1. 無料アクセス解析

拉麺、つけ麺、油そば、焼きそば、二郎、即席麺、食べた麺をアップします。 食べたくなったでしょ!?

麺喰ぃ
http://menworld.blog114.fc2.com/

トリップアドバイザー

ブログ内ラーメン検索

プロフィール

らぅめんち

Author : らぅめんち
麺が大好きです。
今日は美味しい麺を食べました?
また気が向いたらお立寄り下さい。
リンクフリーです。

Calendar

最近のコメント

DMM、CM

お気に入り

価格



車で拉麺!





拉麺でお泊まり!


飛行機で拉麺!


広告


ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

食べたいと思った人

食べたいと思ってる人

現在の閲覧者数:

人気記事ランキング

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「麺工房 隠國 愛川本店」@神奈川県愛甲郡

2009/01/31 14:06|神奈川県TB:0CM:0
ナビに位置をセットしてお店へ向かう。

何とかお店の近くまで来ることができた。
何処にでも有りそうな「らーめん」の幟が道に。
お店は道に面しおらず、ここに在るの?と
脇道へ入る。
真っ直ぐ?

お。Σ( ̄o ̄ )

麺工房 隠国 駐車場へ

舗装されていない砂利道を進むと
あった、あった。

麺工房 隠国

「麺工房 隠國 愛川本店」
  住所 〒243-0301 神奈川県愛甲郡愛川町角田768-9
  電話番号 090-3532-7095
  営業時間 平 日 11:30~14:30
          土  11:30~16:00
         日・祝 11:30~20:00 ※ 材料無くなり次第終了
  定休日 月 ※祝日の場合は翌日
  座席数 カウンター7席 + テーブル10席


麺工房 隠国 看板_

店の横にあった駐車場に車を停めてお店へ。

店内に入ると大きなテーブルが一つと
カウンター席があり、8割程度の先客で埋まっている。
券売機が無いことを確認していると
カウンター席へ案内される。

メニューが出され、塩に目がいく。
塩の大盛りは無いのかぁ...。
「塩らぁ麺(650円)を一つ下さい。」と注文。

厨房内で仕事がテンポ良くこなされていくのが見える。
塩と醤油でタレが異なるのは勿論だが麺も変えている。
ベースになるスープは寸胴からそれぞれの丼へ。
麺により茹で時間も異なり、上手く作業が流れている。

しばらくして私の前に「塩らぁ麺」が登場。

麺工房 隠国 塩らぁ麺

済んだスープの中に麺が泳ぎ
綺麗にトッピングがレイアウトされているように見える。

先ずはスープを。

麺工房 隠国 塩らぁ麺(スープ)

透明度の高い黄金色のスープ。
動物は鶏と豚から採っているのだろうか。
粘度としつこさはなくあっさりとしたスープ。
揚げ葱の香りも良い。

麺工房 隠国 塩らぁ麺(揚げ葱)

野菜や昆布などの旨味だろうか。
なかなか複雑な旨~ぃスープだ。(゚∀゚ )

トッピングは丼の縁に海苔がくっ付き
揚げ葱、クセのない歯触りの良い青菜
細くカットされたスッと整列しているメンマ

麺工房 隠国 塩らぁ麺(メンマ)

丁度同じ長さの白髪葱が一緒に並ぶ。
この白髪葱は意外に香り良い。
小ぶりなチャーシューは固くはないが
ソコソコの歯応えがあり、噛むと旨味が
「じゅうっ」と出てくる。
棘のない塩味のスープの中で邪魔にならない一枚で旨い。

麺を引っぱり出すと緩やかなカーブの細麺が出てくる。

麺工房 隠国 塩らぁ麺(麺)

少し透明感がありコシはソコソコと言ったところか。
大盛りの設定が無いのが何となく分かった。

それにしても済んだスープで、食べ終わるまで
濁らず透き通っている。

旨い一杯だった。

お会計を済ませて店を出る。

御馳走様でした。


スポンサーサイト

「熟成鶏醤油らーめん 上弦の月」@大田区西蒲田

2009/01/30 20:38|東京都大田区TB:0CM:0
看板に偽り有り~!(笑)
「鶏醤油」じゃなくて「豚骨魚介醤油」のお店なんですよね。
店内にもしっかりと貼紙されてますよね。

店の外に数名の待ち。
店内にも列んでいるので、どれくらい待たされるのかは...(笑)

上弦の月

「熟成鶏醤油らーめん 上弦の月」
  住所 東京都大田区西蒲田7-63-9
  電話番号 03-5710-5667
  営業時間 18:00~25:00
  定休日 水・木・土・日・祝
  座席数 カウンター8席+2人用テーブルx1+4人用テーブルx1


店内の4人用のテーブルには家族客。
そろそろ食事を終えそうな雰囲気。
私は券売機の前まで進むことができた。
お金を入れて「ラーメン600円」をプッシュ。
黄色いプラ権がカランと落ちてくる。
表面には金色の文字で『上弦の月』。

「食券をお預かりしま~す。」と。
「固めで。」
「は~ぃ。」
次のお客が「葱増しで。」
その次のお客も「葱増し。」を告げていく。
( ̄ー ̄;) まじかいなぁ~。(笑)

カウンター席の丁度真ん中あたりの角の席は
丸椅子で、カウンター席が空くまでの待ち席となっている。
私も少しの間、そこに座って待つことに。

丁度家族連れが席を立つ。
厨房から出てきたおばちゃんによって片付けられ
その後そのテーブルはカウンター席が空くまでの
待ち席へと変わる。

カウンターにはすりニンニク、豆板醤、紅生姜が用意されている。
家系か?(笑)
いやいや、『豚骨魚介醤油』と壁に貼紙ありますから。(笑)

しばらくして固めで頼んだ私の注文品が高台に置かれる。
大変丁寧な接客、そして笑顔。

上弦の月 らーめん

家系のように大き目の海苔が丼の縁からはみ出て3枚
ホウレン草、ノーマルでも多めに感じられる葱の山
そして1枚ペロンとチャーシューが載っているかと
思ったら葱の下にもわんさかと。( ̄▽ ̄)
これはチャーシュー麺を注文したら
どうなっちゃうんだぁ?と思わせる。(笑)
次に気が付いたのはスープが少ないこと。
箸で麺を丼の中央に寄せてスープをレンゲで頂く。

上弦の月 らーめん(スープ)

スープはあまり熱くない。
濃い茶濁したスープにはかなり多くの背脂。
この箸に纏わり付くのは?と良く見ると節。
これらがトロトロの正体かぁ。( ̄▽ ̄)
浮いている脂も多いが、油も多い。

「スープ多め」と注文したお客がいたが
このスープの量だと、その気持ち納得できるなぁ。(笑)

見た目ほど、醤油濃いとは思わない。
桜海老も浮いていて、昆布やら色んな味わいが充分に出ていて旨い。
少し重めであることは確か。(笑)

麺を持ち上げるとスープが良く絡んでいる。

上弦の月 らーめん(麺)

背油と節が良ーく絡んで少ないスープが更に少なくなっていく。(笑)
麺は店内のお知らせで『大栄食品』の極太平打ち麺となっている。
確かに太く、モチッとしているが固めでお願いした割には
それ程固くはない。
けどスープとの相性はバッチリ。

麺を啜りながらトッピングのチャーシューを頂く。
これがなかなか旨い。ヾ(^0^)〃
多めに入っているのも良いが食感が良い。
柔らかいんだがローストビーフのように肉の繊維質が
感じられる食感が旨い。

麺がほぼ無くなりドロッとした残りのスープに海苔を浸して口へ。
やっぱり家系とは違うか。(笑)
背脂と節を海苔で挟み込み口へ。
けど、これはこれでなかなか面白い味わいだ。

完食。

私にとっては「脂少なめ、スープ多め」がベストなコール
のようだ。(笑)

旨かったです。
御馳走様でした。


「戸越らーめん えにし」@品川区平塚

2009/01/29 21:03|東京都品川区TB:0CM:0
最寄り駅は東急池上線「戸越銀座駅」。
お店は建物の二階。

戸越らーめん えにし

「戸越らーめん えにし」
  住所 〒142-0051 東京都品川区平塚2-18-8 2F
  電話番号 03-3788-5624
  営業時間 平 日 11:30~15:00、17:00~23:00
         土日祝 11:30~20:00
  定休日 月
  座席数 カウンター14席


戸越らーめん えにし 看板

階段を上り二階へ。
ドアを開けるとコの字型のカウンター席に
先客が2人の組客と1人客。
券売機が目に入ったので、その前に進む。
何にしようか悩む。(笑)
醤油、塩、・・・。
普段の私なら塩を選ぶような気がするが
「らーめん(醤油)700円」をチョイス。


券売機のすぐ近くの席が空いていたので
そこに座ろうと席に手を掛けようとしながら
厨房内の店員さんの視線を辿ると彼のいる前の空き席にお冷。

おっと、これは失礼。
ではそちらに、と向かう。(笑)

食券を手渡し、出来上がりを待つ。

メニューはこんな感じで席にも用意されている。

戸越らーめん えにし メニュー

ちょっとトイレにでも行っておくかと席を離れ
急いで用を足して席に戻る。
少し経って品物が出てくる。

戸越らーめん えにし 醤油らーめん

トッピングは、葱、三つ葉、メンマ
大きめのチャーシュー。
メンマはコリコリの食感はまぁまぁな感じ。
チャーシューは大きな豚バラ。
あまり厚みはないので、たたんで口に運ぶ。
脂身の付いている具合も丁度良く肉自身の香りが良く
肉の甘味も感じられて旨い。( ̄▽ ̄)

スープを一口啜る。

戸越らーめん えにし 醤油らーめん(スープ)

魚出汁の酸味が前に出ている。
エグミを感じる程ではなく
さっぱりした味に感じることができる。
豚や鶏の旨味も感じられるがしつこくない。
口が慣れてきて甘味を感じられるようになる。
そこで口に入り込んできた三つ葉。
これが良い香りのアクセント。
和を演出するには◎ですねぇ。

ナイスみつば。(笑)
旨~ぃヾ(^0^)〃

さて麺を。

戸越らーめん えにし 醤油らーめん(麺)

透明感のない中太縮れ麺。
旭川の麺を思い出させるような縮れ形状。
縮れがこまかい。
啜ってみるとムチムチとしっかりコシがある。
これは旨い!

