1. 無料アクセス解析

拉麺、つけ麺、油そば、焼きそば、二郎、即席麺、食べた麺をアップします。 食べたくなったでしょ!?

麺喰ぃ
http://menworld.blog114.fc2.com/

トリップアドバイザー

ブログ内ラーメン検索

プロフィール

らぅめんち

Author : らぅめんち
麺が大好きです。
今日は美味しい麺を食べました?
また気が向いたらお立寄り下さい。
リンクフリーです。

Calendar

最近のコメント

DMM、CM

お気に入り

価格



車で拉麺!





拉麺でお泊まり!


飛行機で拉麺!


広告


ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

食べたいと思った人

食べたいと思ってる人

現在の閲覧者数:

人気記事ランキング

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「麺屋たつみ 喜心」@秩父市宮側町

2008/08/31 14:36|埼玉県TB:0CM:0
秩父の駅前をそのまま真っ直ぐ進み
交差点近くにあるお店。
その店を通り過ぎたところに駐車場がある。
そこに車を停めて店に向かう。

麺屋たつみ喜心

「麺屋たつみ 喜心」
  住所 〒368-0046 埼玉県秩父市宮側町19-1
  電話番号 0494-24-6683
  営業時間 11:30~14:00 18:00~20:00(スープ切れ終了)
  定休日 火、水
  座席数 カウンター14席


麺屋たつみ喜心 看板

店の前に人はいなく余裕の着席と
思いながら入店すると、中で数名の待ち。
券売機があったので先ずは食券を購入。
「らーめん680円」
つけめんを食べているお客も多く、
また、店も『麺屋』となっていたので
釣られそうになったが、らーめんが食べたかった。
暑いのに良く耐えた?(笑)
しばらく立って待っていると席が空き
座って食券を高台に置いて待つ。
カウンターにレモンが入った水のポットがあったので
自分でコップに注いで飲む。Σ( ̄o ̄ )
酸っぱい、スッキリしたレモン味のお水。(笑)
カットされたレモンだけのように見えたが
搾った??(笑)

壁には沢山の節や煮干しや干しエビなどが
ケースに入った状態で並び、その上には沢山の
種類の醤油の瓶が並んでいる。
数えるのも大変なくらいに並ぶ。(笑)

ほらぁ、これらを見たら温かいスープのラーメンが食べたくなりますよ。

しばらく待っていると高台を乗り越えて
私が注文したらーめんが手渡される。

白くボコボコした手触りで厚みのある丼。
この丼欲しいなぁ...と思ったのは私だけだろうか。(笑)

麺屋たつみ喜心 らーめん

麺の上にはメンマ、チャーシュー、葱、海苔が載っている。

葱は細切りされたモノがカールしていて
葱の良い香を放っている。
チャーシューは肩ロースかな。
大きく柔らかく程良い噛み応えのある1枚。

麺を引きずり出す前に、麺が浸っている
少し醤油濃い色合いのスープが気になる。

麺屋たつみ喜心 らーめん(スープ)

レンゲで掬って一啜り。

煮干しや節の粒々が多めに漂う。
表層は少しオイリーな感じだが
動物の粘度は強くなく、あっさりで
醤油の奥深い味わいが口に広がり旨い。

麺を引きずり出してみる。

麺屋たつみ喜心 らーめん(麺)

薄黄色い喉ごしの良い中太ストレート麺。
スルスルと啜り易くコシがあって旨い。
スープが旨くて最後まで飲んでしまった。
これだけ節、煮干しがスープ内に漂っているのに
エグミなどの雑味が感じられない。

旨かったぁ。
丼を片付け「御馳走様」と伝えると
「有り難うございます」と丁寧な挨拶。

旨かったです。
御馳走様でした。


スポンサーサイト

「浮浪雲」@小金井市貫井北町

2008/08/30 19:15|東京都小金井市TB:0CM:2
ガテン系のお兄ちゃん達が店に入っていく。
私もつられて暖簾を潜る。
隣は先日入ったお店。

家系ラーメン浮浪雲

「浮浪雲」
  住所 東京都小金井市貫井北町3-18-15 ヴィラエトワール1F
  電話番号 090-9345-2247
  営業時間 11:00~24:00
  定休日 月
  座席数 カウンター16席

入ると豚骨臭が鼻を直撃。
お~、これは楽しみだぁ。(笑)
左手に券売機があるのに気が付き
「ラーメン中盛 700円」をプッシュ!
一番手前、入り口に近い席が空いていたのでそこに座る。

食券を取りに来た店主らしき男性に「固めで」お願いする。

しばらく待っていると「ラーメン中盛」の登場。

家系ラーメン浮浪雲 ラーメン中盛

家系ラーメンならではの海苔3枚、ホウレン草、チャーシューが
載っている。
先ずはスープから頂く。

家系ラーメン浮浪雲 ラーメン中盛(スープ)

粘度はそこそこ、家系らしいトロミが感じられる豚骨醤油。
濃厚な豚骨の旨味、丁度良い醤油のキレがあって旨い。
後味にもしっかりと旨味が残る。ヾ(^0^)〃

麺は家系の麺。

家系ラーメン浮浪雲 ラーメン中盛(麺)

薄黄色い緩やかなカーブをもつ太麺は
モチモチとコシもしっかりあり旨い。

固め指定で私好みの固さで言うこと無し。(笑)

ホウレン草のクタクタ感も丁度良い。
スープとバッチリ合っている。

家系を食べる時の最後の楽しみが
海苔をスープに浸して食べること。(笑)
これが旨いんだなぁ。

3枚あるから3回も楽しめるわけですよ。
偶に3枚のはずが海苔同士がくっついて
4枚入っていた時には少し嬉しいですね。(笑)

しっかり家系が食べられて大満足。
ヾ(^0^)〃

旨かったです。
御馳走様でした。


「中華そば 旋」@さいたま市中央区

2008/08/30 12:33|埼玉県TB:0CM:0
開店時間少し前に到着。
隣にあるSATYでペンを購入。
SATYから出てきて店の前を確認。
お、暖簾が出ている。
ん?こちらに向かってくる集団。

その前に入店。

中華そば旋

「中華そば 旋」
  住所 〒338-0011 埼玉県さいたま市中央区新中里1丁目1-6
  電話番号 048-832-1564
  営業時間 11:30-15:00、18:00-22:00
  定休日 月曜日
  座席数 カウンター10席


中華そば旋 看板

引き戸を開けて入ると右側の方に券売機。
券売機の前に立って後ろを振り返ると後客が
わんさと。(笑)
つけ麺を探し、並と大が同額なので「つけ麺(大)700円」をプッシュ。
お釣りがチャリチャリチャリと出てきた。
それを取ってカウンター席に座り高台に食券を出す。

おぉ、これは一気に満席かぁ。( ̄▽ ̄)

作業の様子を見ながらしばらく待つ。
仕事が丁寧ですね。
お玉一杯のスープ投入もかなり正確。
見ていて楽しくなる。
つけ麺よりも中華そばの方が提供が早く、
旨そうな中華そばを啜るのを見て、
私もあっちにすれば良かったかなぁ、と欲張る。(笑)
私の注文したつけ麺の麺が水で締め始められる。

出来上がりがカウンター高台に置かれる。

中華そば旋 つけ麺

麺はボリュームありますねぇ。
400gだそうです。
麺の上には水菜、分厚いチャーシュー
丼の縁に海苔が添えられての登場です。

中華そば旋 つけ麺

先ずは麺から頂きます。
薄小麦色したツヤツヤの太縮れ麺。

中華そば旋 つけ麺(麺)

コシがしっかりとありムギュッとした食感。
麺単品で小麦の香りが楽しめて旨い。

つけ汁の表層には刻み葱が浮き、
茶濁したつけ汁は粘度が高く節系の魚介が香る。

中華そば旋 つけ麺(つけ汁)

麺を付けて頂く。

麺との絡みも良く、酸味はつけ汁の味を引き締める程度で
少し感じられる程。
辛味は感じられず、動物のコクがあって旨い。
ヾ(^0^)〃

丼の底には食感の良い大きめのメンマと
ブロック状のチャーシューが沈む。
麺の上に載っていた分厚いチャーシュー以外にも
丼に入っていたのには感心。( ̄▽ ̄)
メンマはしっかり味付けが施され食感が良い。
ブロック状のチャーシューも良い味わいで旨い。

中華そば旋 つけ麺(具)

400gもあった麺を平らげる。旨い!
さて、スープ割りが有るかどうか解らなかったので
「スープ割りできますか?」と聞くと
「はい。」と。
つけ汁を作るのに使用するスープを使っている。
白濁した動物の旨味が出たスープで適度に割られ
飲みやすい程度に薄まる。

完飲。
「御馳走様」と店を出ると外には数名の待ち。

いやぁ、旨かったぁ。
御馳走様でした。


「ラーメン二郎 池袋東口店」@豊島区南池袋

2008/08/29 20:12|東京都豊島区TB:0CM:0
今日の晩ラーメンは池袋。

二郎でホームページ持っているのってこの店くらいじゃない?
http://i-jiro.hp.infoseek.co.jp/

初めて二郎を食べたのがこの、池袋東口店。

18時少し過ぎたところで入店。

空き席が数席ある。

ラーメン二郎 池袋東口店 立て看板

「ラーメン二郎 池袋東口店」
  住所 〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-27-17
  電話番号 03-3980-0210
  営業時間 11:30~23:00
  定休日 月
  座席数 カウンター14席


ラーメン二郎 池袋東口店 メニュー(壁)

券売機で初めて食べた時と同じ
「ブタ入り大ラーメン900円」をチョイス。
900円とはちょっと高い気もするが
まぁ良いではないかぁ。(笑)
プラ券ではなく、紙の食券が出てくる。

カウンターの空き席に腰を下ろし
食券を出して「固めで」お願いする。
初めて食べた時は何も知らず、固めを指定しなかった。
もちろん、周りのお客は静かで
無言で麺を啜っているお客が多かった。

昔は「全マシ」コールを他のお客がしていて
それを真似て「全マシ」を注文し
ヤサイを軽く残す結果となったのを覚えている。

さて、今日の私は...。

昔のような結果になるはずが無いのは
充分に解っている。女性店員が「トッピングは?」と
聞きに来たので、「ヤサイマシマシニンニク少なめで」お願いする。
で登場したのがこちら。

ラーメン二郎 池袋東口店 ブタ入り大ラーメン_

丼が大きい。『大』だけあって重い。(笑)
今の私には大した量ではない。
ヤサイもマシマシレベルにしては
少ないように思える。

ザクザクとヤサイから食べる。
少なめでお願いしたニンニクは少し多く感じた。
まぁサービスなんだから文句はない。(笑)

