1. 無料アクセス解析

拉麺、つけ麺、油そば、焼きそば、二郎、即席麺、食べた麺をアップします。 食べたくなったでしょ!?

麺喰ぃ
http://menworld.blog114.fc2.com/

トリップアドバイザー

ブログ内ラーメン検索

プロフィール

らぅめんち

Author : らぅめんち
麺が大好きです。
今日は美味しい麺を食べました?
また気が向いたらお立寄り下さい。
リンクフリーです。

Calendar

最近のコメント

DMM、CM

お気に入り

価格



車で拉麺!





拉麺でお泊まり!


飛行機で拉麺!


広告


ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

食べたいと思った人

食べたいと思ってる人

現在の閲覧者数:

人気記事ランキング

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の即席麺

2009/12/30 22:48|番外編TB:0CM:0
今年もいっぱい食べてしまいましたよ。

2009年食べた即席麺1

2009年食べた即席麺2

2009年食べた即席麺3

お昼や、夜食で食べた一杯です。
次から次へと新しい一杯が発売されますからねぇ。
来年も食べますよぉ。


スポンサーサイト

師走バタバタ

2009/12/29 23:09|番外編TB:0CM:0
今日は今年最後の即売会に。
サッポロめんフーズでございます。

IMGP3672.jpg

た~んと購入してきて、今日は自分ちで味噌らーめんを作って食べました。

サッポロめんフーズさまさま

今日はバタバタしていて、こんなアップになってしまった。(笑)

今日は自分で味噌

残り少ない2009年、もう一踏ん張り、頑張りましょう。

「覆麺」@千代田区神田

2009/12/28 20:41|東京都千代田区TB:0CM:0
店の外に2名の待ち客。
その後ろに連結して待っていると、胸ポケットに入れておいた携帯がブルブルと震える。
ん?こんな時に (ー。ー;)、と電話に出てみると、昨日電話しても出なかった友人から。
あとで、初めから列び直すつもりで列から離れて話す。

話しが終わって、1人の待ち客の後ろに再連結。

さっき私の後ろに列んでいた人だったようで、
私に気が付いて「先に良いですよ」と。
「いやいや、大丈夫です。お先にどうぞ。」と勧めて遠慮する。

覆麺

「覆麺」
  住所 東京都千代田区神田神保町2-2-12
  電話番号
  営業時間 平 日 11:00~22:00
        土  11:00~20:00
       日 祝 11:00~18:00 ※スープ切れ次第終了
  定休日 不定休
  座席数 カウンター8席



覆麺 マスク

前に列んでいた彼が店内に入り、入口で食券を買っている。
戸が開いたままだったので、閉めてあげようかと思っていたのだが、
ただ、見て待っていることに。
すろと開けたまま、消えてしまった。(笑)
おぃおぃ、と店に入ってみると先程の彼が黒マスクの師に
「今入ってきますから。」と話している。
どうやら彼は常連さんのようで、彼の隣に一つ席が空いている。

おぉ、なんと親切な方なのだ。
師と話している時も、紳士的で爽やかな男性である。
注意)私は男性が趣味な訳ではない。(笑)

席に座り方t食券を渡す。「覆麺780円」

今日の目的は、来年から会員制になってしまうこの店の黒帯カード(会員券)をゲットすることにある。(笑)

来ようと思ってなかなか来られず、来たはいいが行列が長くて撤退したこともある。(笑)
初めて来たときは、それ程行列は長くなかったのだが、テレビや雑誌に出るたびにその列は長くなっていった。

今日の師と白マスクは普通の会話が多い。
店にいる間、一度も「アンガーラ」は聞かなかった。(笑)

師と会ったのは池袋のがんこが初めてで、その後、
この店ができて1ヶ月しないうちに1度、その頃は
黒帯カードなどと言うシステムはなかった。(笑)

黒マスクが私の方を向いて「一応聞いておきますが大盛りですよね?」と。
『もちろん』と思いながら笑顔で大きく一度首を縦に振る。

「は~ぃ」と。

やっぱりこの師は暖かい方だなぁ。

師とお客さんの楽しそうな会話が続く。

しばらくして、隣の方とほぼ一緒に提供された此方の一杯。

覆麺 覆麺(大盛り)

多いねぇ。(笑)

さぁ、完飲完食いきますかぁ~!

ざっくざくのモヤシの上にフライドオニオンがサックリ。
大きめのチャーシューが添えられ、チャーシューの白い脂がスープの上で温められていく。
葱とメンマもトッピングされていて、メンマはクセが無くコリコリで旨い。
全体的に細かい肉片が散っている。
細かいプルンプルンの鶏皮も含まれていて、出汁とりのものか?

レンゲでスープを頂く。

醤油色濃い動物魚介醤油。
粘度無くサラッとしたスープだがコクがあって醤油は立っているが棘は無い。
色んな出汁が出ていて甘味さえも感じられる深い味わいで旨い。

そんなスープの中に浸っている麺は黄色い、しっかりした細麺。
固めの茹で上がりで、私好みである。( ̄▽ ̄)

温まって箸で持ち上げると崩れるほど柔らかくなった豚は大きめで旨い。
スープ8割で黒帯とのことだったが、完飲してしまった。

「持ってたよね?」

「いや、持ってないです。」と言って黒帯カードを貰う。

来年も気楽に来られる。( ̄▽ ̄)

覆麺 黒帯カード

御馳走様でした。




「ラーメン専門 藍華」@八王子市元横山町

2009/12/27 13:42|東京都八王子市TB:0CM:0
お店の前にお客のチャリンコがランダムに並ぶ。

人の列は無く、店に足を踏み込んで席を確認する。

おぉ、丁度満席とは・・・。( ̄▽ ̄;)

ラーメン専門店 藍華 看板

「ラーメン専門 藍華」
  住所 東京都八王子市元横山町2-22-3
  電話番号 042-621-0158
  営業時間 11:00~15:00、18:00~22:00
  定休日 不定休
  座席数 カウンター9席 + 2人用テーブルx1



しばらく待っていると店の中から、私の注文を取りに店員さんが出てくる。
店の外にメニューが貼られていたので、既にCPの良い「ラーメン550円」を注文しようと決めていた。

少し経って食べ終えたお客が出てきて、店内に私の席が出来て中に呼ばれる。

お冷はセルフ。
冷水器でコップにお冷を注いで席に着く。

ん?

カウンター席に座っているお客の殆どが、つけ麺を頼んでいるようだ・・・
( ̄▽ ̄;)
つけ麺の方が旨いのかな・・・

確かに横目で確認できるつけ麺は旨そうだった。

麺はしっかりした太麺で、茶濁した濃厚そうなつけ汁はそこそこの粘度があるように見える。

どうやら、ラーメンを頼んだのは、私ともう1人だけのようだ。(笑)

「ラーメン専門」って書いてあるじゃないかぁ。(T0T )

(笑)

出て参りました。

ラーメン専門店 藍華 ラーメン

中央に刻み玉葱が盛られ、それを隠すように海苔、そしてメンマとチャーシューがトッピング。

ラーメン専門店 藍華 ラーメン(スープ)

醤油色濃いスープをレンゲで頂く。
( ̄▽ ̄)
かなりアツアツ、旨い支那そばのスープだ。
サラッとした程よいキレのある動物魚介醤油。
刻み玉葱がシャキシャキと甘辛で良いアクセントになっていて旨い。

ラーメン専門店 藍華 ラーメン(チャーシュー)

チャーシューに箸を付ける。
モッチリとした食感で、噛むと口の中でとろけていく。
( ̄▽ ̄) 旨い。

麺を引っぱり出す。

ラーメン専門店 藍華 ラーメン(麺)

黄色っぽい細縮れ麺。
これが固めの茹で上がりで私好み。
しっかりした麺で旨い。( ̄▽ ̄)

熱々のスープを啜り、また麺を啜る。

旨かったです。
次回来たらつけ麺が食べてみたい。

お会計を済ませてから店を出ます。

外待ち3名。

御馳走様でした。




「鏡花 にぼぶら」@立川市錦町

2009/12/26 13:32|東京都立川市TB:0CM:0
今日のお昼はここ。

近くにある

らーめん たま館 にぼぶら の親

の別ブランドである「にぼぶら」にお邪魔します。

らーめん たま館 幟

「鏡花 にぼぶら」
  住所 東京都立川市錦町1-2-16 立川アーバンホテル1F
  電話番号 042-512-8939
  営業時間 平 日 11:00~26:00
        土  9:00~26:00
        日  9:00~21:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター15席



らーめん たま館 にぼぶら

こちらは「たま館」に入って右奥にあります。

券売機の前に立ち「ぶら二郎850円」をチョイス。

食券を持ってカウンター席に着席。
「ヤサイとアブラ、それにニンニク少し。」をお願いして待ちます。

後客2名共に「ぶら二郎」を注文してはいないようで、私よりも先に麺に有りついている。

他のメニューで使用している麺よりも「ぶら二郎」の麺が太いので時間が掛かるようです。

しばらくして私の一杯が運ばれて来ました。

らーめん たま館 にぼぶら ぶら二郎

らーめん たま館 にぼぶら ぶら二郎 アップ

深いタイプの白い器。
見た目に充分に満足。( ̄▽ ̄)

少しでお願いしたニンニクが野菜の山の天辺に載っており

らーめん たま館 にぼぶら ぶら二郎(ニンニク)

厚みのある豚2枚が、ヤサイの脇に添えられている。

らーめん たま館 にぼぶら ぶら二郎(豚)

柔らかいとは言い難いが、肉々しい食感が良く悪くない。

一枚を食べて、もう一枚をスープの中に沈めてチン!する。
( ̄▽ ̄)