あっさりと動物の旨味と魚介を感じ取れる旨い一杯。

旨かったです。
御馳走様でした。


「さんかく」@豊島区目白

2009/01/28 20:07|東京都豊島区TB:0CM:0
JR山手線「目白駅」。
この駅近辺にはラーメン屋さんが少ない。

コチラのお店は駅から近いが分かりづらい所にある。
駅の北側にある改札を出て左手にあるマクドナルド横の
脇道をコツコツと下り、コンビニのある交差点で
ビジネスホテルの脇の細い坂道を登っていくとある隠れ家的なお店。
立て札が無ければラーメン屋さんとは思わず
通り過ぎてしまいそうだ。

さぁ入店。

さんかく

「さんかく」
  住所 〒171-0031 東京都豊島区目白3-2-14
  電話番号 03-3565-3300
  営業時間 11:00~15:00 17:00~21:00
  定休日 日・祝
  座席数 カウンター9席 + 4人用テーブルx1


さんかく 看板

店内に入るとジャズの音。
2名の先客がL字型のカウンターの一辺に座っていたので
もう一辺の空いた席の一つに座り、店主に「中華そば700円」を
注文する。
先客2名の注文した品と一緒に作り始められる。

しばらくして出来上がってきたのがコチラ。

さんかく 中華そば

トッピングはチャーシュー、メンマ、青葱
三角形の海苔。
メンマは細めでコリッコリの食感で旨い。
チャーシューはプリッと柔らかいロースが半分。

先ずはレンゲでスープを。

さんかく 中華そば(スープ)

醤油色濃くないスープ。
一口啜ると豚の良い香りが良く
粘度が無くあっさりしたスープで
じわ~っと旨味が口に広がっていく。
旨い。ヾ(^0^)〃

次は麺を。

さんかく 中華そば(麺)

若干透明感のある太縮れ麺。
縮れがこまかくぶりぶりしていて
モチモチした食感が良く旨い。
しっかりしたコシで○。ヾ(^0^)〃

旨かったぁ。
先客の注文していたワンタンメンが気になった。(笑)

お会計を済ませて駅へ。
御馳走様でした。


「田中そば店」@足立区保塚町

2009/01/28 13:18|東京都足立区TB:0CM:0
こちらは田中商店の別ブランドとして
年末くらいから営業されているお店。

店主の田中さんが青森出身で、あちらの
旨い一杯を出すために浅草に「つし馬」という
店を出したのは何時だっただろうか。
あの「つし馬」、煮干しの出汁がしっかり出ていて
旨~ぃ一杯を提供していたのを覚えている。

この「田中そば店」の直ぐ近くにある「田中商店」は
夜営業のみ。こちらは昼営業のみ。
商店の駐車場は9台ほどの車が停められるので
車をそちらに停めての訪問。

田中そば店

「田中そば店」
  住所 東京都足立区保塚町1-20
  電話番号 03-3883-4342
  営業時間 11:00~16:00
  定休日 月 ※月曜が祝日の場合火曜
  座席数 カウンター7席 + 4人用テーブル×3


田中そば店 看板

店に入るとカウンターは丁度埋まっていて
テーブル席が空いた状態。
食券を買っている間に空きが出来ないかな?
なんて思いながら券売機で「中華そば650円」を購入。
カランと出てきた黄色いプラ券には金字で「中華そば」。
まだお店も新しいので、出てきたプラ券も綺麗で
傷んでいない。(笑)

やはり空きはしなかった。(笑)
しかたなくテーブル席に着席すると
若い助手が食券を取りに来る。
テーブルにお冷やとコップが用意されていたので
お冷やを注いで待機。

メニューがあったので参考に。

田中そば店 メニュー

しばらく待っているとカウンター席に空きができるが
既にまったりと座っている私には...。(笑)

しばらくして助手が中華そばを持って現れる。

田中そば店 中華そば

丼は小さめで、丼の中央に刻み葱
メンマとチャーシューが3枚載っている。
チャーシューは縁が醤油濃い色で染まり
食べると醤油の芳ばしい香りが鼻を通り
キュッと締まった塩気が旨い。ヾ(^0^)〃

田中そば店 中華そば(チャーシュー)

メンマは甘塩っぱい味付けがしっかり施され
コリコリの食感で旨い。( ゚∀゚)

さてさて、スープを頂こう。
レンゲはテーブル毎にドサッと用意されているので
そちらから一つ取って使う。

田中そば店 中華そば(スープ)

醤油濃くない色合いのスープで
粘度は無くサラッとしていて
あっさりしているけどキレがある。
動物の優しい旨味が感じられるスープだ。
「つし馬」では強烈な煮干し出汁のインパクトがあったが
こちらは主張の強い出汁ではない。

続けて麺を引っぱり出すと、私の中華そばのイメージを
ひっくり返す中太の平打ち麺が現れる。(笑)

田中そば店 中華そば(麺)

好みが分かれそうな麺だが
軽く縮れた薄黄色い平打ちでプリプリと旨い。

麺、スープ、チャーシューと食べ進むと
丼の中のモノが減り、丼の縁に書かれた文字が出てくる。

田中そば店 丼

旨かったです。
御馳走様でした。

帰りも威勢の良い店主の
「ありがとうございましたっ!」が響く。


「麺屋武蔵 武骨」@台東区上野

2009/01/27 20:42|東京都台東区TB:0CM:0
店内は夜8時近いのに数名の待ちが外から見える。
久々の訪問。

麺屋武蔵 武骨

「麺屋武蔵 武骨」
  住所 東京都台東区上野6-7-3
  電話番号 03-3834-6528
  営業時間 11:30~20:30 ※スープがなくなり次第終了
  定休日 無休
  座席数 カウンター11席


麺屋武蔵 武骨 看板

入り口を入って右手に券売機があり
前回も食した「白武骨ら~麺750円」をチョイス。
赤は辛そうだし、黒のイカスミ入りも旨いんだろうけど
ノーマルの白を選択。

出てきた食券を取って振り返ると
1名客の私が先に案内される。
前に列んだ組客に感謝。 ( ̄人 ̄)
厨房内の元気の良い店員さんに食券を渡して
出来上がりを待つ。

しばらくして先に列んでいた組客も席に案内される。
私より前に店員さんに食券を回収されていたようで
出来上がったのは私と同じタイミングで
品出しは組み客の方が一寸早かった。
良いタイミングでの提供。感心、感心。
元気が良く、且つそういった心遣いが良い。

この店の麺の湯切りパフォーマンスもなかなか派手で
私は好きである。
「せいやーっ!」とどすの利いた声で鉄砲ザルが
斜め下に一気に振り、「ヨイッショォ!」の声で
ザルを軽く振り丼に麺を投入する。
麺茹で担当以外の店員が手際よく一気に
トッピングを載せていく。

と私の前に出てきたのがコチラの一杯。
白地の丼に大きく『武骨』と書かれた丼の中に
薄茶濁したスープが満たされ、中を麺が泳ぎ
トッピングが飾られている。

麺屋武蔵 武骨 白武骨ら~麺

トッピングは刻み青葱が多く盛られ
細めに刻まれたキクラゲが和えられたメンマ、
メンマは味は一般的な感じだが、程よいコリコリ感が良い。ヾ(^0^)〃
やっぱり武骨と言えばこの肉の塊でしょう。

麺屋武蔵 武骨 白武骨ら~麺(豚)

分厚~いバラ肉。
厚みは3cm程あるだろうか。
程よい柔らかさで噛むと濃厚な味わいが口に広がる。
肉を喰らっている感が良い。(笑)
脂身が少なく偶々当たりだったのだろうか。
旨い。ヾ(^0^)〃

さてスープを頂く。

麺屋武蔵 武骨 白武骨ら~麺(スープ)

薄茶濁したスープは豚骨特有の匂いが少しあるが
強くはない。
粘度は高くなく、油も強く感じない。
大人しいタイプの豚骨醤油だ。

麺を引っ張り出す。

麺屋武蔵 武骨 白武骨ら~麺(麺)

軽く揺らぎを持ったモッチリした食感の麺。
少し太めで程よいコシが良い。( ̄▽ ̄)

麺屋武蔵の中でも、良い意味で一番動物臭さを感じられる店舗。

旨かったです。
御馳走様でした。


「えるびす 西口店」@豊島区西池袋

2009/01/26 19:56|東京都豊島区TB:0CM:0
丁度店の前を通ると食べ終えたお客が出てきた。
立ち止まろうとした時、後ろから来ていたお客が
私をかわして店に入っていく。
う~む。( ̄▽ ̄)
外から店内を見るとほぼ満席に見える。
ちょっと待てば良いかな、と入店。(笑)
ここは再訪。

えるびす 池袋西口店

「えるびす 西口店」
  住所 東京都豊島区西池袋3-30-2 ロイヤルプラザ1F
  電話番号 03-5396-3445
  営業時間 11:00~24:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター10席


私の前に入ったお客が食券を購入し終わって
席へ案内されていく。
券売機で先ずは「中盛サービス券」をプッシュ!
続けて「つけ麺2号ひやもり 800円」をプッシュ!
食券2枚と釣銭を取って『さてぇ、待つかぁ...。』と思っていると
「こちらへどうぞぉ。」の声。
?( ̄▽ ̄)
一つ空いていたようだ。よしよし。(笑)
食券を渡して席に座ってしばらく待つ。
店内の様子は以前来たときと変わっていない。
普通に小奇麗で特に言うこと無し。

・・・・

高台に丼が置かれ「お待ち遠さまです。」と。
丼が小さかったのでつけ汁かと思ったら
おやおや、麺の丼。
だってレンゲが突き刺さっていたし。( ̄ー ̄;)
続けて出て来たつけ汁の丼も同じサイズ。(笑)

えるびす 池袋西口店 つけ麺2号ひやもり

斜めからの撮影なので丼の大きさが違うように見えるが同じ大きさ。

どれどれぇ~と麺を啜る。

えるびす 池袋西口店 つけ麺2号ひやもり(麺)

色白で透き通りそうなツヤツヤした太麺。
スルスルと啜り易くプり、モチ感のある麺。
水での締めがあまいのか「冷たい!」よりも少し温めに感じられる麺。

つけ汁には節粉の山。

えるびす 池袋西口店 つけ麺2号ひやもり(節粉)

節子はチャーシューの上に載っていて
スープに溶こうと突っつくとチャーシューがバラける。(笑)
チャーシューは柔らか。

丼の中にはメンマと厚めに刻まれた葱。
「よーく掻き回してお召し上がり下さい。」との事だったので
よ~く掻き回す。
節子も良い感じで溶け込んでいく。
表層は少しオイリーだが気になる程ではない。
茶濁したつけ汁に麺を浸して食べてみる。

えるびす 池袋西口店 つけ麺2号ひやもり(つけ汁)

粘度が高くはないがサラッとはしていない。
麺を啜り込むとコクのあるつけ汁がしっかりと上がってくる。
酸味は無く、辛味は丼の下の方に多くあり
ほんのり甘味を感じることができるコクのあるつけ汁。
なかなか旨い。ヾ(^0^)〃