ラーメン二郎 池袋東口店 ブタ入り大ラーメン(ニンニク)

刻みが細かくスープに流れ込むと回りが早そうなので
スープに混ぜないように食べる。

ヤサイがサラッと無くなると豚が現れる。

ラーメン二郎 池袋東口店 ブタ入り大ラーメン(ブタ)

柔らかではない丁度良い噛み応えの豚ロースが5枚程が
隠れていた。

その下に麺だ。

ラーメン二郎 池袋東口店 ブタ入り大ラーメン(麺)

薄小麦色の軽くウェーブ掛かるストレート太麺。
太さとしては、新宿二郎などより太く、
角ふじ系の太さに近い。けど角ふじのように縮れてはいない。
表面にザラツキがあり、ワシワシ食べられて旨い。
固すぎないムチッとした食感が堪らなく旨い。
ヾ(^0^)〃
ボリュームはバッチリ。

スープは粘度の高くない薄茶濁した豚骨醤油スープ。
乳化前と言った感じかな。
カネシの加減が丁度良く旨い。ヾ(^0^)〃

ラーメン二郎 池袋東口店 ブタ入り大ラーメン(スープ)

ニンニクが細かい刻みの為
スープ内に広がるのを避ける為に
レンゲでフォローしながら食べ進む。

焦ることなく、普通に麺は完食できてしまった。
初めて食べた時より早く、綺麗に食べられたように思える。
もちろんヤサイは残っていない。(笑)

レンゲでフォローしていたニンニクをスープに溶かす。

やっぱり二郎のスープにはニンニクが一番合っている。
旨い。ヾ(^0^)〃

完食。
御馳走様でした。


「麺処 古武士」@新宿区西新宿

2008/08/29 12:24|東京都新宿区TB:0CM:0
先日店の前を通ったら
店は開いていたが、外観の工事が行われていて
入ろうと思ったが通り過ぎてしまった。(笑)
ネットで調べたらクーポンがあったので
行ってみることに。(笑)

古武士

「麺処 古武士」
  住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-4-6 ストーク新宿井岡1F
  電話番号 03-3366-8380
  営業時間 11:30~21:00
  定休日 水
  座席数 カウンター7席 + 3人用テーブルx1 + 2人用テーブルx1 + 4人用テーブルx2


古武士 看板

店の外に券売機があり
「ら~めん 680円」をチョイス。
入店するとカウンターにお水が置かれ
その席に座る。

食券を渡す時に味玉のクーポンを提示。
麺が中盛までサービスとのことで
麺の量を聞かれる。
中盛でお願いして、しばらく待つ。

注文したら~めんが味玉付きで登場。

古武士 ら~めん

おっ。Σ( ̄o ̄ )
デフォルトで茹で玉子が半分入っている。

古武士 ら~めん(たまご)

この他に麺の上にはメンマ、なると
チャーシュー、根後、小さい海苔が載っている。

麺は中太縮れの多加水麺。

古武士 ら~めん(麺)

若干の透明感があり
コシはまぁまぁといったところかな。

スープは動物魚介醤油。

古武士 ら~めん(スープ)

煮干しが感じられる魚介系に
動物の粘度がある旨味が合わさったコクのある醤油味。
少し醤油が立ち気味のような気もするが
これはこれで旨い。
クーポンの味玉を一口パクつくと
濃厚な僅かに甘めの味わいが口に広がる。
追ってスープを啜ると、これが旨い。
ヾ(^0^)〃

中盛の麺を平らげ、御馳走様でした。
味玉旨かったです。


「麺處 さんば」@中央区日本橋

2008/08/28 20:04|東京都中央区TB:0CM:0
次の打ち合わせ場所に向かって歩いていると
「化学調味料を使用しておりません」の貼り紙。
ふ~んと思いながら入店。

麺處 さんば

「麺處 さんば」
  住所 〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町11-11
  電話番号 03-3664-1416
  営業時間 平日 11:00~14:00、17:00~21:30
          土  11:00~14:00
  定休日 日・祝
  座席数 カウンター13席


麺處 さんば 立て看板

立て看板には『居酒屋』と書かれた提灯が付いている。
夜はお酒も提供しているのかも。

入店すると左手に券売機。
壁の貼り紙を見ると野菜などのトッピングが...

( ̄▽ ̄)ニッ!

「ラーメン700円」を購入。
カウンター席に向かうと女性店員が厨房内で待ち構えている。
食券を渡すと同時に「野菜多…」、女性店員は「太麺と…」。
会話が被ってしまう。(笑)
おぉ失礼。<(_ _)>
「太麺?」と聞き返すと
「太麺と細麺が選べますが。」
「じゃぁ太麺で。」
「野菜多めですか?」と確認されて
「野菜多め、葱多めで。」と告げる。

麺處 無料トッピングメニュー

さぁどんなラーメンが出てくるのだろうか。
思わぬ所で見つけたお店。
期待に胸を膨らませて待ちます。

先客は3名。
私の注文が終わって、座っている間に
後客が4名。
あまり大きな道に面していないせいもあるのか。
それとも、いつもこのくらいの繁盛ぶりなのだろうか。
後客の対応を改めて見ていると、このお店は
店員さんが丁寧に初めにトッピングを聞いてくれるんですね。

しばらく待っていると
こちらに向かってくるラーメンが視界に入る。

ん?「お待たせしました。野菜多め、葱多めです。」と
カウンター高台に置かれるラーメン。
下におろす。

麺處 さんば ラーメン

おやぁ。(笑)
山にはなっていない。
気持ち多めと言った所かな。
けど葱は多いですね。(笑)
野菜は葱の下に隠れていて
モヤシに少量のキャベツの細切りが混じっている。
それほど多くはない。
丼の縁よりにキクラゲ。
チャーシューは豚バラ巻。
香りよく柔らかい濃厚な1枚。

麺を引きずり出す。

麺處 さんば ラーメン(麺)

おっ。これは旨そうだと口に運ぶ。
太縮れ麺。薄小麦色で縮れが細かい太麺。
ムギュッとしっかりした良いコシで旨い。

スープを。

麺處 さんば ラーメン(スープ)

自慢の豚骨スープらしい。
魚介の香りがほんのり、動物の粘度は低く
サラッとした醤油味のスープ。
動物のしつこさは感じられず
和出汁を思わせるあっさりしたスープ。

ちょっと期待を大きくし過ぎた私のミス?(笑)
二郎と比べちゃいけないんですよね。(笑)
普通のラーメン屋さんの一杯と考えると
あっさりした一杯で旨いと思う。

御馳走様でした。


「天空」@港区三田

2008/08/28 13:02|東京都港区TB:0CM:0
ここですかぁ。

水にこだわったお店だそうです。

天空
「天空」
  住所 〒108-0073 東京都港区三田3-3-6
  電話番号 03-3453-1092
  営業時間 11:00~16:00
  定休日 日・祝
  座席数 カウンター19席


店内は随分とお洒落な感じです。

何と表現したら良いのでしょうか。

水を浄化するような機械のオブジェ。

入り口にも金属で出来たオブジェがあったなぁ。

女性受けしそうな内装です。

入り口を入って右手に券売機があるのに気が付き、
券売機の前に向かう。
並・中・大盛同額で、それぞれボタンが並んでいる。
「つけ麺 大盛 730円」をプッシュ。
券売機の上に名刺もあったので頂戴しておく。

カウンター席に座り食券を出す。

メニューがあったのでカシャっと。

天空 メニュー

カウンターには刻み玉葱、削り節が
それぞれ壺に入って置かれている。
お好きにどうぞってことですね。(笑)

しばらくつけ麺が出てくるまで内装や
オブジェを見ながら待つ。

....。

一気に後客が増えてきた。
券売機に列び、外の方へ続く...。

「はぃ、つけ麺 大盛りになります。」と登場。

天空 つけ麺

おぉ、麺は良いボリュームですね。
先ずは麺単品で。

天空 つけ麺(麺)

太縮れ麺。
透明感のない薄黄色い麺でコシがしっかりとある。
モチッとした食感でツルツルと口に入ってくる。

つけ汁の表層には刻み葱が浮き、
粘度はあまり高くない薄い醤油色のつけ汁。

天空 つけ麺(つけ汁)

つけ汁自体の塩気はあまり強くなく
棘のない丸味のある印象を受ける。
鶏、豚から出た決してしつこくない優しい旨味。

つけ汁に付けて食べ進むと変化が欲しくなり
カウンターに配置されている節粉を
つけ汁の丼に投入してみる。

魚介の香りが広がり、
丸味のある動物の旨味に魚介の深みが加わり
麺との絡みが増したように感じられ旨い。

つけ汁の中にはメンマ、チャーシューが沈む。

天空 つけ麺(具)

メンマは食感が楽しめ良い味わい、
チャーシューは、ブロック状の豚ロースが多数で
柔らかく旨い。

気が付けば大盛りを平らげてしまっている。(笑)

満席で待ちは3名。

丼をカウンターの高台に載せて席を立ち、
今までいた洒落た空間から外に飛び出る。

お腹一杯になりした。
御馳走様でした。


「豚骨ラーメンたちばな家」@小金井市貫井北町

2008/08/27 20:11|東京都小金井市TB:0CM:0
隣は家系のラーメン屋さん。
この新小金井街道はラーメン街道と言われるくらい
ラーメン店が多い。
今日はこちらでつけ麺が食べられると知人から聞いて
楽しみにしてやって来た。
豚骨でつけ麺。ヾ(^0^)〃

豚骨ラーメンたちばな家

「豚骨ラーメンたちばな家」
  住所 〒184-0015 東京都小金井市貫井北町3-18-15 ヴィラエトワール101号
  電話番号 042-328-2977
  営業時間 平日 11:00~21:00
         日祝 11:30~21:00
  定休日 火
  座席数 カウンター20席


豚骨ラーメンたちばな家 看板

店に入ると右手の方に券売機。
先客は4人の家族客と1人客が3名程。
券売機の前に立ち「極太つけめん480円」をプッシュ。
話には聞いていたが500円以下とは。
嬉しい反面、少し怖い気もする。(笑)
カウンターに座り食券を高台に置いて待つ。

家族客が多いようで、私が待っている間も、
どんどんと入ってくる。
後客のラーメン達は次々とお客に提供されていき
しばらく待っていると麺を水で締める雰囲気が。
とその前にお盆に小さな丼、けどつけ汁にしては大きい丼が目の前に出される。
おれ?ラーメンじゃないよ?
と思いながらお盆に手を出すと「つけ汁です。」と。(笑)