ヤサイには食べ易いようにカエシが掛かっていて旨い。
モヤシ7、キャベツ3くらいかな。
キャベツの芯なんかも混じっていてシャキクタな食感。

ヤサイの脇に盛られたタップリのアブラと一緒に食べると、これが旨い。
ヾ(^0^)〃

らーめん たま館 にぼぶら ぶら二郎(あぶら)

トッピング前に小鍋で火に掛けられていた脂が
この脂なんだろうなぁ・・・
でろでろの食感とは違い、ちょっとブリッとした食感で面白い。

らーめん たま館 にぼぶら ぶら二郎(麺)

引っぱり出した麺は薄小麦色で大きくうねる形状の太麺。
軽く芯が残る固めの茹で上がりで、ムキムキ。

( ̄▽ ̄) 旨い。

らーめん たま館 にぼぶら ぶら二郎(スープ)

茶濁したスープはしっかり乳化している。
ニンニクが似合うにくいヤツですな。

旨々。ヾ(^0^)〃

立川にも二郎があるというのに
この完成度の高い一杯はなんなんだぁ。( ̄▽ ̄;)

スープも結構頂いた。

らーめん たま館 にぼぶら ぶら二郎 丼

旨かった。
御馳走様でした。




「千里眼」@目黒区駒場

2009/12/25 20:47|東京都目黒区TB:0CM:0
最寄り駅は「駒場東大前駅」。

お昼は学生達で混んでいるらしい。

ならば夜に向おう。( ̄▽ ̄)

千里眼

「千里眼」
  住所 東京都目黒区駒場4-6-8 佐藤ビル1F
  電話番号 03-3481-5773
  営業時間 平 日 11:30~14:30、17:00~22:00
       日・祝 11:30~14:30、17:00~21:00
  定休日 月
  座席数 カウンター12席



千里眼 看板

遠目に店の前に列は見えない。( ̄▽ ̄)

店内に入ると、店内待ちは無く、カウンター席に一つ空き発見。
らっき~。ヾ(^0^)〃

スタスタと券売機の前に進み「ラーメン680円」を購入して席に。

厨房内の男性に食券を手渡してお冷のコップを探す。

ん?

あったった。振り返った後ろにあった。
コップの隣に冷水器もある。
高台にも冷水ポットが用意されているので
食べている最中は高台のポットが利用しやすい。

お冷を注ぎ席に戻って、さぁ待ちます。

こちらの無料トッピングは、
「野菜マシ、ニンニク、アブラ、カラメ、辛揚げ」の中から選べて、あんまり見かけない「辛揚げ」っつうのは
揚げ玉に一味がタップリ絡んだもの。

これは頼んでみないと。( ̄▽ ̄)

さて、他は何のトッピングをお願いしようかのう。
( ̄▽ ̄)

しばらくして「7番のラーメンのお客さん」と声が掛かり
「野菜マシ、アブラ、辛揚げとニンニク少しで」お願いする。

程よい山になった丼が高台に置かれたので目の前に下す。

千里眼 ラーメン

油と脂が絡み、カエシが掛かった野菜はツヤツヤしている。
少しでお願いしておいた刻みニンニクは山の麓に。

千里眼 ラーメン(ニンニク)

その近くに「辛揚げ」が山から噴火した
溶岩か岩石のように添えられている。
※「でろでろ」はしていない。

千里眼 ラーメン(辛揚げ)

この辛揚げが混じって味が変化する前に野菜をザクザクと頂く

脂が絡んでシャキシャキ感もあって旨々。ヾ(^0^)〃
モヤシ8キャベツ2くらい?
なかなかのボリュームで満足です。

野菜の山を平らげ半分スープに浸った豚を引っぱり出す。

千里眼 ラーメン(豚)

分厚く柔らか。
んでもって、なかなか手の込んだ処理が施されている。

巻かれた柔らかい豚を肉質の異なる薄い豚で巻いて崩れないようにしてる。
ヾ(^0^)〃

レンゲが無いので丼を傾けてスープを頂く。

千里眼 ラーメン(スープ)

乳化し茶濁した豚骨醤油。
粘度が高い。(゚∀゚ )
濃厚でマイルドなスープで、ハッキリ言って旨い。ヾ(^0^)〃

麺を引っぱり出す。

千里眼 ラーメン(麺)

開化楼の小麦色した平打ち気味の麺。
固すぎず、柔らかすぎずムチモチで旨い。
ブリブリとスープを持ち上げてくる。ヾ(^0^)〃

「辛揚げ」はスープに浸ってヒタヒタして辛い部分もあるし、
スープに浸っていなくてカリッとした良い食感を残す部分もあり
良いアクセントになって良い辛味材料になっている。
んでもって、ニンニクが更にスープのパンチを増す。

旨かった。
丼を持ち上げてスープを完飲。

御馳走様でした。




「BUZZ」@台東区根岸

2009/12/25 20:37|閉店TB:0CM:0
以前「拉麺処 博多三社塾」が在った場所。

この「BUZZ」という屋号から想像していた一杯
とは異なる一杯が出てきました。( ̄▽ ̄)

丁度食べ終わったお客と入れ違いに入店。

BUZZ 看板

「BUZZ」
  住所 東京都台東区根岸3-3-18 メゾン根岸1階
  電話番号 ?
  営業時間 11:30~15:00、18:00~21:00
  定休日 水
  座席数 カウンター8席



BUZZ.jpg

入って右手にある券売機で、迷わず「塩らぁ麺700円」を購入。

食券を厨房にいる店主らしき男性に渡して出来上がりを待ちます。

ハッキリ記憶はしていないが、内装は以前の店から変わっていないように思う。

しばらくして、シャッ!ッシャ!と心地良い湯切りの音が聞こえてきて
一杯が目の前に登場する。

BUZZ 塩らぁ麺

中央に水菜が盛られ、海苔、巻チャーシュー、穂先メンマが載る。

勝手に屋号から想像したジャンクな一杯とは違った
見た目にシンプルな一杯。

チャーシューはクセ無く柔らかで、まぁまぁな味わい。

BUZZ 塩らぁ麺(穂先メンマ)

穂先メンマは塩気のあるもので、あまりクタッとしていなくて
程よいシャクシャク感があって旨い。

スープを頂く。

BUZZ 塩らぁ麺(スープ)

黄金食のスープ。

程よいキレとコク。

フワッと感じられる煮干しの香り。

鶏の出汁も良く旨い。( ̄▽ ̄)

BUZZ 塩らぁ麺(メンマ)

麺は三河屋製麺。

軽く揺らぐ形状の中細麺。

BUZZ 塩らぁ麺(麺アップ)

よーく見ると、全粒粉のようで粒々が混入している。
( ̄▽ ̄)

コシがあて、最後食べ終わるまでしっかりしていて
香りを嗅ぐと小麦の香りがする。( ̄▽ ̄)

なかなか満足のいく旨い一杯。

スープは気が付けば完飲してしまった。

旨かったですよ。

御馳走様でした。



「らぅめん さぶ郎 五反田店」@品川区西五反田

2009/12/24 20:58|東京都品川区TB:0CM:0
あの新橋の『さぶ郎』の支店が出来たのを知って
やっと訪問できた。

最寄り駅は「五反田駅」。

らぅめん さぶ郎 五反田店 看板

「らぅめん さぶ郎 五反田店」
  住所 東京都品川区西五反田2-10-8 ドルミ五反田ドゥメゾン1F
  電話番号 03-3490-0300
  営業時間 平 日 11:00~22:00
        土  11:00~15:30 ※ スープ切れ次第終了
  定休日 日・祝
  座席数 カウンター16席



「正油豚2枚600円」の食券を購入。
コの字型カウンター席の端に空きがあり、そちらへ。

食券を高台に置くと食券を回収しに来た店員さん。
若い男性で新橋のあの雰囲気とは少し違う。

座った目の前に貼られたトッピングメニュー。

らぅめん さぶ郎 五反田店 無料トッピング

「ヤサイマシマシってできるの?」と聞くと
「はぃ、特盛りですね、できますよぉ。」と笑顔の接客。
( ̄▽ ̄)

「じゃぁ、麺固めでヤサイマシマシ、アブラマシで玉葱入れて」と伝える。

さぁ待ちましょうか。( ̄▽ ̄)

高台に置かれた氷の入ったグラスに、カウンターに用意された冷たい緑茶を注いで頂く。
おしぼりも出ていて、なんと、ミントの香りがするではないか。( ̄▽ ̄)

しばらくして高台に置かれたそヤツを目の前に下す。

らぅめん さぶ郎 五反田店 正油豚2枚

「野菜の方は足りなかったら盛って来ますので言って下さい。」と笑顔。
一回にドサッと盛ってくれる方が良いのになぁ。
追加で盛られるのはあまり好きではない。

折角綺麗に野菜の上に掛けられた白い脂の上に、更に積むなんて・・・。
( ̄▽ ̄;)

このままで結構です。

らぅめん さぶ郎 五反田店 正油豚2枚(あぶら)

アブラが掛かった野菜をザックリと頂く。
モヤシ6、キャベツ4くらいの割合かな。

丁度良い茹で加減で、脂の甘味が絡んで旨い。

刻み玉葱は一箇所にかたまって盛られず、野菜と一緒にワサッと盛られていて
偶にシャキッとする甘辛な味が旨い。ヾ(^0^)〃

らぅめん さぶ郎 五反田店 正油豚2枚(豚)