普通に美味しかった。
高台にカツオスープがポットで用意されていて
好みになるように割ってから頂く。

旨かったです。
御馳走様でした。


「麺処 虎鉄」@大田区西蒲田

2009/01/25 20:25|東京都大田区TB:0CM:0
最寄り駅は京浜東北線「蒲田駅」。
コチラのお店は『和鉄』の別ブランド。
入口に「とんこつらーめん」の札。
お店は線路沿いにあるが、店の周りは思ったより静か。(笑)

麺処 虎鉄

「麺処 虎鉄」
  住所 東京都大田区西蒲田7-1-5
  電話番号 03-3733-0595
  営業時間 平 日 11:30~25:00
          日  11:00~24:30
  定休日 無休
  座席数 カウンター9席


麺処 虎鉄 看板

店内に入ると右手側に券売機があり
「ラーメン600円」を購入。
麺の量は並で200gと一般的なお店より少し多め。
大盛りは14:00までサービスで300gだそうだ。
もちろん夜でも大盛り券を購入すれば可能。

空いた席に座って購入した食券を
店主らしき男性に渡す。
目の前に積み重ねられたお冷用のコップを手に取り
水を注ぐ。
しばらくお待ちします。

先客は3名。

厨房内の見える位置に『関屋城南食品』と記された麺箱が
積み重ねられている。

・・・・・

鉄砲ザルの中の麺を掻き混ぜる。
片方の手を鉄砲ザルの取っ手に掛け
もう片方の手をタイマーに掛け麺上げの準備態勢。
ピピピッの音とほぼ同時に麺が上げられ
タイマーも切られる。
ザルをザッザッと振って湯切り。

私の前に現れたのはコチラ。

麺処 虎鉄 ラーメン

ほ~。( ̄▽ ̄)
提供と同時に次回から使えるサービス券を頂く。
トッピングは大き目のチャーシュー、その下に葱と
モヤシキャベツ。少しクタッとしているが私の許容範囲内で
他店で入っている野菜の量より少し多め。
もちろん、二郎と比べると天と地の差だが。(笑)

少しヤサイを食べる。
スープが持ち上がり旨い。
チャーシューは大きく柔らか過ぎず弾力のある
なかなか旨い一枚。

スープを頂こう。

麺処 虎鉄 ラーメン(スープ)

背脂が浮く薄茶濁した豚骨醤油。
マイルドな豚骨醤油だ。
充分に豚骨の旨味が感じられ
醤油の加減が丁度良く旨い。
ヾ(^0^)〃

麺を上の方に出す。

麺処 虎鉄 ラーメン(麺)

薄黄色いストレート太麺が出てくる。
スルッと啜ると、少し粉っぽさのあるモッチリとした
少し固めの麺で香り良く旨い。

気が付けばスープも完飲。
ヾ(^0^)〃
「和鉄」とは全く異なる一杯。

旨かったぁ。
御馳走様でした。


「蓮爾 登戸店」@川崎市多摩区

2009/01/24 14:12|神奈川県TB:0CM:0
「はすみ」と読むそうです。
開店15分前に到着すると10名くらいの待ち客。
おー。( ̄ー ̄;)
寒いけど待ちますよー。(笑)

蓮爾 登戸店

「蓮爾 登戸店」
  住所 神奈川県川崎市多摩区登戸1770
  電話番号 ?
  営業時間 月~金 18:00~24:00
         土・祝  11:00~17:00
  定休日 日
  座席数 カウンター14席


少し待っていると列がずんずんと動き出す。
入口の外に置かれた券売機は、2桁のメニュー番号を
自分で押すタイプで、昔、小金井の二郎で見たのと
同じタイプのように見える。
私の順番が来て、「1」+「1」+「確認」プッシュで
「小ラーメン700円」を購入。

出てきた食券を取って、食券を待っている店員さんに
手渡すと、どうぞぉと空いている席を示される。
お冷やが入口に近い所にあったので、持って席へ。

入口を入って左側に5席、右側に段になって9席が
横方向に並んでいる。
店に1度で入れただけでラッキーかな。(笑)

私は2ロット目だったが意外に回転が良く
気が付けば私の前に列んでいたお客が
コールを聞かれている。

「小ラーメンの方は?」に
「ヤサイマシマシアブラ」でお願いする。
と、出てきたのがコチラ。

蓮爾 登戸店 小ラーメン

良い山ですねぇ。(笑)
山の上にアブラが掛かって来ると思ったら
山の麓に盛られていた。

蓮爾 登戸店 小ラーメン(アブラ)

自分でヤサイに絡めて食べますか。
ヤサイは大半のモヤシと少量のキャベツ。
茹で加減が丁度良くサクサクと旨いが
カラメにした方が良かったかなと思う。
サックサック食べていると、
無いと思っていた豚が見えてきた。
分厚い1cm強はある豚が、カットされて2枚。

蓮爾 登戸店 小ラーメン(豚)

後で食べよう。(笑)
何故ならヤサイが無くなりかけて
チラッと見える麺の太さが気になったから。(笑)
これマジで太いぞぉ。(笑)
幅で1cm弱、厚みは3~4mm、軽く縮れた固めの太麺!!

蓮爾 登戸店 小ラーメン(麺)

「すげ~。」といい年をした私は少し驚いてしまった。(笑)
これがなかなか固めで引っ張り出しづらい。(笑)

ワッシワシの食感だぁ。(゚∀゚ )
うみゃー。

こんなに太い麺を今まで食べた事あったかなぁ…。
少し芯が残るくらいの固さが好きな人には堪らないはず。
アゴが疲れてくる程に固い。
「するするっ!」ではなく、一口分を口に入れて
噛み切る感じで食べ進む。(笑)
ワシワシと食べ進むが、なかなか減らなく焦る。

麺に気を取られて食べ忘れていた豚を一口。
お!Σ( ̄o ̄ )
今まで豚を食べるまでこんなに時間を掛けた事がなかった。
スープで温まってホクッとした食感になって旨くなっている。

どれどれスープは?

蓮爾 登戸店 小ラーメン(スープ)

高台に置かれているレンゲでスープをズズッと。
乳化しているが醤油が前に出ている。
充分すぎる程にコクがあり旨いが
少し塩気が強めかな。少し粘度を感じる程で
旨いことは間違いない。(笑)
麺を啜れず、噛み切りながら食べていたので
丼の底に短くちぎれた麺が沈んでいた。
レンゲで集めて食べて完食。

「うめぇー」と叫びたくなる一杯。
やっと来られたのと、旨かったので達成感があった。(笑)

旨かったぁ。
御馳走様でした。


「つけめん朝日」@新宿区高田馬場

2009/01/23 20:02|閉店TB:0CM:0
ここは出来て間もないお店。
丁度道の反対側に『フジヤマ製麺 高田馬場店』がある。
「勝負!」と言ったところか?(笑)
コチラは安さをウリにしているらしく
白く大きな看板には
“早い うまい 安い”と書かれ
“320円~”というのも少し魅力的。(笑)

つけめん朝日

「つけめん朝日」
  住所 東京都新宿区高田馬場1-4-18
  電話番号 ?
  営業時間 ?
   定休日 ?
  座席数 カウンター14席


店内は明るくコの字型のカウンター。
入り口を入って左側に券売機があり
私の前に入ったお客が食券を購入中。

先客は5名。私と食券を購入していたお客を含めると
お客は計7名。

どれどれと券売機の前に立ち、320円のメニューを探す。
「かけ」がメインのようで、トッピングは別に用意されてる。

私はトッピングを無視して
「つけめん並盛(150g)320円」をチョイス。
まぁ150gなら立ち喰いそば屋さんで
かけそばを食すのと大差ないかな。
320円という価格設定も良い。

食券を取り券売機横の冷水器で
お冷やを取って空いた席へ。

食券を渡してしばらく出来上がりを待つ。
壁にはこのコストを維持するために人件費を削減しているので
カウンターの汚れは引き取って下さいとの事が
貼り紙されている。もちろん、もっと丁寧な言葉で。(笑)

まぁ、それくらいはしましょう。

お、出来上がりが早い。さすが「かけ」。(笑)

つけめん朝日 つけめん

麺とつけ汁のみでシンプル。
丼はプラスチック製で安い音がする。(笑)
まぁ器を食すわけではないので問題なし。( ̄▽ ̄)

先ずは麺を単品で啜る。

つけめん朝日 つけめん(麺)

薄小麦色でスルスル啜れる小麦の香りが良い
軽く縮れた太麺。
もう少しムギュッとした固めの食感が欲しいが
悪くはない。

つけ汁は節粉が漂う茶濁したもの。

つけめん朝日 つけめん(つけ汁)

節系の香りが良く、麺を絡めると動物のコクも
充分に感じられる。
トロミが感じられ、塩加減も悪くない。

このコストパフォーマンスが続くと良いですねぇ。

御馳走様でした。


「支那ソバ かづ屋」@目黒区下目黒

2009/01/22 20:12|東京都目黒区TB:0CM:0
山手通り沿いにあるお店で最寄り駅は「目黒駅」。

支那ソバかづ屋

「支那ソバ かづ屋」
  住所 東京都目黒区下目黒3-6-1
  電話番号 03-3716-2071
  営業時間 11:00~23:30
  定休日 不定休
  座席数 カウンター6席 + テーブル14席


支那ソバかづ屋 立て看板

店内に入ると「テーブル席へどうぞぉ。」と言われたので
カウンター席に座る。
メニューを見て

支那ソバかづ屋 メニュー

「支那ソバ600円」を注文する。
しばらく待っていると思ったより早く出来上がって登場。

支那ソバかづ屋 支那ソバ

トッピングはチャーシュー、海苔、メンマで
スープには葱が浮く。
チャーシューは縁が桃色に染まる豚で柔らかく
芳ばしい香りが良い。
メンマは思ったより多く入っていて
柔らかいが繊維質があるタイプ。

まずはスープを頂く。

支那ソバかづ屋 支那ソバ(スープ)

醤油色濃くないスープは、鳥が多いのかな?
スッキリした口当たりでコクがあって普通に旨い。

麺は中細ストレート麺。

支那ソバかづ屋 支那ソバ(麺)

色白だが加水率を感じる麺で程良いコシで旨い。
完食。ヾ(^0^)〃
お会計を済ませて店を出る。

御馳走様でした。


「がいこつ軒」@埼玉県八潮市

2009/01/21 20:43|埼玉県TB:0CM:0
ネットであっちこち探し回っていて偶然に見つけたのが
コチラのお店。
見た目に二郎っぽい品が出ていたので早速来てみた。
二郎を意識したモノでは無いかもしれないが
食べたくなったので。(笑)

がいこつ軒

「がいこつ軒」
  住所 〒340-0816 埼玉県八潮市中央1-5-11
  電話番号 ?
  営業時間 19:00~25:00
  定休日 月 ※祝日の場合は火曜日
  座席数 カウンター9席 + 2人用テーブル×3