続いて麺が登場する。

豚骨ラーメンたちばな家 極太つけめん

お!麺の色が良い。
薄小麦色で太縮れ麺。
麺だけを啜る。

豚骨ラーメンたちばな家 極太つけめん(麺)

表面がツルッとしていてムチッとコシがあり
小麦の香りがよく、これは旨い。ヾ(^0^)〃

つけ汁には青葱が浮き丼の縁に海苔がへばり付いている。

豚骨ラーメンたちばな家 極太つけめん(つけ汁)

意外にサラッとしていて粘度は低い。
中にはチャーシューとメンマが沈んでいる。

豚骨ラーメンたちばな家 極太つけめん(具)

レンゲがあったので一寸啜ってみると
酸味が前面に出てきてるのを感じる。
ふ~ん。( ̄▽ ̄)
麺に絡めて食べて見るとサラッと食べられる感じ。
ん~。ちょっと想像していたのとは違うかな。
唐辛子、豆板醤、ニンニクが用意されていたので
つけ汁に投入。

豚骨ラーメンたちばな家 調味料

少し締まりが出てきた。
気が付けば麺が入っていた器は空。
この価格で旨い麺が食べられて満足。

つけ汁は酸味を抑えて醤油を少し前に出して
動物の粘度を高めて...等と思う。(笑)

ここのラーメンが食べたい。
また来ようと思う。

御馳走様でした。


「らすた 代々木支店」@渋谷区代々木

2008/08/27 12:21|東京都渋谷区TB:0CM:0
開店より少し前に「代々木駅」に到着。
入り口の前に人が立っているのが遠くから見える。
入ろうと体半分入ったが直ぐに出た。(笑)
まだ開店してないのかな?

らすた代々木支店

「らすた 代々木支店」
  住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-38-10 代々木YOMビル1F
  電話番号 03-3373-7911
  営業時間 11:30~22:30
  定休日 無休
  座席数 カウンター10席


らすた代々木支店 看板

私が店の前に着く頃
先程のお客が入っていく。
入り口の外にある券売機で「ラーメン600円」を購入して店内へ。
店内は意外に明るい印象。

入り口を入って左手に給水器が置かれていて
セルフでコップに水を注いでカウンター奥まで進む。
座って食券を出してしばらく待つ。

丁度目の前に麺箱が置かれ、中には特注の卵麺が
並んでいる。綺麗な橙色の太麺。( ̄▽ ̄)

その横には一度に5人分の麺が茹でられるように
煮立った湯の中で鉄砲ザルがコトコトと揺れている。

私の麺が投入される。

橙色だった麺が徐々に濃いめの黄色になったいくのが解る。
ほ~。( ̄o ̄ )
鉄砲ザルの中でクルクルと回っている麺。

スープの入った寸胴の蓋が開けられる。
私の位置からそれ程近くもないが
遠くもない位置でクラクラしている寸胴。
自分のいる所まで鶏の香りがしてきた。
ヾ(^0^)〃
臭みではなく、良い香りである。
旨そうだぁ。

カエシ、油が垂らされた丼にスープが注がれる。
勢い良く鉄砲ザルを振り湯切りされ麺が
スープの中に浸される。
ササッとトッピングが施される。

で、私の前に出てきたラーメンがこちら。

らすた代々木支店 ラーメン(海苔)

「写真撮っても良いです?」と聞くと
「どうぞどうぞ」と快諾。
撮ったのは良いが、海苔で全体が隠されているようなので
海苔を退けて、もう一枚。(笑) カシャ。

らすた代々木支店 ラーメン

これでしょう、と撮った写真に納得。(笑)
家系の定番海苔3枚の下にはホウレン草とチャーシューが
隠れていた。

さぁさぁ、さっきの気になる麺を引きずり出す。
おぉ、黄色ですねぇ。軽く縮れた太麺。
あの鮮やかな橙色からこの色に変化するのだから
凄いよなぁと関心。

らすた代々木支店 ラーメン(麺)

太めでムチッとコシがある。
デフォルトでしっかりコシがあって
麺自体に旨味があり旨い。ヾ(^0^)〃

スープは表層に透明な油の層があり
茶濁したスープを覆っている。

らすた代々木支店 ラーメン(スープ)

レンゲはカウンターに用意されていたが
丼を傾けてスープを頂く。
丁度良い醤油の入り具合。
そこそこの粘度。
動物の旨味がしっかり楽しめるスープ。
コクがあって旨い家系のスープ。ヾ(^0^)〃

完食。

旨かったぁ。
御馳走様でした。


「遊雅」@国分寺市本多

2008/08/26 21:07|東京都国分寺市TB:0CM:0
店の前に自転車が多く並ぶ。
お客かな?

らあめん遊雅

「遊雅」
  住所 〒185-0011 東京都国分寺市本多1-1-21
  電話番号 非公開
  営業時間 11:30~15:00、18:00~24:00
  定休日 月


らあめん遊雅 看板

店内に入るとカウンター席が多めにあり
その背中側に小上がりがある。
入り口を入って左手に券売機。
「中華そば650円」をプッシュ!
カウンター席に座って食券を渡して店を観察。
なんだか『豚(トン)めん塩』というメニューが
売りになっているようだ。( ̄ー ̄;)
カウンターには辛高菜、紅生姜、胡麻が用意されていて
「食べ方」のようなものまで書かれている。
う~む。( ̄ー ̄;)
まぁ今回は中華そばで良いではないか、と
自分を納得させる。(笑)

しばらくすると「中華そば」が登場。

らあめん遊雅 中華そば

麺の上には大きめのチャーシューが載る。
他にはメンマ、カイワレ、スープには葱が浮く。
チャーシューは柔らかくなかなかの大きさ。

スープは粘度が低めで透明感のありそうな薄い
優しそうな醤油色。

らあめん遊雅 中華そば(スープ)

啜ると良い感じのキレがあって旨い。
魚介の香りは強くないがやんわりと感じられる。
動物のコクが良い感じで旨く、後味にしっかり残るのが解る。

麺は透明感があり薄黄色い
平打ち気味に感じられる中太麺。

らあめん遊雅 中華そば(麺)

中太より少し太い感じで
インパクトは強くないがモチモチッと
コシも良く旨い。
650円で良い出来だと感じられる一杯。

けど最後まで『豚(トン)めん塩』が気になって
しようがなかった。(笑)

いつ来られるかは解らないが次回は
『豚(トン)めん塩』を食べたいと思う。

学割もあるようで学生さんは得ですね。
喫煙可なのがちょっと残念。

御馳走様でした。


「らぁめん 丸」@港区芝

2008/08/26 12:19|東京都港区TB:0CM:0
最寄り駅はJR「田町駅」。
開店して、時間が経っていないせいか
先客は私の前で食券を購入しているサラリーマンだけ。
続けて私も購入する。

らぁめん 丸 看板

「らぁめん 丸」
  住所 〒108-0014 東京都港区芝5-30-5 岩永ビル1F
  電話番号 03-3454-0434
  営業時間 平日   11:00~15:00、18:00~21:00
         土日祝 11:00~15:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター7席


購入した食券は「つけめん800円」。
麺の量を聞かれたので大盛りでお願いする。
券売機には大盛りで麺の量が250gと貼られていた。
それ程多い量ではない。

しばらくすると後客がドドドッと4名入ってくる。
席はほぼ満席。

店内は白を基調とした内装。
床も綺麗な板張りである。

しばらくすると注文した「つけめん大盛」が登場する。

らぁめん 丸 つけめん

女性店員さんが「つけ汁の方は、お代わりできますので、また無くなりそうな頃に伺います」と言って笑顔で去っていく。

ふ~ん。つけ汁のお代わりねぇ...。

らぁめん 丸 つけめん(つけ汁)

節粉がワサッと載っている。
沈む気配がない。(笑)
もしや粘度が高いとか?
箸でツンツン。
お。Σ( ̄o ̄ )
トロトロ、いや、ドロドロって感じかな。
これじゃぁ、沈まないはずだぁ。(笑)

つけ汁の味を見る前に麺を頂く。

らぁめん 丸 つけめん(麺)

中太平打ち縮れ麺。
薄黄色い若干透明感のある麺で
ムチッとコシがあり、なかなか旨い。
量は少ないかなぁ。

麺の上には、刻まれた青葱、メンマ
チャーシューが載る。

つけ汁に絡めて麺を食べる。

らぁめん 丸 つけめん(実食中)

なかなか旨い。
魚介が香り、このドロドロと絡むのが面白い。
甘味は良い感じで抑えられていて、酸・辛味は感じられない
何かの餡のようにも感じられる。

結構、麺を絡めて食べたつもりだが
つけ汁をお代わりするには至らなかった。
丁度「つけ汁は足りましたか?」と聞きに来て
「間に合いましたよ。」と伝えると
ジャスミンティを出して頂く。

口の中サ~ッパリで店を後にする。

なかなか面白い一杯でした。
御馳走様でした。


「ラーメン 神田店」@中央区日本橋

2008/08/25 12:24|東京都中央区TB:0CM:2
元々二郎だったと言われるお店はこれが初訪問。
11:30から開店と聞いて11:30少し過ぎに店の前へ行くと
外に女性を含む5名待ち。
神田近辺のOLも来るの?と思いながら最後尾へ。

ラーメン 神田店 立て看板

「ラーメン 神田店」
  住所 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-4-17
  電話番号 ?
  営業時間 平日 11:00~14:30、17:00~20:30
          土  11:00~14:00
  定休日 日・祝
  座席数 カウンター11席


ラーメン 神田店

どうやら前に列んでいる女性3人は
二郎系を体験しに、男性客に連れて来て貰ったらしい。
大丈夫なのかなぁ...。(笑)

トントンと進み、券売機で食券を買う所までやって来た。
券売機を見ると「普通盛 700円」とある。
700円を投入してポチッ!

