「Shimbashi おらが ~oraga~」
  住所 〒105-0004 東京都港区新橋4-14-4
  電話番号 03-3433-6364
  営業時間 月~金 11:00~15:00、18:00~22:00
           土  11:00~15:00 ※ 材料切れまで
  定休日 日祝
  座席数 カウンター7席


Shimbashi おらが ~oraga~ 窓

先客が2名。1人は既に啜っている。
入り口を入って左手に券売機。
上には名刺が置かれていたので頂いて
「らあめん 700円」を購入。
ん?食券が出てこない?
下に落ちた???
あ。( ̄ー ̄;)
よ~く見ると、印刷された食券がカールして
機械の隙間に入っていこうとしている。
えぃっ!(笑)

カウンターに座り食券を出す。

先客の注文品が出てしばらくすると
私の注文した「らあめん」が登場。

Shimbashi おらが~oraga~ らあめん

麺の上にはのメンマ、チャーシュー
海苔、刻み玉葱が載る。

メンマは少し太めで歯応えが良い。
チャーシューは豚肩ロースかな。
少し薄いが味付けが濃すぎず旨い。

スープ表層には膜がはる。
表層の状態からスープの濃厚さが伺える。
魚介の香りがする茶濁したスープ。
節などは漂っていない。

Shimbashi おらが~oraga~ らあめん(スープ)

粘度が高めに感じられ丁度良い塩加減で旨い。
ヾ(^0^)〃
後味に動物系のコクが残るがしつこくない。
刻み玉葱とスープを一緒に口に運ぶと
玉葱のシャキッとした甘辛な味わいと
濃厚なスープが口の中でミックスされる。
なかなか旨いぞぉ。

麺を頂く。

Shimbashi おらが~oraga~ らあめん(麺)

薄黄色で平打ち気味の麺。
加水率が低めでモチモチとした食感、
コシがしっかりしていて旨い。
家系で食べたことのある麺に似ている。

残ったスープを頂いていると
かなり小さいユズの切れ端が入っているのに
気が付く。
強くはないが香りが少しだけ口に広がる。

旨かったです。
御馳走様でした。


「らぅめん黒田武士 板橋区役所前店」@板橋区板橋

2008/06/15 13:41|東京都板橋区TB:0CM:0
店の上の方に付いている小さい看板には
「390円」と書かれている。
どれどれ、と外にある券売機を見ると、
最近の小麦価格上昇と共に値上げしたのだろう、
ボタンは『博多らぁめん 440円』となっている。
「それでも安いんじゃない!?」と券売機にコインを投入。(笑)

黒田武士 板橋区役所前店

「らぅめん黒田武士 板橋区役所前店」
  住所 〒173-0004 東京都板橋区板橋2-61-13
  電話番号 03-3964-9911
  営業時間 11:00~23:00
  定休日 無休


「博多ラーメン 440円」の食券を片手に入店。

黒田武士 板橋区役所前店 食券

カウンター席で一番手前の入り口近くが空いている。
そこに座って食券を出して「麺固めでお願いします。」と告げる。

固めだからか提供が早く、
手元でコンデジを操作していると運ばれてきた。
博多系はこうでなきゃね。ヾ(^0^)〃

黒田武士 板橋区役所前店 博多ラーメン

カウンターにあるのは摺り下ろしたニンニクのみで
紅生姜などのトッピングが置かれていなかったので
あれ~?と思っていたのだが、デフォルトで載っている。

麺の上には、紅生姜、刻みキクラゲ、青葱、チャーシュー。

スープは白濁に近いスープ。

黒田武士 板橋区役所前店 博多ラーメン(スープ)

コンデジのWBではどうも薄茶濁したように見えるが、
もう少し白っぽい。
サラッとしていて粘度は低めだが、クリーミーな味わいで旨い。
塩加減も丁度良い。
目を凝らしてみるとスープ内に小さな揚げニンニクの粒が浮いているのが
確認できる。ニンニクの香ばしさも良い感じ。

この前食べた「博多天○」のスープに近いような気がする。
ニンニクは入っていなかったが。

麺は固め指定で良い固さ。
これですよ。好きな固さは。ヾ(^0^)〃

黒田武士 板橋区役所前店 博多ラーメン(麺)