がいこつ軒 看板

入口に立っている立て看板には
『まずけりゃ お代は結構!!』と書かれている。
開化楼の麺箱が積まれ、暖簾は意外にノーマルな
白地に赤い字で「ラーメン」、けど看板は手書きっぽい字体。
食欲の前に興味がわいてくる。(笑)
さぁ入店です。

メニューはカウンターに座った目の前に貼られていて
目的の『とんこくらーめん』を探す。
Σ( ̄o ̄ )
900円とはちょっと高めですねぇ。
思わず確認の意味で丸刈りの店主に「量多いの?」と聞くと
「炒め野菜が入るんで少し多いと言えば多いと思うけど」と。
さてさて...(ー。ー )
「じゃぁ、とんこくらーめん(900円)の中盛(100円)で。」
お願いする。
中華鍋に火が入る。
麺茹でが開始され、野菜の入った鍋が火の上で大きく踊る。

入口の冷水器でお冷やを注いで席に戻る。

さぁどんな代物が出てくるのだろうか...。

出来上がりを待つ。

しばらく待って出てきたのがコチラ。

がいこつ軒 とんこくらーめん

「写真を撮って良いです?」と聞くと普通に「はい。」と。
鰹節がふわふわ~っと盛られていて『らーめん辰屋』の一杯を
思い出す。(笑)
鰹節をパクついたがスープを掬って掛けた方が良いのに気が付く。
鰹節の下には白髪葱がワサッと盛られ、これが香り良い。
ほ~ ( ̄▽ ̄) 更に食べ進むと大きな巻きチャーシューに遭遇する。

がいこつ軒 とんこくらーめん(チャーシュー)

厚めのしっかり巻かれたチャーシューは程良い噛み応えがあり
噛む度に香る芳ばしさが嬉しい。
更に食べ進むと炒められたモヤシと白菜の山が。
白菜の甘味が旨い。穂先メンマが乱雑に混じって入っている。
モヤシよりも白菜の方が多く、存在感もある。

野菜の山の脇からスープを頂く。

がいこつ軒 とんこくらーめん(スープ)

大きめの背脂がコロコロと浮く茶濁したスープ。
鰹節の上にスープを掛けたときに粘度が高くないのは分かっていた。
啜ってみると、動物のコクも感じられるが魚介の香りが強めで
意外にあっさりしている。
動物と魚介のWでなかなか旨い。
野菜を食べ進み、麺に辿り着く。

がいこつ軒 とんこくらーめん(麺)

太縮れ麺が出てくる。
モッチリした食感で、勝手に想像していたブリブリ感がなかったのが
少し残念。けどこれはこれで旨いかな。
ゾゾッと麺を啜り、麺の無くなった丼でスープを掬う。
気が付けばスープ完飲間近。(笑)
二郎とは違うがなかなかクセになるスープで満足。
麺にインパクトがあるともっと良いかも。

旨かったです。
御馳走様でした。


「めんやもも」@江戸川区江戸川

2009/01/21 12:47|東京都江戸川区TB:0CM:0
以前、環七を車で走っていて通り過ぎたお店。
近くにパーキングを見つけられず、その日は諦めたのだが
今日は電車で訪問。最寄り駅は都営新宿線「一之江駅」。

環七をテクテクと歩いて訪問。

めんやもも

「めんやもも」
  住所 東京都江戸川区江戸川6-9-5
  電話番号 03-5696-5096
  営業時間 11:00~15:00、18:00~20:00 ※スープ切れ次第終了
  定休日 火・第1水
  座席数 カウンター13席


めんやもも 看板

入店すると昼時とあって7割くらいの客入り。
先ずは食券を購入。「らーめん(塩)700円」

カウンターは窓と壁に向かってL字型に一山、
厨房に向かってL字型に一山。
高台に食券を置き、厨房に向かわず窓に向かって座る。

客の入りはなかなか良く、後客も続けて入ってくる。
カウンター席にはガラスのポットに麦茶が入って
用意されている
コップに注いで待っていると、意外に出来上がりが早く
背後から麺が提供される。
接客は大変丁寧である。

めんやもも らーめん【塩】

なかなか綺麗にトッピングがレイアウトされている。
水菜、刻み玉葱、チャーシュー。
チャーシューはバラ肉で、ホロホロと柔らかく
崩れないようにレンゲでフォローしながら口に運ぶ。
濃厚な味わいで旨い一枚だ。

先ずはスープを頂く。

めんやもも らーめん【塩】(スープ)

黄色っぽい濁りのある塩スープ。
粘度は高くないが、動物のコクが感じられ旨い。
しつこさが無く、ベースは鶏かな?
塩加減も丁度良く旨い。
刻み玉葱も一緒にレンゲで口へ運ぶと
甘辛なアクセントとなり、また旨い。

めんやもも らーめん【塩】(刻み玉葱)

どんな麺が入っているのかと探る。

めんやもも らーめん【塩】(麺)

黄色っぽい色合いの縮れの軽い細麺が出てくる。
インパクトは低いが、スルッと啜り易く
スープも持ち上がってくる麺で旨い。

スープ完飲。

御馳走様でした。


「らーめん しおの風」@足立区竹の塚

2009/01/20 20:12|東京都足立区TB:0CM:0
寒い夜。
塩らーめんが食べたくて足立区竹の塚に来てしまった。
最寄り駅は東武伊勢崎線「竹の塚駅」。
店内へ入ると中待ちが発生している。
丁度バラで1席ずつ、計2席が空いているが
2人組客は案内されていない。
食券を買おうかなぁと思っていたところに
店内が一杯なので外でお待ち下さい、と。
( ̄ー ̄;) この寒い中...。

外のベンチで座って待つ...。
待ちますとも。(笑)

らーめん しおの風

「らーめん しおの風」
  住所 〒121-0813 東京都足立区竹の塚6-24-16
  電話番号 03-3884-3332
  営業時間 平 日 11:30~25:00
          日  11:30~22:00
  定休日 月
  座席数 カウンター11席


らーめん しおの風 看板

しばらくして店の中へ案内され食券を買うように促される。
「塩らーめん650円」をチョイスし、店員さんに渡すと
油の量を聞かれたので、『普通』でお願いする。
ちなみに、塩らーめんは『鶏油』で醤油らーめんは『ロース油』だそうだ。
席へ案内されて着席。

出来上がりを待って、しばらくして出てきたのがコチラ。

らーめん しおの風 塩らーめん

価格の割にトッピングがしっかりしている。
チャーシュー、味玉、水菜、海苔、メンマ
麩とその上にクコの実が飾られている。

チャーシューは豚バラ巻が一枚。
厚みはないが豚の香りが良く
濃厚な味わいがほんのりと広がる柔らかくて旨い一枚。

らーめん しおの風 塩らーめん(メンマ)

メンマは生の筍のような食感でコリコリと良い食感で
噛むと筍の香りが良い。( ゚∀゚)
クコの実もなかなか珍しいトッピングの一つではないか。
塩スープの中でほんのり甘味のある実が良いアクセントに感じられる。

先ずはスープから頂く。

らーめん しおの風 塩らーめん(スープ)

濁りのあるほんのり鶏の香りが良い塩スープ。
鶏ベースでしつこさが無く、コクのあるスープで
塩の棘が無く、塩の加減が丁度良く旨い。

麺を引っぱり出す。

らーめん しおの風 塩らーめん(麺)

店の入口に開化楼の札が掲げられていたので
開化楼の麺なんでしょう。
中細縮れ麺で、縮れは軽め、コシは食べ終わるまで
しっかりしていたので○。
スープも良く持ち上がるし旨い。

旨かったぁ。
また寒い外に出る。

御馳走様でした。


「大二郎」@千代田区外神田

2009/01/19 20:49|閉店TB:0CM:2
昨年行ったときは『めんてん』というお店だったが
年明け1/3にリニューアルしたそうだ。

らーめん大二郎

「大二郎」
  住所 〒101-0021 東京都千代田区外神田3-4-1
  電話番号 ?
  営業時間 月~土 11:00~16:00、17:00~20:00
           日   11:00~17:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター14席


店内に入ると券売機があり
そこで「らーめん700円」を購入。
注文時に「ヤサイマシ」だけをお願いして
空いている席へ着席。

今日はニンニクとアブラは控えさせて貰う。(笑)

席の配置は『めんてん』の頃と変わらず。
(  ̄ー ̄)
今日は壁に向かって座り、出来上がりを待つ。

と、出てきたのがコチラ。

らーめん大二郎 らーめん

「ヤサイマシ」なのだが二郎ほど多くなく
山になっていない。(笑)
しかし、見た目にキャベツが多いのは
なんだか嬉しい。(゚∀゚ )
ザックザックと丁度良い茹で加減で旨い。
豚は1cm程の厚みがあるモシャッとした柔らかい1枚で
なかなか旨い1枚だ。ヾ(^0^)〃

らーめん大二郎 らーめん(豚)

一口大位のキャベツをザックザックと
食べ進んで麺と御対面。
ヤサイは多くなかったので、すんなりと麺に会える。
麺を引っぱり出して啜る。

らーめん大二郎 らーめん(麺)

断面は丸くない角形のストレート太麺。
大きな揺らぎを持った薄小麦色の麺で
若干粉っぽさの残る麺で、噛むとムチモチで
麺の旨味が感じられる。
あまりスープの味が麺に絡んでこないなぁと
思いながらスープを頂く。

らーめん大二郎 らーめん(スープ)

薄茶色のスープで表層に大きめの背脂が
コロコロと浮いている。
二郎に比べてかなりライトな色合いだ。
一口啜ると豚骨の旨味と野菜の甘味が出ていて旨いが
二郎をイメージして食すと薄いと思ってしまう程で
見た目同様に味もライトである。(笑)
けど豚のコクと野菜の旨味が楽しめる一杯だと思いながら
サラッと完飲。
スープも濃すぎないのでサラサラと頂ける。
薄味でパンチは無いように感じられるが
そこそこの旨味があって旨かった。

御馳走様でした。


「紫匠乃」@葛飾区亀有

2009/01/18 13:32|東京都葛飾区TB:0CM:0
最寄り駅は亀有駅。
環七に面にしたお店。
つけ麺のお店です。
さぁ入店。

紫匠乃

「紫匠乃」
  住所 東京都葛飾区亀有5-44-10
  電話番号 03-3629-9993
  営業時間 11:30~14:00、18:00~24:00
  定休日 月
  座席数 4人用テーブルx1 + 4人用小上がりx3


紫匠乃 提灯

入口を入って左側に券売機があり
並・中盛同額の「つけ麺(中盛)750円」をチョイス。
並:380g、中:450g、大:600g だそうです。
ちなみに大盛りは+50円で800円。