入り口に戻って列び直す。
食べ終わったお客が出てきて、バラで席が2つ空く。
入り口に近い方、丁度二郎を体験しに来た女性達のうちの1人の
隣の席に座り食券を高台に置く。

食券を取りに来た店員さんが「トッピングは?」と聞いてきた。
( ̄o ̄;)
このタイミングで聞いてくると思わなかったが
反射的に口から出てきた言葉は「ヤサイ大盛り。」(笑)
すると「ヤサイ?」とヤサイの後に続く言葉を確認してくる。
えぇぃ、「ヤサイマシマシ。」と返すと「ヤサイマシマシね。」と納得して次の作業に入っていった。
てっきりもう『二郎』じゃないんだから「マシ」とか「マシマシ」なんていう言い方はしなくて良いと
思って「大盛り」と言ったのだが、コールは使えるようだ。(笑)

しばらくして無言でカウンター高台に置いていかれるラーメン。
???
何か言ったのか?
左隣の女性はヤサイと格闘している最中。
右隣の男性もレンゲでスープを啜っている最中。
やっぱり私のラーメンか。(笑)

目の前に下ろす。

ラーメン 神田店 普通盛

ヤサイは丁度良い茹で加減で、詰め込まれずサラッと山になっている盛。
ヤサイの99%はモヤシでキャベツは1、2切れ入っている程度。

ヤサイの横から見えるスープ。

ラーメン 神田店 普通盛(スープ)

どう見ても背脂が多量に浮いていて
チャッチャ系のように見える。
と、気が付けばザルをゴリゴリと油を丼に投入している音が聞こえてくる。(笑)
二郎臭さは感じられるが、カネシっぽさが感じられない。
背脂の甘味が感じられて、これはこれで旨い。

ヤサイを食べ進むと豚が顔を出す。
小さめの豚ロースが2枚。
丁度良い食感で旨い。

良い具合にヤサイが減ったところで
麺を引きずり出す。

ラーメン 神田店 普通盛(麺)

太麺と言って良いのだろうが
中太より少し太いくらいの麺。
灰色に近いような色合いで
固さを感じないコシで
私としては、もう少し固めが好みかな。

麺を持ち上げると背脂が絡み、
なかなか旨い。

レンゲがあったが丼を傾けてスープを頂き
御馳走様をする。

店を出ると、サラリーマンが列を作っている。


「プルーカフェ」@中央区銀座

2008/08/24 13:27|東京都中央区TB:0CM:0
開店が11時半。
少し過ぎた頃に訪問。
以前から気になっていて、なかなか来られなかったお店。

プルーカフェ

「プルーカフェ」
  住所 東京都中央区銀座1-14-9
  電話番号 03-3535-0516
  営業時間 平日 8:00~23:00
         木金 8:00~25:00
         土曜 9:00~23:30
         日祝 9:00~20:00
         ※ ラーメンは11:30~
  定休日 無休
  座席数 カウンター8席 + 2人用円テーブル2×17 + 8人用テーブルx1



プルーカフェ 看板

店に入ると小さな円いテーブルが多数、
店の中央に少し大きめのテーブル。
テンポの良い軽いジャズが流れる店内。

窓側の一つの席に腰を下ろそうとイスに手を掛けると
背後で「こちらでお願いします。」と女性店員の声。
こんなに空いているのに?と思いながら振り返ると
その女性はレジに立っている。

前払い制であることに気が付く。

ほぃほぃとレジに向かい「山形の…」と言いかけると
「山形水ラーメン(800円)ですねぇ。」と。
「あぁ、それそれ。」
「御一緒にお飲物は如何ですか?」と。
メニューを見ると+100円でドリンク付きとある。
ふ~ん。( ̄▽ ̄)
この暑さだ、ICEコーヒーでも飲んでおこうかと
「じゃぁICEコーヒー。」
「大盛りは如何ですか?」とメニューに「大盛+100円」と書かれた部分を指さす。
「いや、普通で。」お願いする。
商売上手なお姉ちゃんだ。
あの笑顔に負けるところだった。(笑)
ただ、大盛りにして失敗するのだけは避けたかった。(笑)

先程手を掛けたイスのある席に戻ると
水の入ったコップが置かれている。
Σ( ̄□ ̄;) 誰だ!?(笑)
これだけ小さいテーブルが沢山あって
私が座ろうとしていた席に
きちんと水が置かれていたので少しびっくり。
( ̄ー ̄;)

先に頼んだICEコーヒーが登場する。

プルーカフェ アイスコーヒー

ミルクだけを入れて外を眺める。
あづい。(ー。ー;)

少しするとサラリーマンおじさんが
入ってきて席に座るやいなや「山形水ラーメン単品。」
と注文を告げる。
常連かぁ?精算は?なんて思っていたんですが
私が食べている最中に、そのおじさんの注文した品が出てきて
その時にお金を払っていました。
「山形水ラーメン」は人気のようですね。

しばらく待っていると私の「山形水ラーメン」が登場。

プルーカフェ 山形水ラーメン

これですか。( ̄▽ ̄)
中央に出汁色をした『氷』。
葱、ミツバ、メンマ、固茹で気味の味玉半分
固めのチャーシューが載っている。
冷たいスープなので柔らかになるはずのない固めの
チャーシューは一寸塩気が強めかな。
ミツバは食べている時に、スキッとした良い香りの
アクセントになっている。

この氷。

プルーカフェ 山形水ラーメン(氷)

出汁が凍っているんだろうなぁ。
何の出汁さ?とレンゲを添えて箸で突っつく。
そう簡単には砕けやしない。(笑)
少し考える...。
パクッといくのはちょっと...と思いながらも
レンゲの上にのせて角を囓ってみる。

Σ( ̄o ̄;)

煮干し!
しっかり煮干し!
煮干しだぁ!ヾ(^0^)〃
凄く煮干しの香りが強い。
良ーく見ると、僅かに煮干しのキラキラも浮いている。
( ̄▽ ̄)
凄いなぁ。
で、スープをレンゲで頂いてみる。

プルーカフェ 山形水ラーメン(スープ)

脂の分離が想像していた以上に少ない。
少しまとわりつくような感じはあるが
問題ない。( ̄▽ ̄)
諄くなく、煮干しの香りが充分に楽しめ
塩っぱ過ぎない冷え冷えの醤油味のスープ。
普段は煮干しというと温かいスープをイメージするが
このラーメンは違う。
煮干しでこの冷え冷えは、なかなか面白い。
しっかりと煮干しの香りが良い。
少し胃も驚いているように感じられる。

麺を引きずり出してみる。

プルーカフェ 山形水ラーメン(麺)

平打ち縮れ麺。
茹でた後にしっかりと水で締められたことは間違いないだろう。
更にこの冷たいスープで麺が、キリッと締まっている。
ムチッと固めにも感じられる食感で旨い。

おぉ、麺は完食。

スープには、食べ始めに中央にあった氷が
まだ溶けずに浮いている。
なかなか面白く、美味しい一杯だった。

御馳走様でした。

店を後にして日比谷駅まで歩いたが、
このラーメンで体がクールダウンしてせいか
意外に涼しく歩けた。( ̄▽ ̄)

お試しあれ。


「らあめん花月 嵐 火の国ラーメン マーくん」

2008/08/23 19:36|埼玉県TB:0CM:0
期間限定モノらしいので
家族のリクエストに応えて(?)の訪問。

携帯に「ラーメン食べに行きたい。」というメールが入り、
急に家族でラーメン食べられる店...。

あまりにも急だったのでコチラ。(笑)

花月嵐

チェーン店ということで住所などの詳細情報は
割愛させて頂きます。<(_ _)>
と言うより、私の所在がばれてしまわないように...(笑)

私が注文したのは、店の外に幟が上がっていたこちらの品。
予想通りのマー油。
子供らに食べると「ニンニク臭くなるぞ。」と言うと
注文するのをやめていた。(笑)

花月嵐 火の国ラーメン マーくん(メニュー)

大盛りは出来ないとのこと。
う~む残念。

しばらく待っていると
『火の国ラーメン マーくん』が登場。

花月嵐 火の国ラーメン マーくん

ほほぉ~。( ̄▽ ̄)
トッピングはシャキシャキのモヤシ、青葱
薄目で丁度良い歯応えの豚ロースが1枚。
表層に良い感じでマー油が広がっていて
少し膜が張っているところもある。

先ずは麺を引きずり出す。

花月嵐 火の国ラーメン マーくん(麺)

ストレート細麺。
加水率が低そうな麺のようだが、
少し茹でに時間を掛けすぎでは?
ちょっと柔らか過ぎになってしまっている。
ちょっと残念。
固めの指定とかできるのかなぁ?

で、スープを。

花月嵐 火の国ラーメン マーくん(スープ)

薄茶濁したスープ表層をマー油が覆っている。
レンゲで表層を弄ると膜が張っているのが解る。
マー油の芳ばしい香りが堪らない。
レンゲで掬って一口啜ってみる。
動物の臭みは無く、マイルドな口当たりで旨い。
ヾ(^0^)〃
動物の旨味が出ていてトロミも感じられる。
なかなか良いスープに出来ている。

スープはなかなか良いんじゃない?
けど麺がなぁ...。
固めで注文してみれば良かったなぁ。(笑)

御馳走様でした。
また新作が出たら頂きに来ます。


「風来居」@新宿区西新宿

2008/08/23 12:18|東京都新宿区TB:0CM:0
山頭火系のお店を訪問。
以前、大宮のラーメン店が集うビルがあり、
「七福神」って言ったかなぁ?
そこに入っていた「風来居」を訪問したことがある。
この新宿にあるお店が本店になるのかな?