ストレート細麺で低加水な食感。
文句無し。

旨かったぁ。
御馳走様でした。


「百麺 中山道店」@板橋区板橋

2008/06/14 13:36|東京都板橋区TB:0CM:2
「百麺」の別ブランドの「誠屋」には行ったことがあったが、
「百麺」は未訪問だった。

百麺 中山道店 看板

この支店は半地下にあるようだ。
メニューを見る。

百麺 中山道店 メニュー

さぁ入ってみようかなぁ。

「百麺 中山道店」
  住所 東京都板橋区板橋2-61-14
  電話番号 03-5375-0414
  営業時間 平日 11:30~25:00
          日  11:30~21:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター18席


百麺 中山道店

階段を下りて店に入ると
左手に券売機。
『細麺 650円』or『太麺 650円』...。
『細麺 650円』でしょ!とボタンを押す。
食券を取り、カウンター奥に空き席があったので
そちらに向かう。

固め指定せず、高台に食券を置く。

厨房内は3人体制。

カウンターには「揚げニンニク」、「豆板醤」、
「きざみニンニク」が置かれていて味調整は可能。

百麺 中山道店 調味料

「一味」や「おろし生姜」もあるようで
店員に声を掛けて下さいとのこと。

カウンター席は昼時なのでほぼ満席に近い。

私の「細麺」がやってくる。
丼に鼻を近づける前に豚骨特有の匂いがしてくる。
これだよ。堪らんねぇ。ヾ(^0^)〃

百麺 中山道店 細麺

麺の上には海苔、青葱、チャーシューが載る。

チャーシューは豚肩ロースで厚みがあって柔らかく
モチッとしていてなかなか旨い。
誠屋では可成り大きめのチャーシューが印象的だったが
百麺のチャーシューはそこまで大きくなかった。

麺を引きずり出す際にスープの揺れを見て
粘度が高いことがわかる。
先ずはスープから頂く。

百麺 中山道店 細麺(スープ)

少し醤油色濃い気がするが、醤油が強めではない。
粘度が高くレンゲで掬ってトロミがわかる。
コクがあって後味にしっかりと豚骨が残るスープ。
旨い。ヾ(^0^)〃

次は麺。
麺は薄黄色く、何かしら少し揺らぎがあるストレート細麺。

百麺 中山道店 細麺(麺)

デフォルトで丁度良いコシ。
スープのトロミが絡んで旨い。

レンゲでスープを口に運ぶ。旨い。
麺もなくなり、スープも半分くらい無くなったところで
気になっていた「おろし生姜」を思い出す。
( ̄ー ̄;) 遅すぎた。(笑)
どんな風になるのか気になったんだが...。

「おろし生姜」はまた今度と言うことで。(笑)
旨かった。
御馳走様でした。


「油そば専門店 元 ~そもそも~」@練馬区栄町

2008/06/13 19:56|閉店TB:0CM:0
最寄り駅は 西武池袋線「江古田駅」。

青地に白で『(油)』と書かれた幕。
幕の横に表札のように『元 ~そもそも~』を札が
ぶら下がっている。

偶には油そばでも食べておくかぁ。(笑)

油そば専門店 元 ~そもそも~

「油そば専門店 元 ~そもそも~」
  住所 〒176-0006 東京都練馬区栄町4-3 YKビル1F
  電話番号 03-3993-8330
  営業時間 11:30~23:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター9席


油そば専門店 元 ~そもそも~ 表札

入り口に大きなボタンの券売機。
小、中、大とあり、小と中は同額で600円、大は700円。

『中』のボタンをプッシュ。

カウンターまで進む途中で店員さんが
「食券を預かりま~す。」と言うので渡す。
カウンターの奥には既にグループ客が座っているので、
一番手前の席に座る。

ちょっと背の高いイスで転けたら恥ずかしいだろうなぁと
思いながら座る。

油そば専門店 元 ~そもそも~ 油そばの食べ方

『ラー油』と『酢』かぁ。
だいたい何処の店も同じなのかなぁ。
『ラーメン』と『つけ麺』は食べる回数が多いが
どうも『油そば』は回数が少ない。(笑)