巻チャーシューは2枚入っていて、脂身が少し多めの大きめのものが一枚、
脂身が少なめで小さめのものが一枚。
どちらも少し冷めているので、スープに沈めて温めて頂く。

ヤサイをクリアして麺を持ち上げる。

らぅめん さぶ郎 五反田店 正油豚2枚(麺)

麺は薄小麦色の中太ストレート麺。
表面にザラツキがありワシワシいける。
長時間、スープに浸るのは苦手な麺のようで
固めでお願いしたが、ヤサイを食べている間に少し柔らかくなってしまった。

ワシワシとかき込むように食す。

らぅめん さぶ郎 五反田店 正油豚2枚(スープ)

スープは背脂が浮くサラッとした豚骨醤油でかなりライトな味わい。

乳化はしておらず、インスパイア系の中でも結構ライト。

完食。

御馳走様でした。




「インフィニ」@品川区豊町

2009/12/23 20:44|東京都品川区TB:0CM:0
最寄り駅は東急大井線「戸越公園駅」。

通販「Infinitus 0」の実際にラーメンを提供する店舗。

インフィニ

「インフィニ」
  住所 〒142-0042 東京都品川区豊町4-1-14
  電話番号 ?
  営業時間 平 日 11:30~スープ切れ、18:00~スープ切れ
        日  11:30~スープ切れ
  定休日 月
  座席数 カウンター6席



インフィニ テント

お店を覘くと、お世辞にも広いとは言えない店内に先客が3名。

入口側の席が空いていたので券売機が無いことを確認して着席。

入口に近いところにカラフルなお冷用のコップが用意されている。

その中から選んだ黄色いコップにお冷を注いでメニューを拝見。

インフィニ メニュー

「インフィニのまぜそば750円」を注文する。
まぜそばには有料だがマヨやチーズなどの追加トッピングがあるが、初めてなのでトッピング追加は無しで。

お。Σ( ̄o ̄ )
生ニンニクは無料であるらしいが、今日はやめて牛の味を楽しもう。

サッカー好きな店主なのだろうか、店内にはボール、シャツ、カードなどがあって、壁にはサッカーの記事がペタペタと貼られている。

メニューにも出ていたロゴ。
何処かのサッカーチームのロゴなのかと思っていたのだが
よ~く見るとオリジナルなんですね。(笑)

インフィニ ロゴ

「infinitus 0」、「FOOTBALL 麺 CLUB」、中央に牛。

しばらくして私の注文したまぜそばの登場。
通販ではお馴染みらしいが、何せ食べたことが無いのでワクワク。

インフィニ インフィニのまぜそば

提供前にトングを使って丼の中でしっかり絡められていたので、麺にはしっかりタレが絡んでいる。

トッピングは、多くはないが中央にモヤシがこんもりと盛られ、そのモヤシに厚めの巻チャーシューが添えられるように載っている。

インフィニ インフィニのまぜそば(巻チャーシュー)

他には甘味のアクセントになっているフライドオニオンと、芳ばしさのあるニンニクチップがこれまたこんもりと盛られ、
カツオ節がふっさりと盛られている。

インフィニ インフィニのまぜそば(フライドオニオンニンニクチップ)

インフィニ インフィニのまぜそば(タレ)

麺に絡んでいるが、具にも絡めてしまえ!と混ぜ込む。

インフィニ インフィニのまぜそば(麺)

平打ちでクルクルと縮れた太麺。
タレがよ~く絡んでいてモッチリした食感で旨い。

塩気は強すぎず、濃厚、マイルドなタレ。
荒挽きコショウの香りが良く、ピリッとした辛味、カツオの和、芳ばしいフライドもの。
よ~く混ざってバランスよく旨い。

麺は並で200gと、それ程多くなくサクッと完食。

お会計を済ませて「ごちそ~さ~ん」。




「麺屋 33」@千代田区神田神保町

2009/12/23 13:49|東京都千代田区TB:0CM:0
入口の外に券売機が設置されている。

券売機の左上のボタンを見ると「丸鶏旨味そば醤油700円」とある。

鶏かぁ・・・。

麺屋33

「麺屋 33」
  住所 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-44 竹本ビル 1F
  電話番号 03-3259-5135
  営業時間 11:00~、17:00~
  定休日 ?
  座席数 カウンター席 + 4人用テーブルx2



麺屋33 看板

千円札を投入してボタンを押す。

麺屋33 券売機

店内に入ると丁度カウンター席がいっぱいで奥にあるテーブル席に案内される。

しばしの待ちのあと、提供されたのが此方の一杯。

麺屋33 丸鶏旨味そば醤油

トッピングは太めのメンマと豚と鶏のチャーシュー、カイワレ、葱、中央に盛られた玉葱の細かく刻まれたもの。

レンゲでスープを掬って頂く。

鶏の旨味と強くはないが魚介の旨味が口に広がる。

ほんのりとした甘味が旨く、中央に盛られた玉葱をスープに溶くと
葱の芳ばしさが広がる。

なかなか旨い。( ̄▽ ̄)

麺屋33 丸鶏旨味そば醤油(麺)

麺は薄黄色い中太ストレート麺。
低加水な食感でコシがあって旨い。

加水率が低くて、麺をよ~く噛み噛みすると
スープの旨味と入り混じって旨々。

あっさりだけどコクがあって旨い一杯。

濃厚な一杯もメニューにあるようで、そちらも気になる。
( ̄▽ ̄)

旨かったです。
御馳走様でした。



「太麺堂」@新宿区高田馬場

2009/12/22 21:02|東京都新宿区TB:0CM:0
馬場の駅からテクテク歩く。
遠目に列らしきカタマリ・・・。

以前は「つけめん朝日」が在った場所。

九州の麺劇場 玄瑛 と開化楼の負死鳥カラスのコラボで
12月30日までの限定営業ということで、やって参りました。

太麺堂

「太麺堂」
  住所 東京都新宿区高田馬場1-4-18
  電話番号 03-3203-2083
  営業時間 11:30~15:00、17:00~21:00
  定休日 月 ※祝日は営業
  座席数 カウンター17席



暖簾の画像も撮りたかったが、人が多くて・・・
( ̄▽ ̄;)

前には30人くらいの待ち客がいたが
意外に回転が早くて15分くらいで店内へ入ることが出来た。

券売機で「太ラーメン」を650円で購入して店内でまた列ぶ。

何でも良いから「太宣言」すれば 650円となる。

券売機やカウンターに用意された名刺の裏に「太宣言」を書けば良いだけ。

太麺堂 名刺

太麺堂 名刺(裏)

何を書こうか・・・考えながら待つ。

店員さんがお客の書いた太宣言に関して何か一言コメントするようで
良いコミュニケーションが取れているようだ。
手間ではあるが、暖かい接客が出来てなかなか良いシステムかもしれない。

まぁ、静かに食べたい人にはなんだが。(笑)

店員さんも、お客も良い笑顔をしている。

私の太宣言は・・・。(笑)

席が空いて案内され、券売機の横にある冷水器でお冷を注いで席につく。

太宣言を書き終わると・・・

注文した品が出てくるのが早い。ヾ(^0^)〃
メニューが1本で、大盛りは無く、トッピングも少ないため
タイミングを間違えなければかなりの高回転となる。

出てきた一杯がこちら。

太麺堂 太ラーメン

中央に玉葱のスライス、その上に細かい削り節、赤い糸唐辛子が添えられ
カボチャと軟骨チャーシューが載っている。

スープは透明とは言えない濁ってトロミのある塩ともう半分が、
茶褐色の海老の芳ばしい香りのする香味油が浮いたスープ。
先ずは混ぜずに、塩っぽい濁った方から・・・
とろっとトロミがあり動物の旨味がグィッと舌にくる。
アサリ、昆布、節も合わせられているコクのあるスープ。

うまっ。(゚∀゚ )

香味油はクワトロ油と称されえび鬼殻焼き、干し貝柱、アサリ、干しエビから成るらしい

エビの芳ばしさが強くて、貝類は舌では分からなかった。
( ̄▽ ̄)
ちょっと熱いので気を付けましょう。(笑)

豚の旨味が出た濁りのあるスープと香味油が混じり合うことで旨味が増す。
ヾ(^0^)〃

太麺堂 太ラーメン(麺)

麺は薄黄色い太麺。切り刃12番の極太麺と説明されている。
ムキムキの噛み応えでなかなか旨い。
スープにそこそこのトロミがあるので、このタイプの太麺でもしっかりスープが持ち上がってくるので旨い。

トッピングの甘いカボチャの存在も悪くはない。
スライスされた玉葱のシャキッとした甘辛なアクセントはスープに合っていて良い。

太麺堂 太ラーメン(軟骨チャーシュー)

これは凄い!と思ったのが、軟骨チャーシュー。
軟骨がコリッとくるのかな?と思いきや、

『プニョッ』 Σ( ̄o ̄ )!