風来居
「風来居」
  住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-19-18 セドール新宿1F
  電話番号 03-3368-3223
  営業時間 11:00~17:00 ※スープ終了まで
  定休日 日
  座席数 カウンター12席


風来居 看板

券売機があり、「しおらーめん 700円」を購入。
カウンターの空き席にコシを下ろして食券を提出。

しばらく待つ。

出てきたのは山頭火を思わせる一杯。

風来居 しおらーめん

チャーシュー、キクラゲ、刻み葱、メンマが飾られ、
上から白胡麻がパッと振り掛けられている。
メンマは細めの食感の良いメンマ。
チャーシューは濃すぎない程度に味付けが施され
柔らかで濃厚な味わいの豚バラが2枚ほど。

風来居 しおらーめん(チャーシュー)

厚みもあり充分に旨い。

麺箱には『小林製麺』の文字。
麺を引きずり出してみる。

風来居 しおらーめん(麺)

固めにも感じられる中細の麺でコシがしっかりしている。
これは旨い。ヾ(^0^)〃
中太のプリンプリンかなぁと想像していたが
全然、良い方向に違っていて旨い。

風来居 しおらーめん(スープ)

山頭火同様、臭みは感じられない。
粘度は高くないが、動物の旨味が充分に出た
コクのある白濁したスープ。
塩加減も丁度良く、何回も掬って飲んでしまう。
( ̄▽ ̄)

帰りに「御馳走様」と告げると
「いってらっしゃ~ぃ。」と返される。

御馳走様でした。


「さいたま屋 板橋店」@板橋区板橋

2008/08/22 20:22|東京都板橋区TB:0CM:0
確か、西武池袋線「練馬駅」の近くにもあったなぁ。

看板に大盛まで同額である事が記されていて
お腹を空かせた子ヤギ(私)は...(笑)

食べたことがないから入ってみよう。(笑)

さいたま屋 板橋店

「さいたま屋 板橋店」
  住所 東京都板橋区板橋1-51-4
  電話番号 03-6780-3626
  営業時間 平日 11:00~29:00
          土 11:00~29:00
  定休日 日
  座席数 カウンター13席


さいたま屋 板橋店 立て看板

窓に向かった席は3人組が和気藹々と食べている。
厨房に面したカウンター席には1名。

先ずは券売機で「つけめん大盛400g 680円」を購入。

空いている席に座り食券を提示。

しばらく待つ。

じゃ~ん。

さいたま屋 板橋店 つけめん大盛

う~む。
麺は充分に多い。( ̄▽ ̄)
麺の皿に海苔、固茹で玉子が半分、
チャーシューが載る。

つけ汁の中には箸休め的ななると、
メンマが沈み、刻み葱が浮く。

さて、麺を啜ってみると
ツルツルと啜り易く弾力のある麺。

さいたま屋 板橋店 つけめん大盛(麺)

小麦の香りはあまり感じられなかったが
食感とボリュームが良いですね。

つけ汁には木目の細かい節粉が投入されたようで
表層にサラッと浮いているのが解る。

さいたま屋 板橋店 つけめん大盛(つけ汁)

粘度は感じられずサラッとしていて
甘すぎず、塩っぱすぎず、柔らかめの酸味があり、
辛味は感じられない、丸味のある味わい。

パンチが欲しいところだが、
この価格でこの量を提供しているのだから
文句は言えないなぁ。

御馳走様でした。


「麺屋大斗 神田店」@千代田区鍛冶町

2008/08/22 12:36|東京都千代田区TB:0CM:0
最寄り駅は「神田駅」。
大勝軒系のお店。
池袋の「七福神」で修行なさったとか。
さぁ、入店です。

麺屋大斗 神田店
「麺屋大斗 神田店」
  住所 〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町1-2-13
  電話番号 03-5294-6110
  営業時間 平日 11:00~23:00
         祝日 11:00~15:00
  定休日 日
  座席数 カウンター9席(1F) + テーブル12席(2F)


麺屋大斗 神田店 立て看板

1Fのカウンター席には4名の先客。
券売機で「もりそば 680円」のボタンを押す。

食券を渡して席に座りしばらく待つ。

初めに出てきたのは麺の入った丼。
大きいような気がする。(笑)
それに比べてつけ汁の丼は小さめな感じ。

麺屋大斗 神田店 もりそば

麺だけをスルスル啜る。
薄黄色いストレートの太麺。
麺同士があまり絡まずスルスルと持ち上がり
パスタのような麺だと言う人もいる。
少し固めにも感じられるが良いコシ。

麺屋大斗 神田店 もりそば(麺)

私としては、大勝軒系でも『七福神』や『麺屋ごとう』の
麺の固さなら好みであり、この麺はその系統のようだ。

つけ汁は『大勝軒』や『七福神』の少し透き通ったタイプではなく、
濁った茶色で粘度は高くないつけ汁。

麺屋大斗 神田店 もりそば(つけ汁)

節系の香りが良い感じで鼻を擽ってくる。
酸味は控え目、その次に甘味が出ている感じで
しつこくなく旨い。
注文時に「酢多め」と頼んでいたお客がいたが
大勝軒系の酸味に比べて控え目な感じはする。

丼の表層には刻み葱、横にへばり付いている海苔
丼の底には少し甘めな味付けのメンマ、豚ロースのチャーシュー
なるとが沈んでいる。

麺屋大斗 神田店 もりそば(具)

中に入っている具は大勝軒とほぼ一緒。

中盛でも結構なボリューム。
満腹です。
御馳走様でした。


「背脂醤油 のあ」@千代田区神田神保町

2008/08/21 20:12|東京都千代田区TB:0CM:0
渋谷にあった頃に行ったことがあり
あまりにも大きなチャーシューが載っていて
驚いたのを覚えている。
その後、渋谷にあった店を閉店し
しばらく時間があってから神保町で『とんかつ のあ吉』
として営業し、トンカツを提供する店となる。
少し前までは特定の日だけラーメンを提供していたが
最近では夜の部をラーメン提供としているようだ。
そろそろ落ち着いた頃だろうとこの時期に伺う事にした。

背脂醤油のあ 看板
「背脂醤油 のあ」
  住所 東京都千代田区神田神保町1-6 樋谷ビル3F
  電話番号 ?
  営業時間 18:00~21:00
  定休日 不定休
  座席数 カウンター11席 + 14人用テーブルx1



背脂醤油のあ のあ吉の看板

ビルの3Fにあり、店へ通じる階段は靖国通りに面している。
エレベーターに乗って3Fまで上がると
券売機が置かれていてる。
このフロアの店舗は『のあ吉』のみのようで
券売機と照明と鏡張りのドア。
お目当ては「つけ麺(渋谷型)大盛440g 800円」。

麺の量は並(220g)・中(330g)・大(440g)同額で
それぞれボタンが並んでいて、もちろん大盛をチョイス。

もしかしてマジックミラーではなかろうか?
と思わせる鏡張りのドアを開けるとカウンター席が目の前に。
ドアはマジックミラーではなかった。(笑)

先客は2名。
後に食事している間に後客が3名ほど増える。

食券を出してカウンターに座ると店主が
「お水がセルフになってまして後ろの方に用意しております。」と
丁寧に案内してくれる。

後ろの方にある大きなテーブルの近くに冷水器が用意されていて
コップに水を注ぎ席へ戻る。

カウンターには自家製のキムチも置かれていて
以前お店が渋谷にあった時と変わらず...。

このカウンターの柄。
渋谷にあったカウンターの柄と同じ...。
綺麗だが使い込まれた感じ...。
まさか渋谷のカウンターの上だけ流用しているとか?(笑)

気になって家に帰って来て以前撮った画像を調べたら
同じ柄のようだ。(笑)

あのカウンターに思い入れでもあるのかなぁ...。
まぁ確かに良い感じの柄ではある。

ザザーーーッ!と音が聞こえて
そちらに目をやると茹でた麺を水で締めている。
と言うより、高速で噴射される水で洗浄しているように見える。
へ~。( ̄▽ ̄)

麺が出されて少ししてからつけ汁が出される。

背脂醤油のあ つけ麺[渋谷型]大盛

440g。
見た目にもしっかりボリュームを感じる。

麺が中太の平打ち気味の麺。
想像していたのは太麺だったので
ちょっと不満に思うが麺だけを啜ってみる。

若干透明感のある薄黄色い軽く縮れた麺で
麺だけを啜るとムチムチッ!と細いながらも
しっかりしたコシ。
おお、これなら良い。
水はしっかり切られていて文句なし。

背脂醤油のあ つけ麺[渋谷型]大盛(麺)

けどラーメンが食べたくなるような麺の太さだなぁ。(笑)

つけ汁の丼には海苔が飾られ
中にはメンマ、刻み葱

背脂醤油のあ つけ麺[渋谷型]大盛(つけ汁)

そしてかなり大きめの豚がゴロッゴロッと入っている。

背脂醤油のあ つけ麺[渋谷型]大盛(豚)

肉は箸で崩れると言うよりは
肉が剥がれるような、裂けるような柔らかさを持っていて
噛んでも丁度良い歯応えがあり
この肉だけでお腹が膨れてくる。

つけ汁は茶濁したそこそこ粘度が感じられるつけ汁で
酸・辛味は感じられず、甘味は出汁から来るモノのみか。
動物系の旨味が充分に出たつけ汁。

麺との絡みは悪くないが、
昨今のつけ汁は絡みが良いのでそれに比べると若干低いかな。

比較的つけ汁が薄まることなく麺を完食。
お腹一杯頂きました。

今度はラーメンを食べに来ます。

旨かったです。
御馳走様でした。


「笑の家」@港区南麻布

2008/08/21 12:34|東京都港区TB:0CM:0
JR「田町駅」からテクテクと歩く。
途中三田二郎の行列を横目にもめげず、
ひたすら歩く。

店に辿り着く手前に橋があり、
その位置で豚骨臭がしてくる。
凄いなぁ。(笑)

笑の家
「笑の家」
  住所 〒106-0047 東京都港区南麻布2-7-30
  電話番号 03-5439-5277
  営業時間 平日 11:00~27:00
          日 11:00~23:00
  定休日 月
  座席数 カウンター24席


笑の家 看板

店の前に列はなく、店内へサッと入る。
券売機が直ぐ右手にあったので
「ラーメン 700円」の食券を購入。

ふとカウンターを振り返って見ると
入り口に近い席が空いている。

座ろうと進むと「おひとり様ですか?」と遠くから聞かれて
『うん』と頷く。
「奥の方、良いですか?」と。
別にここじゃないと駄目という気持ちは全く無く
快く受け入れ案内される方へ進む。
おぃ、何処まで続くんだ、このカウンター席。(笑)
長過ぎはしないか?(笑)
24席が横にずらーっと並んでいて、案内されたのは
一番奥の席だった。(笑)

まぁ座って食券を出すと
家系ならではの「お好みは御座いますか?」と。
「麺固めで。」と答えしばらく待つ。

その時に初めて店内でジャズが流れているのに
気が付く。
家系でジャズが流れているのは初めてかも。(笑)

丁度昼時なので満席状態。
こんなに混むのかぁ。
凄いなぁ。(笑)

しばらくすると「はい麺固めです。」と
注文したラーメンが登場する。

笑の家 ラーメン

麺の上には家系定番のホウレン草、チャーシュー
海苔3枚。1枚多く重なっていたので4枚。(笑)
ホウレン草はクタクタし過ぎず醤油のスープに合って旨い。

麺を引きずり出してみる。

笑の家 ラーメン(麺)

酒井製麺の太めの平打ち縮れ麺。
薄黄色いムチッとしてコシがあって旨い。
家系だぁ。ヾ(^0^)〃
固めで丁度良い固さ。

スープは言わずと知れた豚骨醤油。

笑の家 ラーメン(スープ)