今日はどんなヤツが出てくるのかなぁ。

座る時には気が付かなかったが
ちょっと後ろを振り返ってみると
『西山製麺』の麺箱が積み重ねられているではないか。

油そば専門店 元 ~そもそも~ 麺箱

ほぉ。
中太のブリブリ麺で出てくるのかな。

しばらくすると
「よ~く混ぜてからお召し上がり下さい。」と
『油そば』が登場。

油そば専門店 元 ~そもそも~ 中

麺の上にはチャーシュー、メンマ、刻み海苔、刻み葱。

さてさて、書かれているように
酢を3周、ラー油を2周ぐるぐる~っと掛けてみる。
んでもって、一気にぐるぐる~っと麺をかき回す。
なかなか手強い。
丼底の醤油ダレも絡んで麺がこんな感じ。

油そば専門店 元 ~そもそも~ 中(麺)

中太縮れ麺で出てくると思ったのに
平打ち気味の縮れ麺だった。(笑)
よ~く絡んでいる。

さてさて、ずず~っと頂きます。
おぉ油そばだ。(笑)
良い感じで絡んでいてなかなか旨いぞ。

チャーシューを食べてみる。
豚バラ巻は炙りが入っていて香ばしい香りだ。
味付けも濃くなく旨い。ヾ(^0^)〃

湯気がほっかほかと上がっている。

麺も平打ち気味でズズズ~ッと良い感じで啜れる。
旨いぞぉ。

無くなっちゃった。(笑)

旨かったです。
御馳走様でした。


「らぁ麺処 さくら」@新座市東北

2008/06/13 12:19|埼玉県TB:0CM:0
最寄り駅は、東武東上線「志木駅」。
駅から2~3分くらい歩いてお店に到着。
入り口から入り券売機に気が付かずカウンターに座ってしまう。(笑)

らぁ麺処さくら

「らぁ麺処 さくら」
  住所 〒352-0001 埼玉県新座市東北2-23-10
  電話番号 048-487-6588
  営業時間 11:30~14:30、18:00~23:00 ※スープ切れまで
  定休日 水
  座席数 カウンター8席


らぁ麺処さくら 立て看板

券売機に気が付き、券売機に向かおうとすると
「こちらで受けますよぉ。」と食券を買わなくても
直接対応してくれた。
私はメニューを見て、

らぁ麺処さくら メニュー

「和風らぁめん(650円)をお願いします」と告げると
笑顔で注文を受けてくれる。

しばらく店内を眺めて時間を潰す。
店内は小綺麗な感じの作り。
カウンター奥で小さな子供を連れた夫婦が微笑ましく見える。

厨房の中では男性2人がせっせと動いている。
残念ながら作業の内容は私の位置から見えない。

しばらくすると、丁寧に「和風らぁめん」が高台に置かれる。

らぁ麺処さくら 和風らぁめん

魚介の香りが○です。
麺の上には海苔、固茹での玉子が半分、
刻み葱、揚げ葱、カイワレ、
そしてこのチャーシューが載る。

らぁ麺処さくら 和風らぁめん(チャーシュー)

1cm強の厚さがある豚バラ。
凄く柔らかくて旨い。
デフォルトでこの大きさはぐ~。ヾ(^0^)〃

麺を引きずり出す。

らぁ麺処さくら 和風らぁめん(麺)

平打ち麺で、手もみ風な縮れ。
コシがしっかりとあり、ムチッとコシがある。
なかなか旨い。

スープは動物魚介系の醤油味。
器が黒いためスープが色濃く見えたが
白いレンゲで掬うと思った程の色濃さではない。

らぁ麺処さくら 和風らぁめん(スープ)

魚介が香りスープ内にザラツキを感じる。
悪くないが少し口に残るザラツキ。
あと気になったのは揚げ葱を作った時の油だろうか。
油の匂いが少し気になった。

少し荒々しさが出ていたが、
まだこれから進化してくれるような気がする。

旨かったです。
御馳走様でした。


「さぶちゃん」@千代田区神田神保町

2008/06/12 14:18|東京都千代田区TB:0CM:0
先日の昼に訪問して店の外に数人列んでいて、
時間がなかった私は、そのまま退散。(笑)
今日はリベンジ。
昼の御飯時を可成りズラしての訪問。
都営三田線「神保町駅」を降りて、
白山通りを北上、少し行った所で脇道に。