軟骨がプニョンプニョンで凄く柔らか。
色は醤油色濃い色合いだが、ほんのり甘塩っぱい味付けで旨い。
食感は大いに主張し、周りを乱すことのない味わいがナイス。
ヾ(^0^)〃

完食。旨かった。

期間限定営業なのが残念。

御馳走様でした。




「燃えよ!!ヒバゴン」@埼玉県さいたま市見沼区

2009/12/22 13:15|埼玉県TB:0CM:0
昼ごはんをここで。( ̄▽ ̄)

燃えよ!ヒバゴン 看板

「燃えよ!!ヒバゴン」
  住所 埼玉県さいたま市見沼区東大宮4丁目12-22 八木泉第一ビル
  電話番号 048-663-9830
  営業時間 11:30~14:30、18:00~23:00
  定休日 水
  座席数 カウンター6席 + 4人用テーブルx2 + 2人用テーブルx1



燃えよ!ヒバゴン

なんだか賑やかな雰囲気のお店。
入口を入るとレジがあり、食券を気にせずカウンター席に座る。

メニューを拝見。

燃えよ!ヒバゴン メニュー

「ヒバゴンラーメン(680円)一つ下さい。」と厨房内に伝えて
出来上がりを待ちます。

しばらくして、高台ごしに手渡されるかと思いきや
きちんと後ろを回って提供された一杯。
なかなか丁寧な接客で感心です。( ̄▽ ̄)

燃えよ!ヒバゴン ヒバゴンラーメン

トッピングは葱、炙りチャーシュー、メンマ、ホウレン草、海苔。
芳ばしい香りが立っている。

チャーシューは想像していた食感とは良い意味で違ってトロッと柔らかい。
芳ばしい味わいが口の中に溶け出る。

燃えよ!ヒバゴン ヒバゴンラーメン(チャーシュー)

メンマは意外にしっかり甘塩っぱい味付けが施されている感じ。
( ̄▽ ̄)

燃えよ!ヒバゴン ヒバゴンラーメン(スープ)

スープは背脂が浮いた豚骨醤油。
甘味が感じられ、コクがあって旨い。

ニンニクかな?揚げ葱かな?スープに焦げカスが浮いていて凄く芳ばしい。

燃えよ!ヒバゴン ヒバゴンラーメン(麺)

麺は軽く縮れた中太麺。
薄黄色い多加水な食感で程よいコシ。
スルスルッと啜り易くなかなか旨い。

サクッと完食。( ̄▽ ̄)

お会計の際にアイスのサービスがあるようですが
甘いものが苦手なので丁重にお断りさせて頂きました。

旨かったです。
御馳走様でした。



「つけ麺 なかむら」@渋谷区道玄坂

2009/12/21 20:09|東京都渋谷区TB:0CM:0
この店の周辺はラブホが多く少し違和感が・・・。
よってお客もカップルが多かったりする。(笑)

つけ麺なかむら

「つけ麺 なかむら」
  住所 東京都渋谷区道玄坂2-18-7
  電話番号 03-3770-4766
  営業時間 月~土 11:00~AM6:00
        日  11:00~20:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター15席



つけ麺なかむら 看板

店の入口に「浅草開化楼」の札。

店内は広い。

L字型のカウンター席のみで、座って背中側には余裕のスペースがある。

先ずは券売機で「しょう油つけ麺720円」を購入。

空いている席に座って食券を高台に出し置く。

麺の量を聞かれて大盛りでお願いする。
麺の量は、並220g、中330g、大440gが同額だから嬉しい限り。
ヾ(^0^)〃
また麺の種類も中太か極太か選べ、私は極太で。
卓上には魚粉と刻み玉葱が壷に入って用意されている。

しばらくして注文した品が登場。

つけ麺なかむら しょう油つけ麺

麺は確かにグニグニと細かく縮れた極太麺。
固めの茹で上がりで咀嚼に力を要する薄小麦色の麺。

つけ麺なかむら しょう油つけ麺(麺)

量も440gとあってボリュームも良い。

つけ汁からは甘酸っぱい香りが立っている。

つけ麺なかむら しょう油つけ麺(つけ汁)

表層がオイリーな感じで、一味が多めに浮いている。
麺を浸して啜ると、表層の油が麺に絡む。
見た目通り一味の辛味が前に出ていて
酸味はそれ程強くないが甘酸っぱい味わい。
けど、しっかりと動物の旨味が出ているところが良く
只の甘酸っぱいつけ汁として位置付けては駄目かな。

つけ汁の中には芳ばしい味付けの乱切りされたような豚と
そこそこ歯応えの良いメンマが沈む。
チャーシューは入っている量が少ないのが残念。

つけ麺なかむら しょう油つけ麺(具)

味の変化を求めて、卓上に用意されている刻み玉葱と魚粉をドサッと投入してみる。

甘めのつけ汁に甘辛な玉葱だが、シャキッとした食感が加わり
魚粉で良い感じに旨味が増して、全体的に甘めではあるが旨々となる。

完食。( ̄▽ ̄)

御馳走様でした。



「超ごってり麺 ごっつ」@江東区亀戸

2009/12/20 20:23|東京都江東区TB:0CM:0
赤い外装のお店。

超ごってり麺ごっつ

「超ごってり麺 ごっつ」
  住所 東京都江東区亀戸1-39-7
  電話番号 03-5875-2212
  営業時間 11:00~28:00
  定休日 水
  座席数 カウンター16席



超ごってり麺ごっつ 看板

店内に入る。

客の入りはなかなか。
券売機で「しょうゆラーメン680円」を購入して空いている席に座る。

食券を渡すときに、背脂の量を聞かれて「普通」でオーダー。

座った席の背中側に冷水器があったので
座ったまま振り返って水を注ぐ。

さぁ、しばしの待ち。

程なくして出てきた一杯がコチラ。

超ごってり麺ごっつ しょうゆラーメン

並盛りなのに丼が少し大きめかな
ボリュームもあるように見える。

中央に「これでもか」と言わんばかりに多めの葱。
かなり良いニオイをさせている。

チャーシューは面積の大きい巻もの。
薄めのものでスープに押し込んで後で頂く。

葱を退かすとシャキシャキのモヤシが多めに隠れている。
メンマは歯触りの良いものが数本。

じゃぁ、スープを。

超ごってり麺ごっつ しょうゆラーメン(スープ)

パッと見、これで「普通」の脂の量かと思わせる程、かなりのチャッチャ量である。
( ̄▽ ̄;)

コクのある醤油スープにタップリの背脂の甘味がバッチリ合っている。
なかなか旨い。

超ごってり麺ごっつ しょうゆラーメン(麺)

麺を引っぱり出すと黄色っぽいブリブリと縮れた太麺が出てくる。

ムチムチち固めの弾力で、背脂が麺に絡んでタップリ持ち上がり旨々。

スープの温度で再生されたチャーシューを食べる。
少し塩気を感じるチャーシューだが、トロンと柔らかく旨い。
( ̄▽ ̄)

背脂タップリでスープ完飲とは行かなかったが旨かったです。

御馳走様でした。




「九州らーめん つばめ軒」@さいたま市浦和区

2009/12/19 14:16|埼玉県TB:0CM:0
最寄り駅は「北浦和駅」。

以前から店の前を通過して存在を知っていたが、
なかなか訪問する機会がなかった。
今日はクーポンを見つけたので行ってみることに。

九州らーめん つばめ軒

「九州らーめん つばめ軒」
  住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-20-8
  電話番号 048-832-6857
  営業時間 11:30~28:00 ※スープ切れ次第終了
  定休日 水 ※祝日の場合は木
  座席数 カウンター席



九州らーめん つばめ軒 看板

入口を入ると左手に券売機があって
「らーめん650円」を購入して席へ。

味玉のクーポンを提示して、味玉を付けて貰い、麺は固めでお願いする。

九州らーめん つばめ軒 麺の固さ

サクッと出てきた。

九州らーめん つばめ軒 らーめん

赤い文字で屋号が記された少し小さめの白い丼。

縁に海苔がささり、刻みキクラゲがチラッと姿を出していて
面積の大きい巻チャーシューが2枚と緑の葱が麺を姿を隠し、
味玉がプカッと浮いている。

高台にあるレンゲでスープを頂く。

九州らーめん つばめ軒 らーめん(スープ)

薄茶濁したスープは豚骨特有の臭みは少なく、

粘度は高くないが、コクが充分にあり
ほんのり甘味が感じられるスープで旨い。
ヾ(^0^)〃 塩加減もバッチリ。

味玉はモッチリとした半熟で旨々。
チャーシューは薄いがクセなく普通に旨い。
2枚入っているのは○。

九州らーめん つばめ軒 らーめん(麺)

麺は九州系を感じさせるストレート細麺。
加水率低めで固めで旨い。ヾ(^0^)〃

スープも良く上がるし旨い一杯を完食。

御馳走様でした。



「黄金の塩らぁ麺 Ayumi」@武蔵野市吉祥寺

2009/12/18 20:09|閉店TB:0CM:0
立川のラーメンスクエアに在った「ラーメン道 due Italian」で働いていた方のお店だとか。

外にも席が出ていて、赤色のカウンターに、赤いイスが何とも洒落ている。
まぁこの時季に外は寒いかぁ・・・(笑)

黄金の塩らぁ麺Ayumi

「黄金の塩らぁ麺 Ayumi」
  住所 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-14
  電話番号 042-223-3260
  営業時間 日~木 11:30~23:00
       金、土 11:30~28:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター4席+2人用テーブルx4



入口を入ると正面に券売機があり「塩らぁ麺780円」を購入して奥へ。

カウンター席にお冷が置かれ、私の座る位置は決定済みのようでそちらに腰をかける。

イタリア語なのかな?