空いている席に座り食券を渡して待つ。
店内は80年代の曲が流れ、客も多すぎず
私にとっては何とも居心地の良い場所である。(笑)

しばらくして私の目の前に注文した品が登場する。

紫匠乃 つけ麺

大皿に盛られた太麺の上にチャーシューが一枚。
海苔が脇にサクッと添えられ、茶濁したつけ汁には
白菜が浮いている。

どれどれ、先ずは麺を。

紫匠乃 つけ麺(麺)

太縮れ麺はしっかり水で締められ
少し固めにも感じられるコシがある。
私好みである。(笑)
ムチッと旨い。
小麦の香りもソコソコ良い。

紫匠乃 つけ麺(チャーシュー)

中央に載ったチャーシューは焦げ目が付いた豚バラ。
すごく芳ばしい香りで、強すぎない程良い味付けが良く旨い。
炙りが芳ばしい。ヘ(゚∀゚ヘ)

紫匠乃 つけ麺(つけ汁)

茶濁したつけ汁には白菜が多めに浮いている。
中には少ないがメンマが沈み、うずらの玉子が1個入っている。
白菜はサクサクとその甘味が良い。

紫匠乃 つけ麺(うずら)

つけ汁自体はソコソコの粘度があるがしつこくなく
ほんのり甘酸っぱく、あっさりした味わいの動物魚介醤油味。
辛味は感じられないので、卓上の一味が良い助けになりそうだ。
他にもゆずの皮、節粉もあり好きな様に調整可能のようだ。

中盛の麺もサクッとお腹に収まり店を出る。

旨かったです。
御馳走様でした。


「ラーメン富士丸 北浦和店」@さいたま市緑区

2009/01/17 21:12|埼玉県TB:0CM:3
店の前に行列。
今日は富士丸で食べたくて来たので
問答無用で列ぶ。
ここに最後に来たのは、まだお店が『○二(マルジ)』だった頃。

ダクトから流れ出る匂いが良い。(笑)
堪らんなぁ~。ヘ(゚∀゚ヘ)

ラーメン富士丸 北浦和店 テント

「ラーメン富士丸 北浦和店」
  住所 埼玉県さいたま市緑区三室1207-4
  電話番号 048-875-2192
  営業時間 18:00~24:00
  定休日 月
  座席数 カウンター10席 + 4人用テーブルx1


充分に待った。(笑)
店の前くらいまで来てから食券だけを買いに店に入る。
「ラーメン750円」と「ちょいマシ150円」を購入して
立っていた位置に戻ってまた列ぶ。

ラーメン富士丸 北浦和店 食券

店員さんが店の中から食券を取りに出て来る。

2枚の食券を渡して、寒さの中で体を縮めて待機。

店から数人のお客が食に満足して出てくる。

外から見える厨房では、神谷本店から来た麺が
ダンボール箱にあけられ解されている。
麺がワッサワッサとと湯の中に投入されていく。
我々のだろうか。ヾ( ゚∀゚)(゚∀゚ )〃
店員さんから声が掛かり、片付けられたカウンター席に案内される。
おしぼりとお冷やを取って席に座る。
レンゲもあったので一緒に。

以前来たときはレンゲなんて無かったような気がする。
女性客も居るから良いサービスですね。
少し待っていると茹で上がった麺が丼に投入されていく。
一つの丼だけ麺が少し山になっているのが見える。
私のかなぁ?(笑)
ヤサイが盛られ豚が1枚載せられる。
ん?コールは・・・?と私より前に列んでいたお客から
「ニンニクどうしますか?」と聞かれている。
これに追加で盛るのかぁ。

「ラーメンちょい増しのお客さんは?」と。
他の丼より麺が山になっていた丼に追加のトッピング準備をしている。
「ヤサイ マシマシ ニンニクアブラで。」
「ヤサイ マシ ニンニクアブラですね。」と。
『マシ』が一個足りなかったが、先客の『マシ』より気持ち多く見える。
刻まれたニンニクがワサッと載せられ
お玉で肉片混じりの脂が掛けられる。
高台に置かれた一杯を目の前に下ろす。
アブラは別皿で用意される。

ラーメン富士丸 北浦和店 ラーメン

ヤサイの盛は充分。
この角度の方が山の形が分かる。

ラーメン富士丸 北浦和店 ラーメン(山角度)

頂上にある多量のニンニクをレンゲで
山の麓に下ろし、ヤサイを箸でゴッソリと掴み口へ運ぶ。
( ゚∀゚) 旨~ぃ。
退かしても適度にヤサイに絡んでいるニンニクの辛味が良い。
肉混じりのアブラも良い感じで絡んでいて旨い。
少しクタクタ感が強いがニンニクやアブラが絡んでマジで旨い!
ヾ(^0^)〃
豚に辿り着く。

ラーメン富士丸 北浦和店 ラーメン(豚)

厚めでロース質の肉っぽい食感の豚が一枚。
その豚をクリアして下にあるヤサイを食べ進と
直ぐに麺に出会える。
「ちょい増し」で麺が多いから良いねぇ。
( ̄▽ ̄)

どれどれぇ~、と麺を箸で持ち上げようとするが
絡み合ってなかなか上がらない。(笑)

ラーメン富士丸 北浦和店 ラーメン(麺)

縮れた平打ち麺が現れる。
ワシワシと口に運ぶ。
旨い!(゚∀゚ )
この粉っぽさが良い。

レンゲでスープを。

ラーメン富士丸 北浦和店 ラーメン(スープ)

ニンニクと脂がスープに溶け込んでいる。
少しカネシが前に出てきている感じだが
動物のコクがあって野菜の甘味も出ていて旨い。

別皿の脂は、プニョップニョの脂と肉片が
塩気濃いめの味付けで、これも旨い。

脂と肉片を麺と一緒に食べると旨い。

いやぁ食べた、食べた。
腹九分目か。(笑)

かなり満足感が高い状態で店を出る。

旨かったぁ。
御馳走様でした。


「麺屋 はつがい」@埼玉県朝霞市

2009/01/16 21:05|埼玉県TB:0CM:0
ここはかなり久々の訪問。
お店が出来て間もない頃に訪問したときは
今のような客入りではなかったのを覚えている。
さぁどのように変わったかを確認する意味でも
楽しみ。( ̄▽ ̄)

麺屋はつがい

「麺屋 はつがい」
  住所 〒351-0001 埼玉県朝霞市本町2-19-12
  電話番号 048-463-6630
  営業時間 平 日  11:30~15:30、17:00~22:00
         土日祝 11:30~22:00
  定休日 水
  座席数 カウンター6席 + テーブル14席


入口を入ると正面に券売機があり
並と中盛が同額の「つけ麺 中盛 730円」をプッシュ。
食券が出てきて、待っていた店員さんにそれを渡す。

テーブル席は誰かしら座っていて
テーブルには空きは無く、空きのあるカウンター席に案内される。
まぁ1人客なのでカウンターで充分。

孤立したカウンター席に座り暫く待つ。

・・・・

と、出てきたのがコチラ。

麺屋はつがい つけ麺【中盛】

麺とつけ汁、そして割スープも一緒に登場。

中盛の割には、麺の量が少ないような気が...。(笑)

具はつけ汁の丼の中。
先ずは麺から頂く。

麺屋はつがい つけ麺【中盛】(麺)

薄黄色い軽くウェーブ掛かった太麺。
麺単品でスルスルッと啜る。
小麦の香りが程良くムチッとした食感が良い。
ヾ(^0^)〃

つけ汁の丼は少し大きめかな。

麺屋はつがい つけ麺【中盛】(つけ汁)

茶濁したつけ汁表層に葱がチラホラと浮いている。
なるとが一つ、一味がポチポチと浮いているのも分かる。
箸を入れるとソコソコのトロミがあるのが分かる。
( ̄▽ ̄) お~。

中にはメンマ、太い短冊状の豚、味玉が半分沈んでいる。

麺屋はつがい つけ麺【中盛】(具)

メンマは塩気があり柔らかい。
豚は太く大きめで、柔らかく旨い。ヾ(^0^)〃
まさか入っているとは思わなかった
半分にカットされた味玉。
黄身は半熟で固めのゼリー状。
トロ~ッとしていようモノならつけ汁に溶けて
ウダウダになってしまうところだ。
あぶない、あぶない。
出来ればつけ汁の上に出ていて欲しい。(笑)

麺を浸してズルッと啜る。
麺にしっかりと絡む。
酸味は感じられず、辛味も想像していた程強くない。
甘味も強すぎず丁度良く抑えられた感じ。
節系の香りが良く、動物のコクも充分だが
味としてしつこくない。ヾ(^0^)〃
このトロミは野菜から出たものなのかな?
昔来たときに比べると良い方向に味が変化している。

最後にスープ割りを投入して完飲。

ここは遠くないから『いつでも来られる』のだが
そう思うとなかなか足を運ばない私がいる。(笑)

旨かったです。
御馳走様でした。


「かをりや」@台東区松が谷

2009/01/15 20:42|東京都台東区TB:0CM:0
浅草方面から鶯谷方面に向かって「言問通り」を歩いていると
左手にある。最寄り駅は東京メトロ日比谷線「入谷駅」。
「らーめん と つけ麺」と看板にある。
この寒さの中を歩いてきたのだから「らーめん」だよなぁ...。
「つけ麺」が旨いのかなぁ...迷うなぁ...(笑)

かをりや

「らーめんとつけ麺 かをりや」
  住所 〒111-0036 東京都台東区松が谷4-28-7
  電話番号 03-3847-2344
  営業時間 平 日 11:30~14:00、18:00~24:00
           日  11:30~14:30、18:00~23:30 ※スープがなくなり次第終了
  定休日 水
  座席数 カウンター11席


かをりや 看板

店内に入ると右手に券売機があり
やはりそこでも悩む。(笑)
店の中は暖かい。が、(ー。ー;)
食べ終わって外に出ることを考えると...
えーぃ、「らーめん」じゃぁー!
塩もあったが醤油じゃぁー!
と「醤油らーめん600円」をチョイス。

出てきた食券を手に取りカウンター席に向かうと
既におしぼりとお冷が用意されている。
そんなに待たせちゃった?(笑)
厨房内で待っていた店主らしき男性に食券を渡し
しばらく待つ。
先客は1名しかいなかったが、私が食べ始める迄に4名増える。

しばらくして注文した品が目の前に登場する。

かをりや 醤油らーめん

トッピングは葱、メンマ、チャーシューとシンプル。
メンマは細めで柔らかいもの。
チャーシューは柔らかいものが一枚。

まずはスープを頂く。

かをりや 醤油らーめん(スープ)

目の前に丼が置かれたときから
魚介の良い香りがしていたので
今更嗅ぐ必要もなかったが、いつものように嗅ぐ。
( ̄▽ ̄)
白いレンゲで一啜り。
動物の主張は強すぎないがコクがあり
煮干などの魚介が香るスープ。
粘度は無くサラッとしていて、あっさりした醤油味。