さぶちゃん

「さぶちゃん」
  住所 東京都千代田区神田神保町2-24
  電話番号 ?
  営業時間 11:30~15:00、16:20~19:00
  定休日 日・祝
  座席数 カウンター7席


店の前に着くと列は無し。
よし!ヾ(^0^)〃
中を覗くと丁度満席。( ̄ー ̄;)
人生、そう甘くはないか。(笑)

14時半近いと言うのに...。
少し待つと食べ終わったお客が席を立つ。
年輩の店主(自分の父親と同じくらいか
又はそれ以上か(笑)。)が「はぃいらっしゃぃ」と
私に目線をくれたので入って席に座る。
壁に貼られた紙に書かれたメニューの中から、
目的の「半ちゃんらーめん 650円」を注文。

ここは知る人ぞ知る「半ちゃんらーめん」発祥の店。

カウンターと厨房に仕切りはなく、
カウンターも厨房よりのスペースは
作業場となっている。(笑)

注文を受けた分の丼はその位置に並べられ、
そこで仕上げられていく。
お客の目の前で。(笑)

丼に刻み葱とタレ、そこにスープがだ~っと注がれ
カウンターにこぼれる。(笑)
そこにザルで麺を取り上げ
荒々しく丼の中にザッと入れられる。
もちろん、丼の中のスープは波を打ち
カウンターにこぼれる。(笑)
特にわざとそうしているわけでは無さそうで、
仕事の流れというか、リズムがそうなってしまっているようだ。

今度はもう1人の店員が、その麺の上に
少し離れた場所から、メンマを投げ入れ、
続いてチャーシューを投げ入れる。
こっちにスープが跳ねて来やしないかちょっと心配。(笑)

これで完成。
丼を持ち上げることなく、
ずず~っと私の前に押し出される。
「はぃ、おまちどお様。」

さぶちゃん 半ちゃんらーめん

おぉ。出ていました。
炒飯は?おっ。Σ( ̄o ̄ )
さっき拉麺の丼が列んだ所に炒飯の丼が。(笑)
と思ったら、ジュ~ッと良い音がしている。
じゃん。

さぶちゃん 半ちゃんらーめん(炒飯)

先ずは「らーめん」から頂きましょう。
麺の上には茶色濃いメンマとチャーシューが載り
スープには刻み葱が浮いている。
至ってシンプル。
メンマは少し甘めな味付けしっかりされている。
チャーシューは少し固めの豚ロース。

麺は軽く縮れた細麺。
意外にしっかりとコシがある。

スープはサッパリした醤油味。
鶏ガラベースなのかな。生姜がほんわりと香る。
なかなか旨い。ヾ(^0^)〃

炒飯は玉子と肉片が入っていて丁度良い塩加減。
醤油の香りもしたような気が...。
パラパラ加減も丁度良く旨い。

丁度良い満腹感。
旨かったです。
御馳走様でした。


「一心軒」@練馬区旭丘

2008/06/11 19:51|東京都練馬区TB:0CM:1
最寄り駅は 西武池袋線「江古田駅」。
夕方に初訪。

一心軒

「一心軒」
  住所 東京都練馬区旭丘1-77-15 中央ビル別館1F
  電話番号 ?
  営業時間 11:30~15:00、17:00~20:30 ※スープ切れ終了
  定休日 火、金
  座席数 カウンター11席


一心軒 立て看板

店内に入って食券を選ぶ。
大盛りは無料で注文時に声を掛けて下さいとのこと。
「らあめん600円」を購入。
一つくらい席が空いていると思いながら振り返って見たが
丁度満席。後ろで立って待つ。
どうやら席に着いているお客は
私の少し前に入店したようで、
まだ誰も食していない。(笑)
タイミングが悪かったか...( ̄ー ̄;)

まぁ食券も買ってしまったことだし待つしかないかぁ。(笑)

店主らしき若めの男性が手際よく作業を進める。

壁には『天然かん水にこだわった無添加の麺で体に優しいらーめん』(要約)
であることが書かれている。
先客がつけ麺やらラーメンを平らげ、やっと席が空く。

座って店主に食券を渡す。
大盛りにはしなかった。
メニューが貼られていたのでカシャ!