厨房と配膳担当の女性店員さんとの間で言葉が交わされている。

意味がわからん。(笑)

程なくして提供されたのが此方の一杯。

黄金の塩らぁ麺Ayumi 塩らぁ麺

器は白色で少し深めのタイプ。
カウンターの赤色の中で目立っている。

白い器の中には、文字通り黄金色のスープが満たされていて
中を麺が泳ぎ、トッピングは巻チャーシュー、水菜、細めのメンマとシンプル。

黄金の塩らぁ麺Ayumi 塩らぁ麺(スープ)

黄金色のスープは芳ばしい香りが良い。
( ̄▽ ̄)
スープ表層には細かく刻まれた葱と揚げ葱が浮く。
シャキッとした葱と芳ばしい香りの揚げ葱。
スープ表層は少しオイリーな感がある。
程よいキレがあり、コクがあって旨い。
( ̄▽ ̄)

黄金の塩らぁ麺Ayumi 塩らぁ麺(麺)

麺は薄黄色い多加水な食感の細麺。
茹で上がりは丁度良く啜り易い麺でスープも良く持ち上がってくる。

トッピングのメンマは細めで見た目にクタッとしているが意外に程よいコリコリ感がある。

チャーシューは香り良く味付けされ、柔らかで旨い。

サクッと完食。

旨かったです。
御馳走様でした。




「あ.ガッチャ麺」@文京区千石

2009/12/18 12:57|東京都文京区TB:0CM:2
最寄り駅は都営三田線「千石駅」。

『ワイントン』で有名らしい。

あ.ガッチャ麺

「あ.ガッチャ麺」
  住所 東京都文京区千石1-23-7井田ビル 1F
  電話番号 03-3941-6399
  営業時間 11:00~15:00、17:30~22:00
  定休日 月
  座席数 カウンター7席



あ.ガッチャ麺 看板

券売機で「味噌らーめん850円」を購入する。

ワイントンはちょっと高い・・・( ̄ー ̄;)

先客は1名。

食券を手渡して、券売機に近い席に腰を下ろして出来上がりを待ちます。

『ワイントン』とはワインを飲ませて育てた豚のことらしく、それが旨いらしい。

ワインを飲んで一生を過ごせるなんて羨ましいなぁ・・・。

( ̄▽ ̄)

店内は特に変わった所は無く、綺麗で、カウンターだけの営業。
三河屋製麺の麺箱が積まれている事ぐらいが目に付いたところ。

しばらくして女性店員さんが一杯を運んでくる。

ごた~ぃめ~ん。
(゚∀゚ )

あ.ガッチャ麺 味噌らーめん

中央に葱、

ちょっと厚めの豚チャーシュー、水菜、メンマ、
良く探るとモヤシと玉葱と挽肉が炒められたものも少々。
丼の縁には擦った生姜と柚子胡椒が添えられている。

あ.ガッチャ麺 味噌らーめん(生姜柚子胡椒)

先ずはチャーシューを頂いてみる。

あ.ガッチャ麺 味噌らーめん(チャーシュー)

厚みもあり脂身と肉の割合が良く噛むとぶじゅ~っと
旨味が出てくる。

( ̄▽ ̄) 旨い。

スープを頂く。

あ.ガッチャ麺 味噌らーめん(スープ)

上にラード層がありアツアツ。
甘味があり、味噌臭くなく、芳ばしくて、コクが有ってうまい。
( ̄▽ ̄) 札幌を思い出させるねぇ。

丼の縁に付いている生姜と柚子胡椒をレンゲの中でちょっとずつ試してみる。

生姜では深みが増したスープにもなるし、柚子胡椒では、
ピリッとして柚子の香りが心地良いサッパリしたスープにもなる。
どちらも旨い。ヾ(^0^)〃

麺を引っぱり出す。

あ.ガッチャ麺 味噌らーめん(麺)

ツヤのある中太縮れ麺。
固めの茹で上がりで良いコシ。
やっぱり味噌にはこの手の麺が合うと思う。

うまかった。

完食。( ̄▽ ̄)

ちょっとCPがなぁ・・・と思いながらも味には満足。

御馳走様でした。




「つけめん らーめん 荒海 ARAUMI」@渋谷区代々木

2009/12/17 20:06|東京都渋谷区TB:0CM:0
最寄り駅は「新宿駅」。
南口からが近く『風雲児』の前を通過して訪問。

『風雲児』も昔はこんなに混んでなかったのになぁ…。
店の外に列は出てないが、店内にビッチリ列んでいるのが外から見える。
( ̄ー ̄;)

しかし、今日はここではなく先にある『荒海』が目的地。

つけめん らーめん荒海

「つけめん らーめん 荒海 ARAUMI」
  住所 東京都渋谷区代々木2-16-10
  電話番号 03-5351-0346
  営業時間 11:30~21:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター10席



つけめん らーめん荒海 看板

先客4名。
戸を開けて券売機で「らーめん」を探す。

つけ麺の種類が多く見えて、らーめんよりつけ麺の方が
旨いのか?と少し怯む。( ̄ー ̄;)

おぉ、Σ( ̄▽ ̄ ) あった、あった。

「らーめん700円」をチョイス。

つけ麺は麺の量が並~特まで同額と書かれた貼紙がある。

らーめんは・・・と、カウンターに腰を下しながら食券を高台に。

食券を手にかけた店員さんが「並か大盛りできますが、どうしましょう。」と。

「じゃぁ大盛りにして。」と言葉を発しながらトッピングの貼紙を見つけて

つけめん らーめん荒海 トッピング

「野菜増しで、脂も増して、麺固めで。」お願いする。
ニンニクは抜き。( ̄▽ ̄)

麺固めだからかな、提供が意外に早いかな。

高台に置かれた一杯。
横からのシルエットが・・・。

つけめん らーめん荒海 らーめん(横から)

器が深いので、野菜の山が聳えてはいない。

上から見るとこんな感じ。

つけめん らーめん荒海 らーめん(上から)

トッピングはメンマ、巻チャーシュー、ザクザク野菜の山。
( ̄▽ ̄)

メンマは多めに入っているけど味は一般的かな。
薄めの巻チャーシューは、トロンと口の中でとけるように柔らかく旨い。

つけめん らーめん荒海 らーめん(豚)

モヤシとキャベツの山をザクザクと食べる。
野菜の山の麓にレンゲを入れる空きがあるのでスープを掬う。

つけめん らーめん荒海 らーめん(スープ)

おぉ、( ̄▽ ̄) 旨い。
薄茶濁した豚骨魚介醤油。

粘度は高くないがそこそこある。
魚介がほんのりと香り、後味に動物の旨味がしっかりと残るコクのあるスープで、まったりマイルドな味わいで旨い。
ヾ(^0^)〃

スープを野菜に掛けて食べるが、塩気が強いわけではないので
野菜に程よく味が付くくらいの感じで食べられる。

野菜の山が無くなったところで卓上に用意された刻み玉葱を
どっさりと丼に入れる。
つけ麺にも合うのだろうが、らーめんにも合うはず。

つけめん らーめん荒海 らーめん(刻み玉葱)

ほれ、旨い!(笑)
甘辛なザクザクで、レンゲでスープと一緒に食べると旨い。
ヾ(^0^)〃

麺は大盛りだけあってナイスな量。

つけめん らーめん荒海 らーめん(麺)

表面がツルツルで透明感のない薄黄色。
固め指定でムチムチ固めで旨い。ヾ(^0^)〃

スープも完飲。

野菜無しでも勝負できる味だと思う。

旨かったです。
御馳走様でした。




「カラシビ味噌らー麺 鬼金棒」@千代田区鍛冶町

2009/12/16 20:54|東京都千代田区TB:0CM:0
以前訪問したら暖簾が下されていて撤収した。

今日は時間に余裕があるから大丈夫。( ̄▽ ̄)

カラシビ味噌らー麺 鬼金棒

「カラシビ味噌らー麺 鬼金棒」
  住所 〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-10-10
  電話番号 03-3256-2960
  営業時間 平 日 11:00~22:00
        土  11:00~16:00 ※材料がなくなり次第終了
  定休日 日
  座席数 カウンター9席



カラシビ味噌らー麺 鬼金棒 看板

暖簾を潜ると空き席が2席と、客入りは良いようです。

券売機で「カラシビ味噌らー麺780円」を購入。
空いている席に着席し食券を目の前に置いておくと
店主が「辛さとシビレを選べますが。」と愛想よく聞いてくる。

カラシビ味噌らー麺 鬼金棒 カラシビストへの道

ここは初めてなのでデフォでしょう。( ̄▽ ̄)
「普通で」お願いする。

そう、店主さんはテレビに出てましたね。

なんか私よりも若いのに立派だなぁ。

良いサイクルでお客が出て行き、また新しいお客が入ってくる。

しばらくして私の一杯が出来上がり登場。

カラシビ味噌らー麺 鬼金棒 カラシビ味噌らー麺

しっかり山椒の香りが丼の上に立っている。
香り高い四川の山椒らしい。( ̄▽ ̄)

中央に

炙りの入ったヤングコーン、その下にはモヤシがあり
ネギがパラパラッと。

橙色のスープに黒っぽい香味油のようなものが浮き、何だか凄く辛そうに見える。

モヤシの上には旨そうな豚が載っている。

カラシビ味噌らー麺 鬼金棒 カラシビ味噌らー麺(チャーシュー)

解し豚のようで、箸で持ち上げるとトロントロ~ンで
モチャッと柔らか、旨々である。

もやしは根切りされているものなのかな。
絡む根が無くて食べやすい。( ̄▽ ̄)

どれどれ、スープを。

カラシビ味噌らー麺 鬼金棒 カラシビ味噌らー麺(スープ)

丼に入っていた黒いレンゲで一啜り。

おぉ良い香り。(゚∀゚ )
辛味は見た目ほど強くない。

カラシビはデフォルトだが山椒の「シビ」が強めに感じられる。

一啜り、二啜り、程よい辛さでぴりぴりとしたシビレが増し
鼻を抜けるときの味噌の香りが良い。
( ̄▽ ̄)

カラシビ味噌らー麺 鬼金棒 カラシビ味噌らー麺(麺)