どれどれ~麺は~?と麺を上に出す。

かをりや 醤油らーめん(麺)

中細縮れ麺で、縮れは軽い。
しっかりしたコシがあり、スルッと啜り易い麺。
( ̄▽ ̄)
麺の量はそれ程多くはないので
お腹が空いているときは大盛りが良さそう。

あっさり頂けた一杯。
この麺とこの出しが「塩らーめん」でも同じなら
塩らーめんも旨いはずだ。
う~む、今度!(゚ ∀゚ )

御馳走様でした。


「喜神」@中野区中野

2009/01/15 13:27|東京都中野区TB:0CM:0
昔メディアに出た事があるらしい。
今はお店が移転して中野駅の直ぐ近くにある。

喜神

「喜神」
  住所 東京都中野区中野5-62
  電話番号 03-5318-2950
  営業時間 11:30~25:00
  定休日 不定休
  座席数 カウンター11席


喜神 看板

券売機が店外に設置されていて、先ずはここで
食券を買うことに。
塩がウリだと聞いていたので、塩らーめんのボタンを探す。
つけ麺も良いなぁと思ったが暖かいラーメンが食べたかった。(笑)
「塩らーめん780円」を購入して店内へ入る。
空いたカウンター席に着席して食券を出す。
厨房を囲むようにコの字型のカウンター...と思ったのだが
厨房は2Fにあるようで、インターフォンで注文され
食券が2Fにエレベータで送られる。
ふ~ん。( ̄▽ ̄)

しばらくして「塩らーめん」がエレベータに乗って下りてきた。
「はぃお待ち遠様です。」と私の目の前に提供される塩らーめん。

喜神 塩らーめん

おー。野菜の彩りが良い。
ブロック状の豚に箸を出す。

喜神 塩らーめん(豚穂先メンマ)

柔らかくなかなか旨い。
炙られた穂先メンマは柔らかいながらにも程よい食感があり
芳ばしい香りが良い。
野菜は玉葱、キャベツ、ニンジン。
野菜は甘味があって旨い。( ̄▽ ̄)

これはタンメンか?と思わせる。
どれどれ、先ずはスープを。

喜神 塩らーめん(スープ)

やっぱりタンメンかと思わせるスープだ。
少し濁りのある塩スープ。
粘度は高くないが、動物のコクと野菜の甘味が
感じられるスープで旨い。

麺はストレート太麺。

喜神 塩らーめん(麺)

軽くウェーブ掛かった麺でモッチリとした食感。
固さはなくモッチリだ。
私的には細麺の方が...と思ったが
タンメンと思うと太麺の方が...
けどこれはタンメン?(笑)

まぁソコソコ旨かったので。(笑)

御馳走様でした。


「づゅる麺 池田」@目黒区目黒

2009/01/14 21:02|東京都目黒区TB:0CM:0
久々の『づゅる』訪問。
店の前は通るのだが、なかなか再訪できていなかったお店。
いつも数人のお客が店の前に列んでいるのだが
今日は偶々なのか、いない。(゚∀゚ )

いつも思うのだが「つ」に「゛」が付いて
その次に小さい「ゅ」って発音しづらいなぁと
思うのは私だけだろうか。(笑)

づゅるめん池田

「づゅる麺 池田」
  住所 〒153-0063 東京都目黒区目黒1-6-12
  電話番号 03-5740-6554
  営業時間 11:30~15:00、18:00~22:00 ※スープ切れ次第終了
  定休日 無休
  座席数 1F:カウンター10席、2F:4人用テーブル×2 + 2人用テーブル×1


づゅるめん池田 提灯

店の外に設置されている券売機で
「塩つけ麺750円」を購入。

店内に入ると数席の空き。
少し奥の方に進み着席。
食券を渡して出来上がりを待つ。

出てきたのはコチラ。

づゅるめん池田 塩つけ麺

ん?
麺は以前からこんなんだったっけ?
麺は縮れが細かい麺で、中太くらいの太さなので
分かりづらいが平打ち気味の麺。

づゅるめん池田 塩つけ麺(麺)

先ずは麺単品で啜ってみる。

表面がテゥルテゥルッとしていて
啜るとツルツルッと啜り易く抵抗無く口に入ってくる。
噛むとムチムチッとしっかり固めで旨い。ヾ(^0^)〃

づゅるめん池田 塩つけ麺(つけ汁)

濁りのあるつけ汁。
薄茶っぽい色合いで、塩?という見栄え。

つけ汁はこんな感じで具沢山。

づゅるめん池田 塩つけ麺(具)

中にはキャベツ、メンマ、チャーシューが沈んでいる。
チャーシューは大きめで短冊状の豚。
柔らかく程よい味付けが施された豚バラで旨い。(゚ ∀゚ )

つけ汁自体は
粘度がそこそこあり、動物のコクがしっかり感じられ
後味に動物が充分に残る。
まったりと広がる感じ。
魚介の香りも良い。
酸・辛味は感じられず塩加減が丁度良く
もちろん麺との絡みも良く旨い。

旨かったぁ。
また来ます。
御馳走様でした。


「つけ麺家 利平」@台東区雷門

2009/01/13 20:54|東京都台東区TB:0CM:0
最寄り駅は東京メトロ銀座線「田原町」。
いざ入店。

つけ麺家 利平

「つけ麺家 利平」
  住所 東京都台東区雷門1-13-9
  電話番号 03-3842-7911
  営業時間 平 日 11:00~28:00
          日  11:00~21:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター27席


つけ麺家 利平 看板

席は全てカウンター形式。
入口に近い席が空いていたので荷物を置いて座ると
お冷を持って現れた店員さんが
「お決まりになりましたら食券をお願いします。」と
店の中央にあるに券売機を示す。Σ( ̄o ̄ )
随分と店の奥にあるんだなぁ...。
まぁ店自体が広いから位置的には悪くないんだけど
入口がベストじゃない?(笑)

荷物を椅子に置いたまま食券を買いに向かう。
並220g、中330g、大440g 同額で、それぞれのボタンがある。
「つけ麺(大)720円」をプッシュ。
振り返ると立って待っていた店員さんがいたので渡して席に戻る。

意外に入ってくる客は知っているのか、券売機のある中央まで進んで食券を買っている。
常連なのかなぁ?(笑)

思った以上にお客が入ってくる。

しばらくして私の前に「つけ麺(大)」が登場する。

つけ麺家 利平 つけ麺【大盛】

まずは麺を啜る。

つけ麺家 利平 つけ麺【大盛】(麺)

透明感の無い軽くウェーブ掛かった
薄黄色いストレートの多加水太麺。
固くなくモッチリしている麺。
固めでブリブリした食感が好みの方には物足りない食感だろうか。

つけ麺家 利平 つけ麺【大盛】(つけ汁)

つけ汁には刻まれた葱と一味が浮いている。
中にはメンマと短冊状のチャーシューが沈む。

つけ麺家 利平 つけ麺【大盛】(具)

メンマは柔らかめの食感。
チャーシューは柔らかで
甘辛な味付けがしっかり施されていて旨い。

早速、麺をつけ汁に浸して頂く。
茶濁したつけ汁は粘度は低く甘塩っぱい味わい。

初めは甘塩っぱいなぁと思っていたが
食べ進むとチリチリと辛味が口に現れる。
酸味は強くない。
動物のコクが良い感じで楽しめる。
魚介は強くないので卓上に用意されていた
魚粉を投入して味の変化を楽しむ。

完食。

スープ割りも頼めそうだが
厨房が遠かったので遠慮しておく。

御馳走様でした。


「らーめん まる玉 アリオ川口店」@川口市並木元町

2009/01/13 12:46|埼玉県TB:0CM:0
たまに海苔ばっかりのラーメンが食べたくなる。(笑)
ここは再訪。

らーめん まる玉 アリオ川口店

「らーめん まる玉 アリオ川口店」
  住所 埼玉県川口市並木元町1-79 アリオ川口店 3F
  電話番号 ?
  営業時間 11:00~23:00
  定休日 アリオ川口店に準ずる
  座席数 カウンター13席 + 4人用テーブルx2


らーめん まる玉 アリオ川口店 メニュー

今日も勿論「あおさ入り800円」が目的。
連れは「赤いらーめん」とやらが食べたいとのこと。
( ̄▽ ̄) サクッと入店。

店内は7割くらいが埋まっている。
空いているテーブル席へ案内され着席。
オーダーは「あおさ入り」と「赤いらーめん」。

しばらく待って出てきたのがコチラ。

らーめん まる玉 アリオ川口店 あおさ入り

お~。(゚∀゚ )
海苔好きには堪らんですなぁ。

らーめん まる玉 アリオ川口店 あおさ入り(あおさ)

海苔の香りが◎。
良いねぇ。ヾ(^0^)〃
青葱も多めに浮いている。
この他に載っているトッピングはチャーシューが1枚。
チャーシューは豚バラ巻。
箸で持ち上げると崩れるほど柔らか。
肉の香り良い一枚で旨い。

海苔を退けて先ずはスープを頂く。

らーめん まる玉 アリオ川口店 あおさ入り(スープ)

薄茶濁と言うよりは白濁に近い濁り。
ソコソコのトロミが感じられ
塩加減も丁度良く旨い。
鶏が多いのかな。
動物のコクが充分で香りも良いなぁ。
ヾ(^0^)〃

どれ~、と麺を引っぱり出す。

らーめん まる玉 アリオ川口店 あおさ入り(麺)

薄小麦色の中細縮れ麺。
縮れはチロチロ~ッと軽く
加水率が低めな食感で旨い麺だ。
前に来た時もこんな麺だっただろうか。
連れが注文した「赤いらーめん」は
黄色っぽい喉越しの良さそうな麺で
基本のらーめんとは異なる麺のようだ。

海苔とスープを一緒に口に運ぶ。
やっぱり旨い。ヾ(^0^)〃

完食。

御馳走様でした。
買い物ついでにまた来まーす。


「いだてん」@大田区山王

2009/01/12 20:03|東京都大田区TB:1CM:0
道を挟んで向かい側に家系のお店がある。
どちらに行こうか考えた末、コチラを訪問することに。

いだてん

「いだてん」
  住所 東京都大田区山王2-3-6コロナビル1F
  電話番号 ?
  営業時間 月~土 11:00~28:00
         日・祝  11:00~23:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター12席 + 6人用テーブルx1


店の前まで来て何がお勧めの店なのか
分からずに入店。(笑)

入口近くに6人用のテーブルがあったので
その席を横目にそのまま進んで、一番奥の席に
辿り着きカバンを置く。
厨房内の店員さんが私を目の前にして何かを求めている。
ん?( ̄o ̄ )?