一心軒 メニュー

しばらくするとカウンターの高台に
私の「らあめん」が置かれる。

丼は小さめかな?大盛りだと丼が普通の大きさなのかなぁ?
丼を目の前に下ろす。

一心軒 らあめん

ニンニクが強く香る。
良い香りだ。
麺の上には刻み葱、チャーシュー、メンマが載る。
メンマに絡んだ香辛料の香りが良いし食感も良い。

『天然かん水使用のこだわり自家製麺』と言われている麺を頂こう。

一心軒 らあめん(麺)

薄黄色い平打ち気味の麺。
コシはまぁまぁだがモチモチした食感が旨い。

茶濁したスープはニンニクが香り
揚げ葱がパラパラと浮く。
あっさりとした感じでもう少し動物のパンチが
欲しいところか。

一心軒 らあめん(スープ)

トッピングに『魚粉』があるようで
それをいれるとどう変わるのか興味がある。
次回かな。(笑)

スルスル頂いて丼は空。
御馳走様でした。


「中華そば・つけめん 甲斐」@杉並区久我山

2008/06/11 13:12|東京都杉並区TB:0CM:0
最寄り駅は京王井の頭線「久我山」。
店の横には長蛇の列。
この辺りはラーメン店が少ないようで
この地域住民の舌を満足させるお店が
このお店と言うことかな。
20分程列んで入店できた。

中華そば つけめん 甲斐

「中華そば・つけめん 甲斐」
  住所 〒168-0082 東京都杉並区久我山2-27-1
  電話番号 03-3335-8033
  営業時間 11:30~15:00、18:00~21:00 ※スープ切れまで
  定休日 火
  座席数 カウンター7席


入り口を入って左手の券売機で「つけめん 680円」を
購入して着席。
席数が少ないのが長蛇の列の原因でもあるようだ。
着席してしばらく待つと私の「つけめん」が登場する。

中華そば つけめん 甲斐 つけめん

先ずは麺だけを頂いてみる。
加水率が低めのストレート麺。

中華そば つけめん 甲斐 つけめん(麺)

軽くウェーブ掛かる様。
小麦色っぽく、ムギュッとした食感がなかなか旨い。
小麦の香りもなかなか。ヾ(^0^)〃
良い自家製麺ですね。

付け汁は醤油濃い色合いで表層に刻み葱が浮く。

中華そば つけめん 甲斐 つけめん(付け汁)

付け汁の中には小さめなブロック状のチャーシューと
メンマが沈む。

中華そば つけめん 甲斐 つけめん(メンマチャーシュー)

粘度は高くない。
煮干しの香りが良く醤油が立ち過ぎずキレのある味わい。
酸・辛味は感じられない。
麺との絡みも悪くなく旨い。

旨かったです。
御馳走様でした。


「麺屋零式本店」@板橋区板橋

2008/06/10 12:21|移転TB:0CM:2
再訪。
『来年の2月~10月の間に閉店する』と聞き、
来てしまった。(笑)

麺屋零式本店 貼り紙

確かに入り口に貼り紙が貼られている。

ここに最後に来たのは夜営業をやっていた頃。
もうかなり時間が経っている。

麺屋零式本店

「麺屋零式本店」
  住所 〒173-0004 東京都板橋区板橋3-44-6成喜ビル1F
  電話番号 03-6423-8760
  営業時間 11:30~15:00
  定休日 火
  座席数 カウンター9席


麺屋零式本店 立て看板

「来年に無くなっちゃうの?」と聞くと
「まだ先のことですからぁ...。」と
無くなると聞くと寂しくなるなぁ...。

あの頃とは違い、麺の種類が増えたようだ。
メニューに【太麺10】【零式麺12】【極太零麺20】とある。
この中から選択できるそうだ。

「つけめん 750円 極太零麺20」を注文する。

「20分くらい掛かりますが良いですか?」と聞かれ、
覚悟してきたので「大丈夫ですよ。」と答える。
「750円になります。」と。
そうか前金制になったって話だった。
早速千円札を出してお釣りを貰って待機。(笑)

20分も待つのだ、何か持ってくれば良かった。
これは失敗だ。カウンターの高台は更に高く改造されていて
厨房の様子は見えない。
ただ茹で上がりを待つ店主の顔がチラチラと見える。
仕方ないからカメラでも、弄くって遊ぶしかない。(笑)

20分とは長いものだ。
まるで就業時間を時計の前で待っているような気分さ。(笑)