麺は平打ち気味の角が残る麺。
ムチムチと程よい噛み応えのある麺で旨い。

若干幅の異なる麺が混在しているように見えたが偶々か。
なかなかの旨辛で完食です。

私としてはもう少しシビレが抑えられた方が好みかな。
次回頼むときは「シビ」を少なめにしよう。

旨かったです。
御馳走様でした。




「ラブメン楽々」@杉並区高円寺

2009/12/15 20:44|東京都杉並区TB:0CM:0
吉祥寺の「武蔵家」から間借りしているらしい。
確かにここは武蔵家が在ったのを車で何度も見ていた。

今日は電車で高円寺。( ̄▽ ̄)

ラブメン楽々

「ラブメン楽々」
  住所 東京都杉並区高円寺北1-4-10
  電話番号 03-3388-0208
  営業時間 平 日 11:30~15:00、18:00~25:00
        日  11:30~15:00、18:00~23:00
       ※ 材料切れ次第終了
  定休日 月
  座席数 カウンター9席



ラブメン楽々 看板

ラブメンとはなかなか面白い屋号だが、吉祥寺二郎はどう思っているのだろうか。(笑)

店内に入ると先客ゼロ。
まぁ、入れ替わりで1人が出て行ったのだが・・・。

お冷を注いで席に着くとパタパタと人が入ってきて
直ぐに満席となって、タイミングの良かった入店でホッとする。
( ̄▽ ̄)

ラブメン楽々メニュー

「ラブメン(小)下さい。」

待つ。( ̄▽ ̄)

ラブメン楽々無料トッピング

さぁ、トッピングに何を載せるかでも考えて時間を潰すかぁ。

野菜マシは、そこそこの量があるらしいから、マシで良し。
吉祥寺二郎なら、唐辛子は必須?(笑)
あとはアブラを入れて、ニンニクは少しかな。

「ラブメン小の方。」とコールが掛かり、
「野菜マシ、唐辛子、アブラ、それにニンニク少しだけ」でお願いする。

高台にオアkれた一杯を目の前に下す。

ラブメン楽々 ラブメン【小】

そこそこ良い山である。

野菜の上にはアブラ、その上にニンニクが少々、
山全体に唐辛子がパ~ッと掛かってる。
唐辛子の香りが良い。(゚∀゚ )

ラブメン楽々 ラブメン【小】(アブラ唐辛子)

山の麓には解し豚とちょっとした厚みのある豚バラっぽい肉が2枚。
バラっぽい肉は味付けらしいものは感じられないが、柔らかく
アブラのまったりしたもので、解し豚はモッチャリと柔らかく、
ほんのり甘めな味付けで旨い。( ̄▽ ̄)

ラブメン楽々 ラブメン【小】(バラ)

ラブメン楽々 ラブメン【小】(解し豚)

野菜をザクザクと頂く。
脂の甘味が絡み、ニンニクが効いて、香り良い唐辛子が
辛すぎない程度に辛味を出している。

旨~。( ̄▽ ̄)

モヤシ9、キャベツ1くらいでキャベツは少なめ。
野菜を食べる合間に豚をつまみ、また野菜を喰らう。
思ったよりも野菜が入っていた。(笑)
野菜に掛かっていた脂、唐辛子、ニンニクは良い感じでスープの中に溶けていった。
( ̄▽ ̄)

高台に用意されたレンゲを取ってスープを頂く。

ラブメン楽々 ラブメン【小】(スープ)

甘味も感じられる乳化しかけた豚骨醤油。
二郎っぽい味わいだが少し違う。
コクがないわけでないが、二郎ならもう少しくる。(笑)
※吉祥寺二郎とは比べていない。(笑)

けどニンニクの合うスープで文句なしで旨い。
( ̄▽ ̄)

ラブメン楽々 ラブメン【小】(麺)

麺はかなり乱暴もののようだ。(笑)
小麦色の大きい揺らぎを持った形状の太麺。
ムキムキの固めでワシワシと喰う感じが堪らない。
( ̄▽ ̄)

これも二郎とは異なり、吉祥寺二郎の柔らかさとは天と地の差。
勿論、天と感じるか、地と感じるかは食べる人の好みによるとは思うのですが。(笑)

レンゲと箸で丼の底から漁るように掬い上げて完食。
丼を高台に上げて、軽くお掃除。

現金を払って「ごちそうさま~。」
外待ち3名。





「煮干鰮らーめん 圓」@八王子市横山町

2009/12/15 13:35|東京都八王子市TB:0CM:0
店の前に列が見える。( ̄▽ ̄;)

最後尾に連結。

なかなか進みませんねぇ。

と言うのも、あとで厨房内の作業を見て分かったのですが
2人分ずつの提供だからのようです。

煮干鰮らーめん圓 看板

「煮干鰮らーめん 圓」
  住所 〒192-0081 東京都八王子市横山町21-21
  電話番号 ?
  営業時間 11:00~15:00、17:00~21:00
  定休日 第2水
  座席数 カウンター7席



煮干鰮らーめん圓

しばらく待って入口の券売機前まで来ることができて
「煮干らーめん 680円」を購入する。

席が空いて、冷水器でお冷を注いで席に。

食券を高台に置いて出来上がりを待ちます。

しばらくして高台に置かれた一杯がこちらです。

煮干鰮らーめん圓 煮干らーめん

中央に葱が盛られ、デフォルトで玉子が半分載っていて太めのメンマとチャーシューが2枚載る。

メンマは一般的かな。
チャーシューはふっくらしていて、脂身の割合も良く、噛むとブジュッと旨味が出てくる豚で、香り良くほんのり甘塩な味付けで旨い。

煮干鰮らーめん圓 煮干らーめん(チャーシュー)

玉子はトロッと半熟で黄身の味が旨く、鼻から抜ける玉子自体の香りも良い。

煮干鰮らーめん圓 煮干らーめん(麺)

断面は長方形、表面がツルツルしていて凄く啜り易く
自家製の玉子麺はなかなか旨い。

煮干鰮らーめん圓 煮干らーめん(麺アップ)

よく見るとプチプチと麺の中に見える。
( ̄▽ ̄)

煮干鰮らーめん圓 煮干らーめん(スープ)

煮干しの香りが良い、比較的澄んだ醤油色の煮干しスープ。
粘度無くサラッとしていて、一啜りすると口いっぱいに煮干し。
ギュッと締まった味わいで、スッキリした飲み口になっている。
鼻腔から抜けていく煮干しの香りに満足。( ̄▽ ̄)

サクッと完食。

御馳走様でした。



「あいはらや」@杉並区高円寺

2009/12/14 20:27|東京都杉並区TB:0CM:0
最寄り駅は丸の内線の「新高円寺駅」。
水曜、土曜の夜営業は「AIHARAYA」というブランドで営業しているらしい。
2Fは焼肉屋さんのようです。

あいはらや

「あいはらや」
  住所 東京都杉並区高円寺南3-3-3
  電話番号 03-3315-5455
  営業時間 11:00~23:00
  定休日 月 ※祝日の場合は翌日
  座席数 カウンター15席



あいはらや 暖簾

入って左側にあった券売機で「ラーメン(とんこつ醤油) 650円」を購入し空き席に着席。

食券を出して出来上がりを待ちます。

出てきた一杯がコチラ。

あいはらや ラーメン

家系か?

九条葱が盛られ、その下にチャーシュー、縁には海苔が3枚。

ホウレン草じゃないんですねぇ。
横に長いチャーシューは柔らかでクセのないもので旨い。

あいはらや ラーメン(スープ)

醤油の角が無い豚骨醤油。

臭みは無く、そこそこの粘度があり、コクがあってマイルドな家系のような味わい。

これは旨い。(゚∀゚ )

あいはらや ラーメン(麺)

麺を引っぱり出すと固めに茹で上がった太麺が現れる。

薄黄色で軽く揺らいだ形状の太麺で、デフォルトでムチムチの固め。

旨々!!( ̄▽ ̄)

旨かったです。
御馳走様でした。



「メン屋きっちん」@さいたま市浦和区

2009/12/14 13:27|埼玉県TB:0CM:0
見た目に賑やかな黄色い建物。
けど線路沿いにあって、店の回りはそれ程賑やかではない。

赤い暖簾を潜って入店。

メン屋ちっきん

「メン屋きっちん」
  住所 埼玉県さいたま市浦和区北浦和4-7-10
  電話番号 048-832-6850
  営業時間 平 日 17:30~25:30
         土日祝 11:30~14:30、17:30~25:30
  定休日 火
  座席数 カウンター7席 + 4人用テーブルx1 + 2人用テーブル×1



メン屋ちっきん 看板

実は以前、店の前まで来たのだが、看板を見て
ラーメンを掛持ちしている「メシ屋」さんなのかと思って撤収。(笑)

メン屋ちっきん 看板アップ

帰ってからネットを探ってみると鶏で塩が旨い店らしく、
これは行かねばと今回が再訪。( ̄▽ ̄;)

空いているカウンター席に座って「ちっきん麺 塩 690円」を
注文を取りに来た店員さんにお願いすると、太麺か細麺が選べるとの事なので細麺で。
ライスかデザートが付くとの事だがラーメン単品で頂くことに。

( ̄▽ ̄)

さぁ、出でよ~っ!ヾ(^0^)〃

後客がチラホラ続けて入ってきて、オーダーしている最中に
私の一杯が運ばれてくる。

メン屋ちっきん ちっきん麺【塩】

揚げ葱、メンマ、白葱、鶏チャーシューがトッピング。
丼の縁に柚子胡椒がひっ付いている。

メン屋ちっきん ちっきん麺【塩】(柚子胡椒)

黄色み掛かった白濁したスープ。

メン屋ちっきん ちっきん麺【塩】(スープ)