醤油が立ち過ぎず且つマイルド一歩手前で
ライスが合いスープ。

ライス注文しているお客さんが多い。

豚骨のコクが充分に楽しめ、後味にもしっかり家系が残る。

旨かったぁ。

御馳走様でした。


「カレ吉」@山梨県富士吉田市

2008/08/20 20:16|山梨県TB:0CM:0
3軒目に行こうと決めていたお店はこちら『カレ吉』。
カレーで食べさせてくれるお店。
1軒目が温かいうどん、2軒目が冷たいうどん
3軒目がカレーうどん。

店の前は整備された駐車場。
車を停めて店内へ。

さぁ食べさせてもらおう。(笑)

カレ吉

「カレ吉」
  住所 山梨県富士吉田市下吉田3945-1
  電話番号 0555-22-6607
  営業時間 平日  11:00~15:00、18:00~22:00
         土日祝 11:00~22:00
  定休日 火


こちらも席に伝票が置かれている。
注文品を自分で書き込んで、おばちゃんに渡すようだ。

カレ吉 メニュー

吉田うどんは安いのも一つの自慢となっているようだが
まぁまぁリーズナブルな価格といった感じ。
「鳥カレーうどん 600円」を書き込み
おばちゃんのところへ持って行く。

席に戻ってコップに水を注いで待つ。
大学生らしき集団がうどんを食べて盛り上がっている。
学生は夏休みかぁ、良いなぁ...。

しばらくしておばちゃんがうどんを持ってくる。

カレ吉 鳥カレーうどん

ほぉ。
生キャベツの千切りが中央にワサッと盛られている。
その下には鶏モモのスライスが隠れている。

カレ吉 鳥カレーうどん(鳥)

カレーの香りが付いた柔らかい肉で
プリプリと旨い。

スープはサラッとしている。

カレ吉 鳥カレーうどん(スープ)

挽肉が多めに沈んでいて旨味がある。
サラッとしていて幾らでも掬って飲める。
辛すぎず丁度良くスパイシー。

麺を出す。

カレ吉 鳥カレーうどん(麺)

白く長いうどんが出てくる。
うっすらカレー色に染まっている。
ムチムチッと固めだが『きよちゃん うどん』ほど固くない。
一般受けしそうな固さでカレーとの絡みも良い。
スープとの相性もバッチリだ。

もちろん一般受けしそうな固さと言っても
充分に固さはある。(笑)

うどんを食べ終わった後にライスを入れて食べると
旨いらしいが、さすがにお腹が...。(笑)

旨かったです。
御馳走様でした。

またうどん食べに吉田に来るぞ~、と
高速道路に向かう。


「中華そば マルナカ」@新宿区新小川町

2008/08/20 12:43|東京都新宿区TB:0CM:0
最寄り駅は 都営大江戸線「飯田橋駅」。

知人に聞いてこのラーメン屋さんを訪問。
店の前には『三松屋製麺』の麺箱が積み重ねられている。
あまり知らない製麺所です。
勉強不足ですね...。

中華そば マルナカ
「中華そば マルナカ」
  住所 東京都新宿区新小川町8-4
  電話番号 03-3235-7701
  営業時間 11:00~14:30、18:00~21:00
  定休日 日・祝
  座席数 カウンター15席


中華そば マルナカ のれん

店内にはいると開店時間少し過ぎた時間なので先客はゼロ。
「中華そば550円」を注文して待つ。
カウンターに置かれた何か入っているボトル。

中華そば マルナカ ボトル

気になる。(笑)
何が入っているんだろう。

注文した「中華そば」が意外に早く出てきた。

中華そば マルナカ 中華そば

透き通った醤油スープの中に麺が漂い
その上に刻み葱、チャーシュー、メンマ、海苔が載った
見た目にシンプルな一杯。

麺を上に出す。

中華そば マルナカ 中華そば(麺)

中太縮れ麺で、麺に角が無くツルツルと啜れる。
このツルツル感が良い。
少し驚いたのがコシの良さ。
意外にコシがしっかりとあり、ムチッとした食感が良い。

スープは透明感のある醤油色。

中華そば マルナカ 中華そば(スープ)

あっさりした棘のない優しい味わい。

ここで先程まで気になっていたボトルを開けて
フリフリしてみる。
おぉ、ニンニクチップ。
これが入るとまた違う感じでスープが楽しめる。
時折口に入るニンニクの香りが良いアクセント。

このコストパフォーマンスで続けて
頑張って欲しいですね。

御馳走様でした。


「きよちゃん うどん」@山梨県富士吉田市

2008/08/19 20:33|山梨県TB:0CM:0
吉田うどんの2軒目に選んだお店がこちら。
1軒目の『たかちゃん うどん』から
車で5分くらいかな?
途中数軒の店を見かけたが
こちらの店は「吉田うどんらしさがある」と書き込みがあったので
問答無用でこちらに向かう。(笑)

「あった、あった。」

店の名前が見当たらないが
場所的にはここで間違いない。(笑)

きよちゃんうどん

「きよちゃん うどん」
  住所 山梨県富士吉田市小明見4140
  電話番号 0555-24-1345
  営業時間 11:30~14:00
  定休日 木


店内には靴を脱がずに座れるテーブル席と
座敷のテーブルが数卓。
ほとんどが座敷。

もちろん私も座敷に上がる。
テーブルに用紙があり『冷やし』が目にとまる。
※今度は用紙があることを予測していたのできちんと用紙に記入。
値段が書かれたいないが、そう高くないだろう。
『冷やし』にチェックを入れて厨房のおばちゃんに渡す。
おっと、厨房の下に貼り紙があり
『冷やし600円』と。
1軒目の店に比べると高いなぁ。(笑)
まぁ、座って待つことに。

店内に店名を探すが...。
あるのは「きよちゃんへ」宛の誰が書いたか解らない
サイン色紙。(笑)
店名が解るのはこれくらいかな。

ここでもテレビの電源が入り何か流れている。
別に普通の番組なんだが興味が湧かない。(笑)

店は半分くらいの席が埋まっている。
近くの作業員らしき男衆。家族連れ。
窓や戸は開けっ放しでオープン。
何とものんびりした店内。

しばらくして『冷やし』の登場。

きよちゃんうどん 冷やし

麺の上には天カス、刻まれたキャベツ、ワカメ
茹で玉子半分、薄切りの牛肉、黒胡麻がパッと掛かっている。
牛肉は塩がキリッと利いていて、まずまずの味わい。
キャベツは生のシャキシャキした食感のある千切りが載る。

うどんを引っ張り出す。

きよちゃんうどん 冷やし(麺)

長い!(笑)
おまけに棒のように角がしっかり残り
固めな感じ。
ムチムチ!と固めだ。
私好みである。色は白と言うより濃い感じの白。
クリーム色に近いのかな。
旨い。ヾ(^0^)〃

皿の底にある汁には透明感があり
塩味のあっさりした味わいで旨い。
けどこの麺の歯応えは感動モノ。
麺の上に載っていた天カスがこれまた旨い。
刻まれた玉葱を揚げたようで芳ばしい香り。
麺と一緒に食べて旨い。
浸っている塩加減も丁度良い。

マジで旨かった。
御馳走様でした。

600円のお会計を済ませて次のお店へ向かう。

次のお店は日曜は通し営業なので充分に時間がある。
ちょっと腹ごなしの運動をしてから。(笑)


「麒麟」@渋谷区代々木

2008/08/19 12:28|東京都渋谷区TB:0CM:0
「代々木駅」から少し離れていて
最寄り駅は「南新宿駅」。
私は「代々木駅」から。(笑)
お店は地下にあるが、通りから看板も見えて
意外に分かり易い気がする。

麒麟 看板
「麒麟」
  住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-52-5
  電話番号 03-3299-4351
  営業時間 11:00~22:00
  定休日 日
  座席数 カウンター9席 + 4人用テーブルx3


麒麟

こちらは家系。
系図なるものが入り口にあった。

麒麟 系図

「どうくつ家」って吉祥寺のお店かな?
確か吉祥寺ではかなりの人気店らしいが
私は残念ながらまだ行ったことがない。
この前の日曜に行こうと考えていたのだが
日曜が定休と知って行くのは断念。(笑)
「どうくつ家」出身なんだぁ。
近いうちに行くべきだなぁ...。

『骨3倍スープ』と大きく書かれた看板があり、
それを横目に階段をトットッと下りると入り口に券売機。
「ラーメン 600円」を購入して店内へ。

麒麟 食券

カウンター席にバラで2名の先客。

食券を渡すと
「お好みありますかぁ?」と元気に聞かれ
「固めで。」とお願いする。

しばらくしてラーメンが登場。
固めのせいもあってか早い提供。

麒麟 ラーメン

家系定番の海苔、ホウレン草、チャーシュー。
ホウレン草は少しクタッとしているが
丁度良い感じでスープを吸い旨い。
チャーシュー、豚肩ロースかな。
食感がプリンとしていて旨い。
噛むことで肉の香りが鼻腔を通過。
良い肉の香りで○。
計算されてのことだろうか。(笑)

麺を出してみる。

麒麟 ラーメン(麺)

家系でよく見られる薄黄色い平打ち気味の麺。
コシがしっかりムチッとあり旨い。

スープは少し特有の豚骨臭がする。

麒麟 ラーメン(スープ)

『骨3倍スープ』と看板を掲げるだけあって
粘度もあり、醤油加減が丁度良くマイルドに近く旨い。

旨かったです。
御馳走様でした。


「たかちゃん うどん」@山梨県富士吉田市

2008/08/18 20:03|山梨県TB:0CM:2
日曜は富士吉田まで足を伸ばして「うどん行脚」。(笑)
合計3軒。うどん好きな方に言わせたら
「まだまだ~。」と言われそうですが
まぁ今日から明後日まで夜は3軒分の報告を。

「『吉田うどん』は旨い。」と言われ、
じゃぁ、うどんを食べてやるぅ~と調べて
先ずは一軒目に選んだのがこの「たかちゃん うどん」。

この道を入って行くの?