...20分。

登場。

麺屋零式本店 つけめん【極太零麺20】

どうだろう、この【極太零麺20】。(笑)

麺屋零式本店 つけめん(麺)

凄く太い。
割り箸の太さと比べて可成り太いのが解るはず。
さすがに麺は持ち帰れないので
使用した割り箸を持ち帰り
金尺で割り箸の太さを計測。(笑)

麺屋零式本店 割り箸の太さ

約5mm。(笑)
麺の太さは1cm弱のと言うことですね。

少し固めにも感じられるこの太麺、決して啜り易いとは言えないが
ムギュ、ムギュっと噛み応えがあり、個人的には大満足。
小麦の香りも良く、この色!
薄小麦委色ではなく薄茶色!これが堪らなく良い。
ヾ(^0^)〃
つけ汁の丼に移動するのも一苦労。
しかし、この食感がその苦労を吹き飛ばす。
言い過ぎか?(笑)

つけ汁はトロミがあり、魚介が香る濃厚な動物魚介醤油。

麺屋零式本店 つけめん(つけ汁)

節粉などのザラツキはない。
辛・酸味は感じられず
麺を付けて食べるには丁度良い塩加減で
甘塩っぱさが○。

つけ汁の丼の中には解れたチャーシュー。
可成り解れているので部位は特定できない。
柔らかで、麺にも絡んでくる。
細い竹の子、水菜、海苔、刻み葱、
少し濃いめに味が付いたウズラの味玉が2個。

麺屋零式本店 つけめん(うずらの玉子)

1、2本で口の中は一杯になる量。
その麺も少なくなってきて、
待っている間から気になっていた貼り紙。

麺屋零式本店 貼り紙(細麺)

食べてみようか...。
「細麺って直ぐ出来ます?」と聞くと
「出来ますよ。」
「じゃぁ一つお願い。」
「あつもりにも出来ますがどうしますか?」
「冷たい方で。」
「はい有り難うございます。」

早い。(笑)
出てきた。
100円を財布から取り出して、麺を頂いてから店主に渡す。

麺屋零式本店 つけめん(替玉細麺)

薄黄色い細麺。
博多系程細くはない、熊本系くらいの細さか。
低加水な食感で、コシがあってこれまた旨い。
ヾ(^0^)〃
【極太零麺20】との比較。(笑)

麺屋零式本店 つけめん(極太零麺  細麺)

この細麺も旨いなぁ。

つけ汁に付けて食べる。
麺が細い分だけつけ汁との絡みも良く
啜ると一緒につけ汁も上がってくる。
この麺の量だから良いのかもしれない。
この麺で量が多いとつけ汁が無くなってしまいそうだ。
けど旨いから良いか?(笑)

旨かったぁ。ヾ(^0^)〃
「ごちそうさま~。」
「また宜しくお願いします。」

今度いつ来られるかなぁ...。
来年までまだまだ日がありますから
また来ます。(笑)


「Morris」@板橋区大山

2008/06/09 12:41|東京都板橋区TB:0CM:3
開店時間少し前に店前に到着。
少し通り過ぎて、まだかな?と振り返ると
「まだですかぁ?」と開店を待ちきれない子連れの母親が店の中を覗く。
( ̄ー ̄;) 強い。(笑)
「良いですよぉ。」と店の対応も良く、入っていく親子。
と思ったら、何処にいたのやら、
おじさん二人が店の中にそれぞれ入っていく。
( ̄▽ ̄)

商店街に在るこのお店。
待ち客にしてみれば
何処に立って待てばいいやらで困るが
第三者から見て、何処にいても待っているようには見えず
解りづらい。(笑)
商店街のお客に紛れちゃうのねぇ...(笑)

Morris

「Morris」
  住所 東京都板橋区大山東町28-8 コンフォールT 1F
  電話番号 03-5248-4069
  営業時間 11:30~15:00、17:00~20:30
  定休日 ?
  座席数 カウンター10席


Morris テント

見た目にお洒落な店で、
大きな看板もなく、テントに「Morris」と書かれ
外からはラーメン屋には見えない。、
立て看板を見ないとラーメン屋だと確証が持てない。(笑)