粘度はあまり高くないが、一啜りすると
鶏の旨味が充分に出ていてコクのあるスープに満足する。
塩加減が丁度良く、芳ばしい旨味のあるスープが旨い。
ヾ(^0^)〃

メン屋ちっきん ちっきん麺【塩】(麺)

麺は軽く縮れた細麺で啜り易く、スープも良く上がってくる。
多加水麺だがしっかりコシがある麺で良いねぇ。
太麺は未食だが、細麺がスープに合っているように感じられる。

メン屋ちっきん ちっきん麺【塩】(鶏チャーシュー)

鶏チャーシューはホックリと柔らかで鶏自身の香りが◎で旨い。
ヾ(^0^)〃
2枚入っているのが嬉しい。

ノーマルの黄色っぽいのままで旨味を楽しみ、
焦がし葱を含めて香りを楽しみ、
柚子胡椒をレンゲに溶かして香りを別物に変えて楽しみ・・・。

なかなか満足度の高い一杯を完食。

旨かったです。
レジでお会計を済ませて店を出ます。
御馳走様でした。




「煮干し 青樹」@立川市錦町

2009/12/13 14:13|東京都立川市TB:0CM:0
東京都羽村市の「いつ樹」の曜日限定の「青樹」。
そちらに行く機会がなくて、こちら立川に出来た「たま館」で頂くことに。
( ̄▽ ̄)

らーめん たま館 看板

「煮干し 青樹」
  住所 東京都立川市錦町1-2-16 立川アーバンホテル1F
  電話番号 042-512-8939
  営業時間 平 日 11:00~26:00
          土  9:00~26:00
          日  9:00~21:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター8席



らーめん たま館 煮干し青樹

券売機で「荒煮干しそば650円」を購入して空いているカウンター席に腰を下して
高台に食券を置いて待つ。

厨房に向って左奥にスープの入った寸胴があり
全身を使ってまぜまぜしております。( ̄▽ ̄)

煮干しの良い香りに鼻を擽られながら待つ。ヾ(^0^)〃

丼は茹でられる麺の上でしっかり暖められ
余計な水気はしっかり拭き取られる。

スープは提供分だけ小鍋で火に掛けられ、
暖まったところで、丼一つ一つにきっちり注がれる。

上がった麺が丼に移されてスープに馴染まされる。

手早くトッピングがなされて、高台に丼がのる。

出来上がった一杯がこちら。

らーめん たま館 煮干し青樹 荒煮干しそば

丼から煮干しの香りが一本の柱になって上っているようで香りが良い。
( ̄▽ ̄)

トッピングは青葱、海苔、チャーシュー2枚、メンマ。
メンマは大きめだが一般的な味がする。
チャーシューは冷めていたので、スープに浸してから頂く。

先ずはスープから。

らーめん たま館 煮干し青樹 荒煮干しそば(スープ)

薄茶濁した煮干の香るスープ。
レンゲを差し入れると表層に張った膜が撓み、
トロミがしっかりと感じられる。

これは濃厚だ。( ̄▽ ̄)

一啜り。

塩気は丁度良い。

表層に細かい背脂も浮き、トロミがあり濃厚なスープだ。
後味にしっかり動物の旨味が残り、こってりに近い味わい。

動物の濃厚さと煮干しの香りと旨味が充分に出ている一杯。

らーめん たま館 煮干し青樹 荒煮干しそば(麺)

麺は加水率低めの中太ストレート麺。
博多系の食感で少し太めと言ったら分かりやすいかな。

煮干しに低加水は私にとって◎である。
ヾ(^0^)〃

スープを完飲でして席を立つ。

旨かったです。
御馳走様でした。



「どか盛 ラーメン どげん屋」@栃木県小山市

2009/12/12 20:58|栃木県TB:0CM:0
屋号に掲げられた『どか盛』。
栃木にも二郎インスパイア系のお店が増殖中。(笑)

その中の一軒になるようで、自家製麺のお店のようです。

ラーメンどげん屋

「どか盛 ラーメン どげん屋」
  住所 〒323-0028 栃木県小山市若木町3-20-40
  電話番号 ?
  営業時間 11:00~22:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター11席 + 4人用テーブルx1 + 2人用テーブルx1



ラーメンどげん屋 縦看板-1

入口を入って右側に券売機。

ラーメンどげん屋 券売機

少なめで一般的な普通盛らしいことが書かれている。

じゃぁ、『並』でしょう。(笑)

「どか盛りラーメン並750円」と「野菜増し100円」を購入。

食券を手渡して席へ。

店内は綺麗でまだ新しい感じがする。
( ̄▽ ̄)

しばらくして出てきた一杯がコチラ。

ラーメンどげん屋 どか盛りラーメン+野菜増し

なかなかの山です。
けど野菜増しで100円プラスですから、これくらいは普通かな。
それにちょっと丼が小さいですし。

そうそう、ニンニクは別の小皿で登場しました。

卓上にはラーメンダレが用意されています。

山が崩れないようにレンゲで押さえながら野菜を頂きます。
モヤシ9、キャベツ1くらいで茹で具合は○でしょう。
野菜の山にスープを掛けられるように、野菜を少し食べ進む。

野菜の山の脇にレンゲを入れて、スープを野菜に掛けてパクつく。

ん?あっさり?

続けてスープを確認。

ラーメンどげん屋 どか盛りラーメン+野菜増し(スープ)

ライトな豚骨醤油スープ。
醤油は立っておらず、あっさりした飲み口で
変な甘味ではなく野菜からとった様な甘味で旨い。
タンメンを想わせるような味わいで、二郎とは全くの別物。

野菜が無くなりかけたところで山の横に添えられていた
面積の大きい豚を頂く。

ラーメンどげん屋 どか盛りラーメン+野菜増し(豚)

食べやすい柔らかさで普通に旨い。

麺を引っぱり出す。

ラーメンどげん屋 どか盛りラーメン+野菜増し(麺)

比較的色白な平打ち縮れ麺といった感じで、啜りこむとモッチモチの食感。
これも二郎とは別物で、うどんのような麺で固さは無くプリプリモチモチ。

全体的にライト。

二郎だと思って食べると、ん?と思ってしまうが
これもなかなか行ける一杯。

旨かったですよ。
御馳走様でした。



「つけめん専門店 一歩 IPPO」@千代田区外神田

2009/12/11 20:51|東京都千代田区TB:0CM:0
以前店の前まで来て臨休を知って引き返したことがある。

また臨休ではありませんように、と願いながら店に向う。

つけめん専門店一歩IPPO

「つけめん専門店 一歩 IPPO」
  住所 東京都千代田区外神田3-8-7
  電話番号 03-3256-0600
  営業時間 11:00~21:00 ※スープなくなり次第終了
  定休日 火
  座席数 カウンター15席



つけめん専門店一歩IPPO 看板

開いてます。( ̄▽ ̄)

店内に入ると右手に券売機があるなぁと思いながら
横目に店員さんが席にお冷を置くのを確認。

席は決定。( ̄▽ ̄)

小(200g)、並(300g)、大(400g)、750円の同額。

つけめんをチョイスでしょ。

同額だが、小、並、大のボタンがそれぞれ並んでいるので
真ん中に配置された「大盛り」のボタンをプッシュ。

グラスの置かれた席に座ろうと振り返ると
食券を待っている店員さんがいたので手渡してから着席。

しばしの待ち。

後客もそこそこ。
良い感じで客で席が埋まる。

少し待ったかな。
いや、こんなもんだろう。

つけ汁が先に提供されて、続けて麺が登場。

つけめん専門店一歩IPPO つけ麺【大盛】

( ̄▽ ̄)

麺の上にトッピングは無く、つけ汁の中に沈んでいるようですねぇ。

先ずは麺をスルスルッと単品で啜る。

つけめん専門店一歩IPPO つけ麺【大盛】(麺)

軽く縮れた太麺は小麦の風味は弱いが、ムキムキと良い食感で旨い。
( ̄▽ ̄)

つけ汁にはクッタリした海苔が浮いている。

つけめん専門店一歩IPPO つけ麺【大盛】(つけ汁)

明るい茶濁色したつけ汁は、葱が浮いていて油の層が一層あるのが分かる。

あまり粘度の高くないつけ汁に麺を浸す。

一味がチラッと浮いていたが辛味は略無しに等しく、
程よい甘さが良く、酸味は感じられず、魚介が香り、
コクがあり、マッタリした味わいのつけ汁。
( ̄▽ ̄)

魚介の香りはそれ程強くなく、もっと強くしたければ
卓上に用意されたカツオ粉を投入すべし。
他にも卓上には酢、一味、胡椒が用意されているので味の調整は可能。

というか、店によってこれらの配合が違って、それがそのお店の味となっていると考えると
この味がベースになる味と考えると良いのかな。
( ̄▽ ̄)
なかなか旨い。

具。

つけめん専門店一歩IPPO つけ麺【大盛】(具)

太めのメンマが数本、他店より多めに入っているように感じる。
ボリボリと食感も良く、キュッと締まった味付け。
チャーシューは短冊状ではなく直方体で大きめ。
ヾ(^0^)〃
これも量が多めで柔らかく、芳ばしい味付けが施されて旨々である。

スープ割りはポットで高台に用意されていて
昆布出汁なのかな、サラッとした透明感があり旨味のある割り。

飲み易い濃さに割ってレンゲで掬う。
サラッと旨い。(゚∀゚ )

旨かったです。
御馳走様でした。



「天鳳」@港区六本木

2009/12/10 20:02|東京都港区TB:0CM:0
ビルの前にドラム缶。
ドラム缶スープ・・・。

ススキノにある「天鳳」がここにもあるのかぁ。
( ̄▽ ̄)