入口の方に目をやると、見ていなかった6人用のテーブルとは
逆側に券売機が見える。
「あ~食券っ!」と席にカバンを置いたまま券売機に戻る。

券売機の前に立ち、さてぇ...。
よし!ここは「魚プラスつけめん800円」をプ~ッシュ!
横で立って待っている店員さんに食券を渡し
カバンの置いた席まで戻る

席に座り出来上がりをしばらく待つ。
目の前にメニューが貼られていて
おさらいをするが、自分の選んだメニューで
取り敢えず満足。

いだてん メニュー

カウンターには「ゆず七味」「おろしにんにく」
「とうがらし」が用意されているが
果して「魚プラスつけめん」には何が合うのだろうか...。

しばらくして目の前につけ汁と麺が登場する。

いだてん 魚プラスつけめん

麺の上には海苔がトッピング。
他の具はつけ汁の中。

いだてん 魚プラスつけめん(具)

先ずは麺を頂く。

いだてん 魚プラスつけめん(麺)

軽く揺らぎを持った形状で若干透明感がある太麺。
麺自体の旨味は強くないが、ツヤツヤした麺で
数本啜って噛み切るときのムッチリした食感は大変◎。
ヾ(^0^)〃

葱が浮く濃く茶濁したつけ汁はそこそこの粘度が感じられる。

いだてん 魚プラスつけめん(つけ汁)

甘味が前面に出ていて辛・酸味は感じられない。
背脂がチョロッと浮き、動物のコクが充分に感じられ
且つ、煮魚のような旨味が感じられる。
丼底には崩れた魚の身がゴッソリと溜まっている。

具のメンマ、短冊状のチャーシューも多めに沈んでいて
具沢山に感じられる。

麺との絡みも良く旨いが少し甘めかな。
けど気が付けば麺はなくなり、スープ割を頼んで
大きなレンゲで頂く。

味に締まりが欲しくなり、机上の「ゆず七味」を投入。
香り良く、キリッと締りが出て旨くなった。

いだてん 調味料

御馳走様でした。


「麺屋 えん寺」@杉並区高円寺南

2009/01/11 13:55|東京都杉並区TB:0CM:2
お~。
時間をずらすと待ちが無いのか。
サクッと店内へ入れた。ヾ(^0^)〃

麺屋えん寺

「麺屋 ENJI」
  住所 東京都杉並区高円寺南1-6-11
  電話番号 ?
  営業時間 11:30~21:30
  定休日 水
  座席数 カウンター7席 + 4人用テーブル×2


麺屋えん寺 看板

券売機があったので食券を...。
券売機に『胚芽麺』『濃厚魚介豚骨』『野菜ペースト』と貼り紙が。
ふ~ん。( ̄▽ ̄)

中盛1.5玉がサービスでキラキラと点滅している。
( ̄▽ ̄) ボチッ!
そのあとに「つけ麺790円」をプッシュ。
食券2枚を取って店員さんに渡す。
空いているカウンター席に着席。

なんだこれ?

麺屋えん寺 ?

何が出て来るんだろう?
まさかビールじゃないよな。(笑)
スープ割り?
辺りを見回すとスープ割はポットに入って
高台に置かれている。
じゃぁ、水??
カウンター席にこれがポコポコと設置されている。
お冷やを半分ほど飲んでチャレンジ。(笑)

水でした。(笑)

まぁ退屈することなく待つことが出来た。(笑)

出てきたのがコチラ。

麺屋えん寺 つけ麺

麺の上に海苔。
つけ汁の表層には水菜と葱が浮く。
ではその『胚芽麺』とやらを啜ってみる。

麺屋えん寺 つけ麺(胚芽麺アップ)

よーく見ると麺に含まれるツブツブ、皮や胚芽なんかが
含まれているのが分かる。
表面がテゥルテゥルしていて、テゥルッと口に入ってきて
噛むとムギッと良い食感。
小麦の甘味はそれ程強く感じられなかったが
香りはソコソコ良い。
なかなか旨い麺だぁ。(゚∀゚ )

野菜ペーストが入っているというつけ汁に箸を入れる。

麺屋えん寺 つけ麺(つけ汁)

濃厚魚介豚骨。
茶濁したドロドロ感が充分なつけ汁。
麺を少し浸すとつけ汁が可成り絡んでくる。

麺屋えん寺 つけ麺(つけ汁が絡む麺)

野菜ペーストの程よい甘味が良く
酸味は感じられない。
一味が浮いていて、少しずつ口の中で辛味が増していくが程よい。
背脂が浮き動物の濃厚さをフォロー。
魚粉も良い香りだ。ヾ(^0^)〃
麺に絡むのが◎!!
少し野菜ペーストのざらつく感じがあったが強くはない。
それにしても旨いつけ汁だ。

つけ汁の中には葱と水菜が浮いているだけじゃなく
メンマとチャーシューも沈んでいる。

麺屋えん寺 つけ麺(具)

この沈んでいるチャーシューの食感と大きさが良い。
一塊りが大きく、プリプリッとした食感の豚で
これが旨い。( ̄▽ ̄)
つけ汁の中に沈んでいるのでドロドロのつけ汁が絡み
つけ汁の味になってしまっているが、豚自身の味と香りもしている肉。
なかなか旨い。

麺完食。

ポットのスープ割りを投入。

ドロドロが飲み易いスープになって完飲。ヾ(^0^)〃

これは旨かったぁ。

御馳走様でした。


「とんこつらーめん九州男」@新宿区新宿

2009/01/10 20:12|東京都新宿区TB:0CM:0
と或るお店が臨休だったので通りすがりで入店。(笑)

とんこつらーめん九州男

「とんこつらーめん九州男」
  住所 東京都新宿区新宿1-18-16
  電話番号 03-3355-0930
  営業時間 11:00~AM8:00
  定休日 日
  座席数 カウンター13席


戸を開けて見ると、厨房前にずら~っと並んだ
カウンター席に先客はゼロ。( ̄ー ̄;)
入り口に近い席に座り目の前に貼られたメニューを見る。

とんこつらーめん九州男 メニュー

「とんこつラーメン680円」を口頭で注文。
特に何も言わなかったので麺はデフォルトのはず。
高台には紅生姜、白ゴマ、替え玉用のタレが
用意されている。

おっ。Σ( ̄o ̄ )
先客が一人入ってくる。
あまり待たずに注文した品が提供される。
見た目は博多の一杯と言う感じかな。

とんこつらーめん九州男 とんこつラーメン

トッピングは青葱、刻みキクラゲ、チャーシュー、海苔。
先ずはスープから頂く。

とんこつらーめん九州男 とんこつラーメン(スープ)

薄茶濁した豚骨醤油。
とんこつ特有の匂い。
堪らんねぇ。( ̄ー+ ̄)
塩加減も良くそこそこの粘度。
なかなか旨いぞぉ~。
チャーシューは脂身が多く肉質が気持ち固めの食感。
ギュッと噛むと旨味が出てくる。小さいものが2枚だが
なかなか良い味。

麺を引きずり出してみる。

とんこつらーめん九州男 とんこつラーメン(麺)

ん?Σ( ̄o ̄ )
細麺だが九州系の低加水な食感ではない。
若干透明感があり、デフォルトで少し柔らかく感じられる。
う~む、注文するときに固めでお願いすれば良かったかなぁ。

御馳走様でした。



「麺や 七彩」@中野区鷺宮

2009/01/10 13:41|東京都中野区TB:0CM:0
この前、店の前まで来たとき
10人くらいの列を見て、その日は列ぶのを諦めてしまった。

今日来たら人が増えている。
年末にメディアに出たのが・・・。( ̄ー ̄;)
あのとき、列んで食べておけばよかった・・・。
(Y▽Y) くやしい。(笑)

麺や 七彩

「麺や 七彩」
  住所 〒165-0032 東京都中野区鷺宮3-1-12
  電話番号 03-3330-9266
  営業時間 11:30~ ※100食売り切れまで
  定休日 火
  座席数 カウンター10席


待った待った。
やっと店の入口まで辿り着いたのは
列び始めてから1時間程してか。
体が冷えた、冷えた。(笑)
「1名様どうぞぉ。」と店内に案内され
券売機の前で悩む。
考える時間はたっぷり有ったはずなのだが
体が冷えて脳も低温動作を始めていたのか。(笑)
喜多方の醤油か塩か・・・。
ん?
「喜多方手切りらーめん770円」かぁ。
売り切れランプは点いていない。
現金を投入するとランプは点灯する。
( ̄ー+ ̄)

いやいや待てよ。(ー。ー )
念のため近くにいた店員さんに確認
「まだあるの?」と聞くと
「御座いますよ。」と優しい笑顔での対応。
限定20食だから、もう無いんだろうなぁと思っていたので
あるって言うから即行で、ぼちぃーっ!と押す。(笑)

並(150g)・中(200g)・大盛り(250g)が同額で
どうするか聞かれて「大盛り」でお願いする。

「奥の方へどうぞ。」と案内され着席。
お冷やは・・・と見回すと入口に近い方に冷水器を発見。
お冷やを取って席に来れば良かったかな。(笑)
席に戻り暫く待つ。

隣の席のお客は雑誌を見ながら出来上がりを待っている。
暫くして自分のお冷やが無いことに気が付いた彼は
店員さんに「お水下さい!」と。
冷水器には『セルフ』と貼り紙がされている。
普通なら「セルフになっております。」くらいで
済ませてしまう所なんだろうが「はい。」と
お冷やを持って来てくれていた。
なんとも素晴らしい気配り。感心ですねぇ。
そのお客さんはセルフと言うことに気が付きもせずに
お冷やを普通に飲んでましたが。(笑)

さぁ出てきましたよ。私の「手切りらーめん」。

麺や 七彩 喜多方手切りらーめん

トッピングはチャーシューが2枚、葱、メンマ。
まずはチャーシューをパクッと。

麺や 七彩 喜多方手切りらーめん(チャーシュー)

1枚は柔らかいロース質の肉で、もう1枚は豚バラ。
このバラが、程良く肉の食感はあるのだが
口の中でフワッと溶けてチーズのような濃厚な味わいが
口に広がり旨いんだなぁ。( ̄▽ ̄)
メンマはかなり細めで食感が、戻したメンマではなく
生の筍に近い食感に感じられる。
良いアクセント~。

さぁスープを啜る。

麺や 七彩 喜多方手切りらーめん(スープ)

濁りのある薄い醤油色。
背脂がチョロチョロと浮くスープ。
一口啜ると煮干し系の魚介の香りがグッとくる。
( ゚∀゚) これは旨いわ。
動物のコクがあり、見た目よりもキレがある。
ヾ(^0^)〃
無化調をウリにしているお店なので
味の「ぼやけ」が心配だったが全く問題無く旨い。