Morris 立て看板

結局、先客は親子含めて4名。
私は「つけそば 730円」を注文。

店の奥には製麺室があるようだ。
自分の座った位置からはチラッとしか
見えなかったがガラスのドアの奥がそのようだ。

カウンターに座り、
店主らしき男性の仕事ぶりを拝見。

厨房内には男性が二人。
麺茹で、スープを丼に注いでいるところから
推測してこの人が店主か、と。(笑)

テキパキと仕事がこなされ、
私の注文した「つけそば」に取りかかる。
温めて置いたつけ汁の丼にタレ、
一味をサッサッサと入れ、
薄茶濁した動物系のスープが入れられ、
別の寸胴から透明感のある魚介系のスープが丼の中に入れられ
店主の頭にある比率でブレンドされている。
数本のメンマ、チャーシューがつけ汁の丼に入れられて
つけ汁は少しそこで待機。と思いきや、
つけ汁だけ先に私の所へやって来る。

麺が時間通りに上げられ水で締められる。
水切りもしっかり行われ、私の前に登場です。

Morris つけそば

( ̄▽ ̄)
先ずはいつものように麺から。
太麺だがあまり太くない。
軽くウェーブ掛かる感じで、
透明感のない薄黄色い麺。

Morris つけそば(麺)

表面がツヤツヤしていて、啜るとツルッと口に入り
加水率の低そうな食感で旨い。
もちろん、小麦の香りもするので○。
欲を言えば、もう少しボリュームが欲しいかな。(笑)

つけ汁の表層には油の層。
一味が多めに浮き、刻み葱も浮く。
中にはメンマ、チャーシューが入っている。

Morris つけそば(つけ汁)

辛味は思ったより強くなく、
甘味はかなり控え目。
動物のコクがあって、魚介はほんのり。
表層が少しオイリーで、動物の粘度もそこそこある。

チャーシューは数枚の豚肩ロース。
主張しすぎない味付けで旨く、
肉の香りを保ちながら沈んでいる。
柔らかく旨い。ヾ(^0^)〃

出来て間もないお店のようですから
これから色々変わっていくのでしょう。

旨かったです。
御馳走様でした。


「めんや 丸平」@蕨市北町

2008/06/08 14:12|埼玉県TB:0CM:0
開店11時少し過ぎに到着。
雑誌に出ていたお店でこんな場所にあったのかと
少し驚き。(笑)

めんや丸平

「めんや 丸平」
  住所 埼玉県蕨市北町5-12-35
              ストークマンション南浦和1F
  電話番号 048-431-4988
  営業時間 11:00~20:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター6席 + テーブル7席


めんや丸平 看板

店内に入ると店主らしき男性が
壁に貼られたメニューの一部をいじっていた。
改めて貼るのか、きちんと張り直したのかは解らない。
「いらっしゃいませ。」と店主。
先客は無しだが、あとで1人入ってきた。
空いている席の一つに座り、厨房の方に消えていった店主に
「鶏白湯麺 (630円)下さい。」と伝える。
「はぃありがとうございます。」としっかり返ってくる。

少し待つと注文した鶏白湯麺が登場。

めんや丸平 鶏白湯麺

丼に鼻を近づけると、葱の香りと、鶏の良い香りがする。
◎!ヾ(^0^)〃
麺の上にはメンマ、チャーシュー、刻み葱、ホウレン草、
固茹での味玉が半分載っている。
メンマは色濃いが味付けは濃くなく、ほんのり甘めな味付け。
丁度良い歯応えが良い。
チャーシューは出す前に炙られたような跡があり
香ばしい香りが良い。

めんや丸平 鶏白湯麺(チャーシュー)

スープを頂く。

めんや丸平 鶏白湯麺(スープ)

スープは粘度低めでサラッとしている。
ガッツリと白濁してはおらず、サラッと白濁している感じ。
鶏の香りが良く、塩加減も良く僅かな甘味が感じられる。

麺を箸でつまみ出す。
中太のストレート麺が出てくる。

めんや丸平 鶏白湯麺(麺)

かなり薄黄色く若干透明感がある麺で
少し角が残る。喉ごしの良い麺だ。
私的にはもう少しコシが欲しいところだが悪くはない。

気が付けば麺は無くなり、スープもほぼ完飲。

御馳走様でした。


「ラーメン生郎」@武蔵野市吉祥寺

2008/06/07 14:37|東京都武蔵野市TB:0CM:5
賛否両論ある吉祥寺の元二郎。
初訪問。
「二郎」ではなく「生郎」。
店のテントからも解るように明らかに
元は二郎だった形跡がある。(笑)