たかちゃんうどん への道

車を停めて徒歩で向かう。
進むと田んぼ。

たかちゃんうどん への道②

「長閑」の一言。

たかちゃんうどん への道③
たかちゃんうどん への道④

この下潜っていくんだよなぁ...。
確かにこの道以外には無かったように見えた。
こっちで間違っていないよなぁ?
と進むと看板が。

たかちゃんうどん への道⑤

てくてくと進む。
「あった!」
ホッとした。(笑)

たかちゃんうどん

「たかちゃん うどん」
住所 山梨県富士吉田市上暮地2295-3
電話番号 0555-24-3146
営業時間 10:30~14:00
定休日 木
このサイトで位置確認。

たかちゃんうどん 看板

こんな所にうどん屋あるの?
みたいなテレビ番組を見たことがあったが。
ここもそれに近いような気がする。(笑)

プレハブのようなお店で
店の前は砂利の駐車スペース。
山梨ナンバーの車が数台、川崎ナンバーの車が1台停まっている。

入り口で靴を脱ぎ入店する。
右手にある厨房でせっせと働くおばちゃん。

座敷に大きなテーブルが数卓。
注文の仕方が解らなかったので
丁度厨房の前にいた私は、おばちゃんに
「肉うどん(350円)ひとつ」を告げ、
これまた勝手に前会計と思い込み、千円札を渡す。
「はい、どうもぉ。今持って行きますねぇ。」と
お釣りをよこす。
それにしても350円とは安い。( ̄▽ ̄)

お客の座っていない空いたテーブルに向かって座る。
テーブルには天カスの入った容器があり...
Σ( ̄ー ̄;)
注文に使うと思われる用紙が。(笑)

たかちゃんうどん 注文用紙

これに書いて注文するんだったのかぁ。(笑)
けど安いなぁ...。(笑)

テレビで流れる番組に目をやるが、何とも言えない
このまったりした雰囲気にひたり、ただぼんやりと待つ。
暑いが何だか許せる空気なんだなぁ...。(笑)

しばらくすると「肉うどん」が登場する。

たかちゃんうどん 肉うどん

ほぉ、これが吉田うどんなのですねぇ。
初体験です。(笑)
吉田うどんにはなくてはならないのがキャベツだとか。
ボイルされたキャベツがきちんと載っている。

肉うどんなので肉も。
牛肉のようだ。
ほんのり甘辛な味わいで
丁度良い歯応えがありなかなか旨い。

うどんを引きずり出す。

たかちゃんうどん 肉うどん(麺)

あまり長さはなく短めで太さが不均一な
白い麺はムチッ!モチッ!と固めにも感じられる
歯応えがある。
これは旨い。ヾ(^0^)〃
短めだったのはこのお店だけなのかな?

スープを啜ってみる。

たかちゃんうどん 肉うどん(スープ)

ほんのり味噌の香りがするスープで
サラッとした優しい味わい。
しつこさのないあっさりした味わいで旨い。

完食!(笑)

食べ終わった丼を厨房に持って行き
店を後にする。

来た道を戻り、次の店を目指す。


「札幌 味噌や」@千代田区神保町

2008/08/18 12:42|東京都千代田区TB:0CM:0
店の外にはみ出そうな感じで待ち客が2名。
その後ろに連結する。

以前から気になっていたお店の内の一つ。
札幌出身の私を満足させてもらえるのか心配で
店の前を通ってはいたけど、なかなか入れなかった。

今日は打ち合わせが近くであったので、意を決する。(笑)

札幌 味噌や
「札幌 味噌や」
  住所 東京都千代田区神保町1-4
  電話番号 03-3294-1058
  営業時間 平 日  11:00~27:30
         土日祝 11:00~21:30
  定休日 無休
  座席数 カウンター14席


札幌 味噌や 看板

いやぁ大げさだと言われるのはわれるが
札幌の味噌で何度も騙された事があるから。(笑)
だから関東で味噌味食べないのかも。(笑)
『今は旅に出ている一条の○○さんも東京で味噌の旨い店は少ないと言ってたし』((笑)
前の2人案内され、続けて私も入店。
カウンター席に案内され「味噌らーめん(700円)一つ」と伝えると
「無料ですがライス付けますか?」と聞かれる。
ランチタイムのサービスなのかな。
一応、丁寧に断ってしばらく待つ。

お待たせしましたぁ、とカウンター高台に置かれた
「味噌らーめん」は、想像していたシルエットとは
少し異なり、野菜の山が出来ている。(笑)
マシマシサイズではないが、軽く山。(笑)
目の錯覚?いや、違う。良い盛ですよ。(笑)

札幌 味噌や 味噌らーめん

盛られた野菜を突っついてみると
大半がモヤシで、中に細切りのニンジンと
細切りのキクラゲと細切りのキャベツが
気持ち程度混じっている。
野菜はあっつあつ。ヾ(^0^)〃

野菜の山に添えられたチャーシューは3枚。
余計な脂身をカットされた大きめの豚バラが1枚と
巻かれたチャーシューが2枚。

共に見た目、切り置きされた感じのチャーシューだが
スープに浸って直ぐに温まり
噛むと濃厚な香りが鼻腔を通過する旨さ。
なかなかやるじゃないのさ。
うまいっしょや。

店の入り口に西山の麺箱が重ねられ、
幟には北海道直送と書かれていたので
西山を満喫できることを期待して麺を引きずり出してみる。

札幌 味噌や 味噌らーめん(麺)

黄色濃い若干透明感のあ中太縮れ麺。
縮れが細かく、食べ終わるまでしっかり保たれる
コシの良さ。
これでしょ、これ。ヾ(^0^)〃

熱々の野菜を頂きながらスープも。

札幌 味噌や 味噌らーめん(スープ)

白味噌っぽい色合い。
私好みの味噌色です。(笑)

ラード層は無いが熱々のスープ。
味噌の香りよく程良い甘塩っぱさ。
ザラッとはしているが粘度は高くない。
旨い。
レンゲで何度も掬ってしまう。
スープも文句なしで旨い。

札幌の味噌と言っても問題ない。
看板に偽り無し!(笑)

お会計を済ませ外に出ようとすると
入り口には数人の待ち。

旨かったです。
御馳走様でした。


「ら~麺 楓」@八王子市大和田

2008/08/16 16:30|東京都八王子市TB:0CM:0
無化調の豚骨魚介のラーメンを食べさせてくれるお店。
以前訪問した『らーめん隼』の系列店。

ら~麺 楓
「ら~麺 楓」
  住所 〒192-0045 東京都八王子市大和田町5-10-1
  電話番号 042-646-6068
  営業時間 11:00~23:00 ※スープ切れ終了
  定休日 日
  座席数 カウンター12席 + 4人用テーブル×1


ら~麺 楓 看板

入店して先ずは食券を購入。
購入した食券は「楓麺680円」+「大盛100円」。
そう、お腹が減っていたので大盛りです。(笑)

しばらく待っていると注文した品が出てくる。

ら~麺 楓 楓麺

麺の上には白髪葱にミツバ、細めのメンマと
大きめのチャーシューが載る。
チャーシューは柔らかく旨い豚バラ巻。
白髪葱は香りが良い。

スープは茶濁した節系の香りがするスープ。

ら~麺 楓 楓麺(スープ)

幕が軽く張っていて
レンゲで掬うと丁度良い感じの粘度が感じられる。
一口啜ると塩加減が丁度良く
豚骨の旨味がしっかりと感じられるスープで
節系の香りが良い。
魚介のエグミなどの雑味は感じられず
濃厚な、マイルドなスープで旨い。ヾ(^0^)〃

麺は太麺が具材の下に。

ら~麺 楓 楓麺(麺)

透明感のない薄黄色いウェーブ掛かる太麺で
固さは感じられないがモチモチと旨い麺。
店内にお好みに合わせられる事が書かれていたので
麺を固めにして頼んだ方が私好みかな。

レンゲはスープを掬いづらい形状だったが
ほとんど頂いてしまった。(笑)
旨かったぁ。

このお店は接客も丁寧でなかなか好印象ですね。
また来ようと思う。

御馳走様でした。


「らーめん大 本郷店」@文京区本郷

2008/08/15 20:56|東京都文京区TB:0CM:3
店内を覗くと丁度1席が空いている。

らーめん大 本郷店

「らーめん大 本郷店」
  住所 東京都文京区本郷3-28-13
  電話番号 03-3816-6220
  営業時間 平日 11:00~24:30
          日 11:00~22:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター8席


らーめん大 本郷店 テント

入店して券売機の前に立つ。
千円札を投入してぽち!ぽち!ぽちっ!
と3つのボタンを押す。
水色のプラ券「塩らーめん600円」
白色のプラ券「大盛100円」
茶色のプラ券「こま切れ豚70円」を購入。

席に向かって高台にプラ券を並べると
「トッピングは?」と聞かれて
「ヤサイマシマシ」と告げてセルフの水を取りに行く。

席に戻ってしば~らく待っていると
豪快に野菜を盛っているのが見える。
私のかな?

そのようでした。(笑)

らーめん大 本郷店 塩らーめん+大盛+こま切れ豚

豪快に盛られたやさ~ぃ。
キャベツを含むモヤシの山。
さぁ食べましょう。
こま切れの豚は何処にあるか解らない。
きっとこのヤサイの下敷きになっているのだろう。
茹で加減は丁度良く、キャベツの含まれる量も意外に多い。
少し塩味が効いている部分があり
サクサクとヤサイを摂取する。(笑)

ヤサイの山が無くなりかけた頃
その下に隠れていたこま切れ豚が顔を出す。

らーめん大 本郷店 塩らーめん(こま切れ豚)

小ぶりな柔らかいチャーシューも出てくる。

らーめん大 本郷店 塩らーめん(チャーシュー)

柔らかな豚肩ロース。
旨い。ヾ(^0^)〃

縮れの細かいブリブリした太麺が顔を出す。

らーめん大 本郷店 塩らーめん(麺)

薄小麦色の太麺。
ムギュッとまで固さは無いが
弾力のあるコシでワシワシと啜れて旨い。
ヾ(^0^)〃
大盛りだけあって、さすがに麺の量もバッチリ。(笑)

スープは塩のはずだが、薄く茶っぽい色。

らーめん大 本郷店 塩らーめん(スープ)

背脂が軽く浮き、粘度が感じられないスープで
サラッとしている。
色からして醤油を思わせるが、醤油より切れを感じる。
動物のコクが感じられて旨い。

もう少し『塩!』のインパクトが欲しいと思うが
これはこれで旨~い。ヾ(^0^)〃

満腹~。
御馳走様でした。<(_ _)>


「中華そば高はし」@千代田区飯田橋

2008/08/15 12:24|東京都千代田区TB:0CM:2
昨日調べておいたお店。
飯田橋の歩道橋を下り、こっちに曲がった方にと
顔を向けた方には行列が...。Σ( ̄□ ̄;)
予想していない行列に少し驚く。
開店前で列んでいるのはサラリーマンズ。
お仕事はぁ?(笑)
たった今開店したばかりで、中にずらずらと入っていくお客達。
私も続こうとしたが、丁度私の前までで満席。(笑)

待ちましょう。

中華そば高はし
「中華そば高はし」
  住所 東京都千代田区飯田橋3-11-30 千代田街ビル1F
  電話番号 03-3239-5274
  営業時間 平日 11:30~14:00、17:00~ 売り切れまで
          土  11:30~ 売り切れまで
  定休日 日・祝
  座席数 カウンター9席