チラチラと見える麺を引っぱり出す。

麺や 七彩 喜多方手切りらーめん(麺)

平打ち縮れ麺。
縮れが細かい。
スルスルッと啜る。
ムチモチの良い食感。
良い感じでスープが持ち上がってくる。
麺をよく見ると小麦の皮のようなものが含まれている。
茹でる前に手揉みが加わったモッチモチの麺。
旨いわ。

大盛りもサラッと無くなってしまった。
冷えた体も充分に温まった。
列んで食べた甲斐が有った。

旨かったぁ。
御馳走様でした。


「らーめん伊東」@新宿区大久保

2009/01/09 20:21|東京都新宿区TB:0CM:0
コチラのお店の最寄り駅はJR「新大久保駅」だが
所用を済ませて、西武新宿駅から歩いてお店に向かう。
途中コリアン系のお店や人が多い地域を歩いたのだが
ここは日本だよなぁと思わせるほど、
飛び交う言葉も異国の言葉ばかりで
不思議な感じだった。
異国にある日本人街といわれているような地域も
こんな感じなんだろうか。

らーめん伊東

「らーめん伊東」
  住所 東京都新宿区大久保1-16-16
  電話番号 03-3232-6322
  営業時間 日~木 11:30~24:00
         金・土  11:30~25:00 ※スープ切れ次第終了
  定休日 ?
  座席数 カウンター10席


らーめん伊東 看板

お店に入ると先客はゼロ。
小さな液晶テレビを見ながら厨房内に
じっと立っている店主らしき男性。
券売機が入って左側にあったので前に立って考える。
券売機には土地柄か、韓国語らしきメニューが貼られている。

悩む前に、私の気持ちはお勧めのポップが貼られている
『胡麻醤油つけ麺』に確定である。
あとは麺の量を決めるだけ。
並で780円、大盛で880円かぁ。
( ̄ー ̄;)
ちょっと割高な気もするが大盛をプッシュ。
食券を手に取り席へ。
けどその前に食券を店主に渡す。
席は全てカウンター席だが、5席が厨房に向かって、
残りの5席は厨房に背を向けて壁に向かって座るように
配置されている。

普段なら厨房に向かって座るのだが
今日は壁に向かいたい気持ち?(笑)

しばらくの間、背中側にあって見られないテレビの音を
聞きながら出来上がりを待つ。

・・・・・

背後から「お待ち遠様です。」と注文した品が登場。
「こちらがスープ割りになってますのでよろしかったらどうぞ。」と
カウンターに置かれているポットを指す。

らーめん伊東 胡麻醤油つけ麺

麺は黄色い中細縮れ麺で縮れは軽く
麺同士が絡み合うことなく箸でスッと持ち上がる。

らーめん伊東 胡麻醤油つけ麺(麺)

啜ると麺自体の旨味よりも
麺に振りかけられた擦り胡麻の香りを
前面に感じることができる。
しっかり水で締められ
少し固めにも感じられる食感が良い。
( ̄ー+ ̄)

らーめん伊東 胡麻醤油つけ麺(つけ汁)

葱が浮く茶濁したつけ汁の中には
ブロック状のチャーシューとメンマが沈む。

らーめん伊東 胡麻醤油つけ麺(具)

豚は柔らかく旨いが少ない。(笑)
早速麺を浸してゾゾッと啜る。
動物と魚介の醤油。
動物の旨味も感じられるが魚粉が前に出ている。
辛味と甘味は控えめで
酸味は主張しすぎず塩気を後押しする感じ。

丼底に魚粉が溜まっているのをスープ完飲後に確認。
コクがあるがしつこくないさっぱりしている方だ。

なかなか旨いが一寸割高感があるかな。
けど旨かったです。
御馳走様でした。


「油そば専門店 浜そば 本店」@文京区湯島

2009/01/08 20:21|東京都文京区TB:0CM:0
地下鉄なら千代田線、銀座線、大江戸線の湯島駅が最寄り駅。

私にとって油そばの採点は難しい。
その油そばをまた一軒試すことにした。

油そば専門店浜そば

「油そば専門店 浜そば 本店」
  住所 〒113-0034 東京都文京区湯島3-46-2
  電話番号 03-3831-0641
  営業時間 11:30~29:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター6席


油そば専門店浜そば 縦看板

入り口に掲げられた開化楼の札。
入ろうとドアを手前に引く。
見た目に普通のドアだが少し重めかな。(笑)

入ってすぐの所に券売機があるので、
後客のことを考えて速やかに食券の購入を済ませたい。
と思っていても、初訪の店ではなかなか思うように
いかないこともある。(笑)
購入したのは「油そば並(150g)580円」。
大盛りが250gで680円、Wが350gで780円らしい。
店内は小奇麗だが少し狭く、カウンター席は
壁に向かって座るようになっていて全6席で
背中側に厨房がある。
食券を渡し、しばらく壁を見て待機。
壁には「油そばの食べ方」が貼られている。

油そば専門店浜そば 食べ方

カウンターに用意されたラー油とお酢の
掛ける目安が書かれている。

油そば専門店浜そば ラー油お酢

しばらくして出てきたのがコチラ。

油そば専門店浜そば 油そば【並】

画像からは分かり辛いが丼が小さめ。
麺の上には脂身の少ない解された肉、メンマ
水菜、刻み葱、そして海苔がトッピングされている。

麺の下を覗くとサラッとした醤油ダレが見える。
お薦めではラー油とお酢を1周ずつだが思わず2周ずつ。(笑)

下からぐるんと混ぜ混ぜ。
ツルツル感の無いモッチモッチした感じの麺に
タレやラー油などを絡める。
薄黄色いこまかい縮れの太麺が良い色に染まる。

油そば専門店浜そば 油そば【並】(麺)

混ぜられた後の麺は滑りが良くなり啜り易い麺となる。
麺をぞぞっと啜る。( ̄▽ ̄)
タレに癖が無く旨い。

刻み海苔が固まらず、ちょうど良い感じで麺に絡む。
香り良く啜れて旨い。
ほ~。( ̄▽ ̄)

解れた肉は脂身が少なく
混ぜる前はパサついた感じだったが
混ぜてタレが丁度良く絡んで良い感じになる。

刻まれたザーサイかな?
変わった食感に気が付く。
悪くはない。

並ではやっぱり量が少ないかな。
麺が思ったより早く丼から姿を消す。

旨かった。
御馳走様でした。



「つけめん 乱世」@渋谷区渋谷

2009/01/07 20:36|閉店TB:0CM:0
今日は3Fのコチラを訪問。

ラーメン大戦争 看板(乱世)

2Fの「まっち棒」は豚骨臭が強く、3F迄匂う。
鼻が曲がりそうな匂いだが、嫌いじゃない。(笑)
階段途中の誘惑の香りに耐えながら
なんとか3Fに辿り着く。(笑)

つけめん乱世

「つけめん 乱世」
  住所 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-13-7 ラーメン大戦争3F
  電話番号 03-3400-7977
  営業時間 11:00~24:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター10席


コチラの店内のつくりは4Fに似ていて
入り口を入って左側に券売機がある。
麺の量に関わらず、同額だったので
問答無用で「つけめん特盛800円」を購入。
席に座って高台に食券を置き出来上がりを待つ。
このフロアーも狭く、4Fの照明と同じ様に
少しアンダーな感じ。

・・・・

お~。出てきた、出てきた。

つけめん乱世 つけめん特盛

麺は充分な盛りで440gだとか。
ヾ(^0^)〃
麺単品を啜ってみる。
軽く揺らぐ感じで縮れは強くない太麺。

つけめん乱世 つけめん特盛(麺)

若干透明感があり想像していた以上にムチッ、
モチッとコシがあって旨い。
しっかり水で締められていて◎だ。

つけ汁の表面にはコショウがパラッと浮いている。

つけめん乱世 つけめん特盛(つけ汁)

中に何が入っているのか確認するために箸を入れると
表面に張っていた薄い膜が破ける。
濃厚そうだなぁ。( ̄▽ ̄)
中にはメンマ、葱、海苔、なると、チャーシュー。
メンマは普通にメンマ。(笑)
チャーシューは豚バラ巻で、箸で挟むと
崩れてしまう程に柔らかい。
芳ばしい香りのする味付けで柔らかく旨い。

つけめん乱世 つけめん特盛(具)

茶濁したつけ汁はかなり粘度が高い。
荒削りの節粉が漂うが粉っぽさは無く
とろ~っと麺との絡みが良い。
酸味、辛味はかなり抑えられた感じで
決して甘過ぎない丁度良い甘塩っぱさが良い。
しつこくない節系の良い香りと、
後味にしっかり動物の旨味が残るつけ汁。
しかも麺に絡んで旨いのが良い。

麺の量から考えて食べ終わる前につけ汁が冷え冷え。
まぁ、当たり前と言えば当たり前だぁなぁ。(笑)

麺を絡めて啜る。ヾ(^0^)〃旨い。

スープ割を頼み飲みやすい濃さになって登場。

完飲。

ありきたりな味わいにも思えるが旨かった。
御馳走様でした。


カテゴリー

ぐるーぽん

広告

クーポン げっと~8

クーポン げっと~7

クーポン げっと~6

クーポン げっと~5

他の旨いもん!


リゾート バイト!


拉麺よりも夢を!

旅行と拉麺はセットだぁ!


ホットペッパー

広告








クーポン げっと~4

話題

CocodeVideo

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 |  東京都北区 | 東京都文京区 | 東京都板橋区 | 東京都新宿区 | 東京都中野区 | 東京都豊島区 | 東京都練馬区 | 東京都葛飾区 | 東京都足立区 | 東京都台東区 | 東京都千代田区 | 東京都杉並区 | 東京都渋谷区 | 東京都港区 | 東京都品川区 | 東京都中央区 | 東京都世田谷区 | 東京都目黒区 | 東京都大田区 | 東京都荒川区 | 東京都江東区 | 東京都墨田区 | 東京都江戸川区 | 東京都東久留米市 | 東京都西東京市 | 東京都町田市 | 東京都国分寺市 | 東京都武蔵野市 | 東京都三鷹市 | 東京都府中市 | 東京都調布市 | 東京都福生市 | 東京都東村山市 | 東京都武蔵村山市 | 東京都東大和市 | 東京都小金井市 | 東京都八王子市 | 東京都立川市 | 東京都あきる野市 | 東京都多摩市 | 東京都日野市 | 東京都西多摩郡 | 北海道 | 千葉県 | 埼玉県 | 神奈川県 | 栃木県 | 長野県 | 群馬県 | 茨城県 | 山梨県 | 静岡県 | 宮城県 | 福島県 | 新潟県 | 愛知県 | 福岡県 | 熊本県 | 番外編 | 閉店 | 移転 | ---- | 東京都青梅市 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 麺喰ぃ
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。