昔、近くの学生が深夜にテントの文字に悪戯をして
それ以来「ラーメン生郎」になったという。
「ラーメン二郎」
   ↓
「ラブメン生郎」
   ↓
「ラーメン生郎」

今は二郎とは関係無いそうだ。

ラーメン生郎

「ラーメン生郎」
  住所 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-4-3
  電話番号 0422-53-2082
  営業時間 平日 10:00~17:00
          日  11:00~17:00
  定休日 祝日
  座席数 カウンター12席


ラーメン生郎 テント

丁度店の前に到着すると店内は満席で
店の前に1人待ち。
その後に列ぶ。
約30分外で待つ。( ̄ー ̄;)
やっと着席できる。
注文を聞いてくる様子もないので
マンガ本を見ながら待つ。
約20分。( ̄ー ̄;)
やっと注文を聞かれ「大もりぶたラーメン(680円)全マシで」と告げる。
他のお客さんがコール付きで注文していたので
私もそれに倣って言ってみた。

店主は何故だか麺を鍋に入れる前にず~っと手で揉んでいるようだ。
私はカウンターの一番奥に座ったので後ろ姿しか見えないが
それだけは見える。
水分でもとばすの?何のため?長くない?(笑)

またマンガ本の続きを読む。
普段マンガ本は見ないので新鮮と言えば新鮮だが
もう読み切ってしまいそうだった。
18分後再度注文品を聞かれるコールと共に答える。
出てきた。
「大もりぶたラーメン 全マシ」はこちら。

ラーメン生郎 大もりぶたラーメン

う~む。
全マシで唐辛子もワッサリ。
けどヤサイは少ない。(笑)

麺も大盛りなのかな?
小ラーメンとは丼が違うのでたぶん大盛りなんだろう。(笑)

一味が辛い。(笑)

麺を引きずり出す。
箸で引きずり出した感触から何だか柔らかいような気が...。
口に運ぶとやはり柔らかめだ。
麺も短いような...。
大盛りだが二郎の大盛りではない。

スープはカネシは感じられない。
店の奥にヒゲタ醤油の段ボール箱が積まれていたので
カネシに代わる手段のようだ。
唐辛子が立っていてマイルド感は低めなスープ。
ちょっと塩っぱいかな...。

御馳走様でした。


カテゴリー

ぐるーぽん

広告

クーポン げっと~8

クーポン げっと~7

クーポン げっと~6

クーポン げっと~5

他の旨いもん!


リゾート バイト!


拉麺よりも夢を!

旅行と拉麺はセットだぁ!


ホットペッパー

広告








クーポン げっと~4

話題

CocodeVideo

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 |  東京都北区 | 東京都文京区 | 東京都板橋区 | 東京都新宿区 | 東京都中野区 | 東京都豊島区 | 東京都練馬区 | 東京都葛飾区 | 東京都足立区 | 東京都台東区 | 東京都千代田区 | 東京都杉並区 | 東京都渋谷区 | 東京都港区 | 東京都品川区 | 東京都中央区 | 東京都世田谷区 | 東京都目黒区 | 東京都大田区 | 東京都荒川区 | 東京都江東区 | 東京都墨田区 | 東京都江戸川区 | 東京都東久留米市 | 東京都西東京市 | 東京都町田市 | 東京都国分寺市 | 東京都武蔵野市 | 東京都三鷹市 | 東京都府中市 | 東京都調布市 | 東京都福生市 | 東京都東村山市 | 東京都武蔵村山市 | 東京都東大和市 | 東京都小金井市 | 東京都八王子市 | 東京都立川市 | 東京都あきる野市 | 東京都多摩市 | 東京都日野市 | 東京都西多摩郡 | 北海道 | 千葉県 | 埼玉県 | 神奈川県 | 栃木県 | 長野県 | 群馬県 | 茨城県 | 山梨県 | 静岡県 | 宮城県 | 福島県 | 新潟県 | 愛知県 | 福岡県 | 熊本県 | 番外編 | 閉店 | 移転 | ---- | 東京都青梅市 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 麺喰ぃ
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。