店内は御世辞にも広いとは言えない
カウンター席だけのお店。
初めに5人分が作られ、次に残りの4人分が作られる。
列んでいる間に注文を聞かれ「中華そば700円」を
お願いしておく。

しばらくして1人が食べ終える。
お会計をしにレジ方向に向かう。
精算後、店員さんが後片付けの為に席に向かう。
そのうちもう1人が食べ終わる。
会計にレジに向かって精算、店員さんがまた片付けに席へ、
またお客が食べ終わり…、店員さんが…。
入り込むタイミングが解らない。(笑)
初めに入った5人が全て食べ終わってから声が掛かる。
「どおぞぉ。」と。

半入れ替え制?(笑)
また5人がお店に入ったところで、
あふれたお客に「お声をお掛けしますので。」と店外で
ストップさせた。
声が掛かるまで待っていて正解だったようだ。(笑)

で、案内される通りに席に座り
注文した品を待つ。

目の前には色んな物が投入されグツグツしているスープの入った寸胴。
私の所からは店主の華麗な湯切りが見ることが可能。
まぁだいたいの席からは見えます。(笑)
麺ザルを片手でリズミカルに扱い
鮮やかにスープの入った丼に麺が投入される。
大きめのチャーシューが載せられ
刻まれた青葱が多量に盛られ
中央にメンマがワサッと載せられ
海苔が各丼にトン、トン、トン、と載せられていく。

「中華そばぁ」と手渡される。

中華そば高はし 中華そば

人数分の麺を茹でたお湯は捨てられる。
また新しいお湯で麺が茹でられるようだ。
感心。( ̄▽ ̄)

麺の上にはチャーシュー、青葱、海苔
メンマが載る。
チャーシューは大きめの豚バラ巻。
肉の香りよく旨い。
メンマは少し塩気が強めな感じ。

麺は薄黄色いコシのある中細縮れ麺。

中華そば高はし 中華そば(麺)

縮れが細かい感じの麺だ。

スープは濁りがあり、豚骨の香りがする。

中華そば高はし 中華そば(スープ)

粘度はそこそこあり、塩気がキリッとしていて
動物のコクが感じられ旨い。

お会計を済ませて店を出ようと入り口を見ると
2、3名の待ち。

御馳走様でした。


「つけ麺 紅葉」@国分寺市本町

2008/08/14 20:56|東京都国分寺市TB:0CM:0
国分寺駅近辺での人気店。

いざ入店。

つけ麺紅葉
「つけ麺 紅葉」
  住所 〒185-0012 東京都国分寺市本町2-2-15
  電話番号 042-326-3201
  営業時間 平日11:45~15:00、17:30~23:30
         日祝11:45~21:00 ※ 材料切れ次第終了
  定休日 月
  座 席数 カウンター12席


つけ麺紅葉 看板

店内にはいるとカウンター席は満席で
カウンター席の背後にある待ち席に待ち客3名。
券売機で「つけ麺(並)250g 680円」を購入して
待ち席に座る。
カウンター席に座っている客の半分くらいは
未食状態。
少し回転が悪いのかな?
しばらく待っていると席が空き
前の待ち客がカウンター席へ着く。
待っている間に食券を回収され、好みの麺を聞かれる。
「変わり麺」が気になったが太麺でお願いする。
しばらくして1人客の私が案内される。

座ってからもやはり待ちはあった。(笑)
ちょっと待ったが、ようやく「つけ麺(並)」が登場する。

つけ麺紅葉 つけ麺[並]

先ずは麺から啜ってみる。

つけ麺紅葉 つけ麺[並](麺)

多加水の太麺だが透明感のない薄黄色い麺。
軽くウェーブ掛かる麺でほぼストレートと言っても良い麺で
啜ると小麦の香りが良く、噛めば小麦の甘味も
感じられる麺で旨い。ヾ(^0^)〃

しっかりコシがあり、ムチッと良い食感で旨い。

なかなか旨い自家製麺じゃないですか。
待った甲斐あり。(笑)

つけ汁はよく見かける青い模様の入った丼に入っている。

つけ麺紅葉 つけ麺[並](つけ汁)

丼の縁に海苔が貼り付き、表層に葱が浮き
箸休め的なピンクの渦が可愛いなるとが浮く。
中には塩気がしっかり付いたメンマと
短冊状のチャーシューが沈む。
チャーシューは柔らかく旨いが量は少なめ。
つけ汁自体は節粉が漂い、魚介が香る茶濁したつけ汁。
動物のコクも感じられるが後味にしつこく残る程ではない。
辛味は強くなく、酸味は強すぎず、甘味も強すぎず
バランスが保たれている。
麺との絡みも良く旨い。

隣のお客が食べていた平打ち麺が凄く気になる。
平打ちでも厚みがあるようでストレート感が強いように見えた。
太麺よりも面白そうに見えた。
もちろん、人の丼を凝視するわけにも行かないので。(笑)

最後はスープ割りをお願いする。
スープ割りでかなりサラッとした飲みやすさになって完飲。

旨かったです。
御馳走様でした。


「覆麺」@千代田区神田神保町

2008/08/14 12:25|東京都千代田区TB:0CM:6
なにやら面白い店があると聞いて訪問。
店の前に数人の待ち。
まぁ仕方ないかぁ...と列ぶ。
前のお客が入っていく、入っていく。
あれ、私の前で満席かぁ。(笑)

覆麺
「覆麺」
  住所 東京都千代田区神田神保町2-2-12
  電話番号 ?
  営業時間 11:00~22:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター8席


厨房内には黒マスクと白マスクの二人が作業をしている。
白マスクは汗だくでマスクが汗で顔面にへばり付いている。
夏はマスク辛いだろう...。
黒マスクは目の部分が黒っぽく見えなくなっていて
視線が何処にあるかが解らない。
口元から髭が...。Σ( ̄□ ̄;) あ!
ん???
もしかして...。あの人...。○○氏?!
へ~。こんな所にいたんだぁ。
壁にある言葉からも氏だと言うことを匂わせている。(笑)
( ̄▽ ̄)
なるほどねぇ...。

作業の様子から、私が食にありつけるのは先と思い、
しばしその作業の様子に見入る。
マスクをしないで待っている私が暑いんだから
あの二人はもっと暑いはずだ。
どうせマスクとかするくらいなら
黒塗りにしてサングラス姿でやっても面白いかも。(笑)
「麺 IN BLACK」は如何だろうか。
けどそうなると店名は「覆麺」じゃなくなるなぁ。
やっぱり神保町だからマスクなのかなぁ?(笑)

そんな様子を見ながら食券を。(笑)
丁度入り口を入ったところに
券売機があり「覆麺(醤油)780円」をチョイスして待つ。

覆麺 券売機

4人分ずつ作られていく。
黒マスクが麺茹でなどの主の調理。
白マスクがサポートといったところか。

何とか私の席も空き着席。

4つの丼にスープを投入。
麺の湯切りをテンポ良く行い丼に投入。
白マスクがモヤシのトッピングをした後に、
氏が、いや黒マスクが、出来立ての揚げ葱をトッピング、
その最中に白マスクがメンマを添えて
その白マスクが、チャーシューをスライサーでカットして
チャーシューを載せる。
完成のようだ。

二人は日本語でない言葉を発している事が多い。
黒マスクは特にそれに徹していて
「アンガーラ」という言葉を発している。
白マスクは目が見えて日本人であることが
ハッキリ解られている為か日本語を使う機会が多いようだ。(笑)

楽しい空間であることは間違いない。(笑)

さぁ私の「覆麺」が登場。

覆麺 覆面(正油)
ほほう。
旨そうだ。
麺の上には豚バラ巻チャーシューが2枚、
メンマ、揚げ葱、もやし、ドライの玉葱のチップ?が載る。

揚げ葱の香りが良い。ヾ(^0^)〃
チップは芳ばしく噛むとヤサイの甘味がギュッと感じられる。
チャーシューは箸で持つとホロホロと崩れてしまうので
レンゲの上に載せて頂く。柔らかく旨い。

スープは昆布などの魚介の旨味が出たキレのあるスープで
サッパリしている。
醤油味なのだが、スープは醤油色濃くない。
揚げ葱の香りが広がっていて旨い。

麺を上に出してみる。

覆麺 覆面(正油)スープ

黄色い軽く縮れた中太縮れ麺。
テゥルテゥルッと啜り易いのが特徴。
コシもちゃんとあって旨い。
啜ればスープも上がってきて旨い。
完食。

「御馳走様。」(笑)

「アンガーラ。」

氏が面白い人なのは話して知っているが
まさかここまで。(笑)
いやぁ暑いのに頑張って下さい。
御馳走様でした。


カテゴリー

ぐるーぽん

広告

クーポン げっと~8

クーポン げっと~7

クーポン げっと~6

クーポン げっと~5

他の旨いもん!


リゾート バイト!


拉麺よりも夢を!

旅行と拉麺はセットだぁ!


ホットペッパー

広告








クーポン げっと~4

話題

CocodeVideo

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 |  東京都北区 | 東京都文京区 | 東京都板橋区 | 東京都新宿区 | 東京都中野区 | 東京都豊島区 | 東京都練馬区 | 東京都葛飾区 | 東京都足立区 | 東京都台東区 | 東京都千代田区 | 東京都杉並区 | 東京都渋谷区 | 東京都港区 | 東京都品川区 | 東京都中央区 | 東京都世田谷区 | 東京都目黒区 | 東京都大田区 | 東京都荒川区 | 東京都江東区 | 東京都墨田区 | 東京都江戸川区 | 東京都東久留米市 | 東京都西東京市 | 東京都町田市 | 東京都国分寺市 | 東京都武蔵野市 | 東京都三鷹市 | 東京都府中市 | 東京都調布市 | 東京都福生市 | 東京都東村山市 | 東京都武蔵村山市 | 東京都東大和市 | 東京都小金井市 | 東京都八王子市 | 東京都立川市 | 東京都あきる野市 | 東京都多摩市 | 東京都日野市 | 東京都西多摩郡 | 北海道 | 千葉県 | 埼玉県 | 神奈川県 | 栃木県 | 長野県 | 群馬県 | 茨城県 | 山梨県 | 静岡県 | 宮城県 | 福島県 | 新潟県 | 愛知県 | 福岡県 | 熊本県 | 番外編 | 閉店 | 移転 | ---- | 東京都青梅市 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 麺喰ぃ
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。