「麺や天鳳」とは別のお店です。

天鳳 ドラム缶

「天鳳」
  住所 東京都港区六本木7-8-5 ロック&ロックビル1F
  電話番号 03-3404-6155
  営業時間 平 日 11:00~23:00
         祝 日 11:30~16:30、17:30~21:30
  定休日 日
  座席数 カウンター8席 + 6人用テーブルx2



天鳳

テーブル席には数人のお客、カウンターには3人。

カウンターに座るとお冷を持って来てくれる。

ここは「一三五」でしょう。( ̄▽ ̄)

「一・三・五(700円)下さい。」と伝えてしばらく待つ。

「一・三・五」よりも麺固めで、油っこくて、
塩っぱいのが「めんばり」というメニューで用意さえているようです。

程なくして出てきたのがこちら。

天鳳 一三五

チャーシューが2枚、メンマ、葱。
中央に麺が姿を出している。
メンマは一般的なもので、チャーシューは
脂身の無いロース質のもの。

麺をそのまま引っぱり出す。

天鳳 一三五(麺)

西山の麺。
若干透明感のある中太縮れ麺。
ガシガシと固めの湯で加減で旨い。

スープは茶濁した醤油スープ。

天鳳 一三五(スープ)

レンゲで揺すると何となく粘度を感じるスープで
動物、野菜などからとった旨味が◎です。
( ̄▽ ̄)
塩気はもちろん高め。

コクがあって旨いスープ。

サクッと完食。

偶に食べたくなる一三五。

麺の噛み応え、コシがあって、ギュッと醤油の香りが良い一杯。

レジで700円を払ってお店を出ます。

御馳走様でした。




「中華そば 永楽」@品川区東大井

2009/12/09 21:24|東京都品川区TB:0CM:0
りんかい線「大井町駅」が最寄り駅。
駅を出て左にある脇道へ入り、直ぐに右の路地へ。
お店までは飲み屋さんなんかが並んでいます。

少し歩くと発見。

この辺りではなかなか評判の良いお店らしい。

中華そば 永楽

「中華そば 永楽」
  住所 〒140-0011 東京都品川区東大井5-3-2
  電話番号 03-3471-8252
  営業時間 11:30~21:30
  定休日 月



店内は中華屋さんといった雰囲気で、
8割ほどの席が埋まっている感じ。

食券は無くレジ対応。

空いているカウンター席へ向う。
お冷が置かれ、そのコップに手を掛けながら
「ラーメン(600円)下さい。」と伝えると
お冷を運んで来たおばちゃんが
「(カウンター席)奥、そば。」と。

厨房内に並んだ丼の中には、なんとも大ざっぱな感じでスープが投入される。

焦がし葱が、結構多めに投入され、麺ザルで湯切りされた麺が丼の中へ。

殆ど湯を潜る程度に湯通しされたモヤシが、これまた大ざっぱにワサッと盛られる。

目の前に登場した一杯。

中華そば 永楽 ラーメン

シャキシャキである。(笑)
モヤシの脇には厚みのあるチャーシューが一枚と
固ゆでの味玉が半分添えられている。

中華そば 永楽 ラーメン(チャーシュー味玉)

チャーシューはブリッとした食感で噛むとジッワ~と油と旨味が出てくる。
旨いねぇ。( ̄▽ ̄)
味玉は色濃いが味は濃くなく固めのもの。

中華そば 永楽 ラーメン(スープ)

スープは多めの焦がし葱で芳ばしい香りが立ち上る。

良い。( ̄▽ ̄)

粘度は無くサラッとした濁りのある醤油スープは
なかなかコクがあって旨い。
飲んだ後に締めにもGood!だ。

麺は厚さが薄めの平打ち麺。

中華そば 永楽 ラーメン(麺)

特に違和感は無い。
スープが良く持ち上がり悪くない。
麺の無くなった丼から芳ばしいスープを掬い完食。

レジでお会計。

御馳走様でした。



「とり皮煮込みつけそば 常吉」@中野区野方

2009/12/08 20:51|東京都中野区TB:0CM:0

最寄り駅は西武新宿線「野方駅」。
前から気になってて、やっとこさ訪問できた。

『鶏皮煮込み』・・・考えただけでヨダレが・・・(笑)

とり皮煮込みつけそば常吉

「とり皮煮込みつけそば 常吉」
  住所 東京都中野区野方5-30-9
  電話番号 ?
  営業時間 11:30~14:00、18:00~23:30
  定休日 不定休
  座席数 カウンター7席



カウンター席だけのお店で先客が3名。
券売機が無いことを確認してカウンターの端っこの席に座る。

とり皮煮込みつけそば常吉 メニュー

「鶏煮込みつけそば700円」をお願いすると
「麺の量はどうしますか?」と聞かれる。
メニューを良く見ると、小200g、中250g、大300g同額となっている。
( ̄▽ ̄)
「じゃぁ大で。」
喰意地がはっておりやす。(笑)

結構お客が入ってくる。( ̄▽ ̄)

しばらくして「トッピングどうしますか?この中からいくつでも良いですよ。」と
丁度上の向いた所にトッピングメニューが貼られている。

とり皮煮込みつけそば常吉 無料トッピング

「ニンニク抜きで、あと全部。」と伝えると
「はぃ」と威勢の良い返事が返ってくる。

つけ汁が先に登場する。

Σ( ̄o ̄ )

続けて麺も登場。
揃ったところで。

とり皮煮込みつけそば常吉 鶏皮煮込みつけそば

つけ汁?

とり皮煮込みつけそば常吉 鶏皮煮込みつけそば(つけ汁)

煮込み?(笑)

魚粉は載っているけど、これ、見た目に煮込みだろぉ。(笑)

中に沈んでいるのは、コンニャク、1cm角くらいの大根、にんじん、鶏皮、肉。

とり皮煮込みつけそば常吉 鶏皮煮込みつけそば(具)

先ずは麺単品を啜る。

とり皮煮込みつけそば常吉 鶏皮煮込みつけそば(麺)

麺の上に載っているトッピングを退かして頂く。
薄小麦色の軽くい縮れた太麺。
ほんのりと感じられる塩気。
軽く芯が残る程度の茹で上がりでムキムキと固めで
かなりブリブリ感があり、咀嚼力を要する。
この手の麺、好きだなぁ。( ̄▽ ̄)

つけ汁は味噌煮込みの味。
鶏皮と野菜を煮込んだスープと、鶏がらを強火で炊いた鶏白湯のWスープらしいです。
動物の旨味が充分に出ていて麺に適度に絡んで旨い。

なかなか面白いし、旨い。ヾ(^0^)〃

食べる前は塩味をイメージしていたが、味噌とはビックリ。(笑)
けど「煮込み」というと味噌か。(笑)

麺との絡みも良く、旨かった。

お会計を済ませて野方の駅へ。

御馳走様でした。



「重厚煮干中華そば 大ふく屋 上野店」@台東区上野

2009/12/07 20:18|東京都台東区TB:0CM:0
赤羽のここは行ったことがあるが、ここ上野店は未訪。

二郎インスパイア系の一杯を限定で出していると聞いての訪問。

重厚煮干中華そば大ふく屋 上野店

「重厚煮干中華そば 大ふく屋 上野店」
  住所 〒110-0005 東京都台東区上野6丁目2番6号
  電話番号 03-6803-2443
  営業時間 11:00~22:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター9席 + 2人用テーブル席x3 + 4人用テーブル席x1



重厚煮干中華そば大ふく屋 上野店 提灯

入口を入って左側に券売機。
接客担当の「いらっしゃませぇ」の声で出迎えられる。

ターゲットは「野郎ラーメン850円」。
券売機の下段に野郎ラーメン用の無料トッピングの釦が並ぶ。
ネットで色々調べて「野菜まし」は軽い盛りだと分かっていたので
「野菜まし」の券を2枚、そして「アブラ増し」の券を1枚。
もちろん「野郎ラーメン」を購入して、店の奥のほうを向くと
丁度店員さんがお冷を持って待っていてくれて、空いた席に案内してくれる。

一応「野菜まし2枚取ったんだけど、マシマシに出来る?」と聞くと
元気の良いおばちゃんが「聞いて来ますねぇ。」と明るい対応。
「麺の量はどうしますか?大盛りにします?」と聞いてきたので
大盛りの食券を買い忘れたかと思ったがそうではなく、口頭での注文だった。

( ̄▽ ̄;)

「じゃぁ大盛りで。」
「はぃ少々お待ち下さい。」と厨房へ向って野菜マシマシが出来るか聞いているようで
「ダブルね。」の声が聞こえてホッとする。( ̄▽ ̄)
おばちゃんが「大丈夫でしたよ。」と笑顔。

さぁ、待ちましょうか。

壁に各メニューのこだわりと言うか、意気込み見たいな事が書かれている。
たのしみ。(゚∀゚ )

先ほどのおばちゃんが山を運んできた。

重厚煮干中華そば大ふく屋 上野店 野郎ラーメン【大盛+野菜マシマシ+アブラ】

おぉ、( ̄▽ ̄) なかなか良い山である。
一味がぱら~っと掛かっていて、キャベツの含有量も多めで緑色が多くて嬉しい。
( ̄▽ ̄)

山の麓にある豚は、大きさはそれ程ではないが
モチャッと柔らかく、脂の率も私好みで旨ーぃ!
( ̄▽ ̄)

重厚煮干中華そば大ふく屋 上野店 野郎ラーメン【大盛+野菜マシマシ+アブラ】(豚)

キャベツの比率が多くて、モヤシが短いせいか
箸でワシッと上手く持ち上げられず、レンゲで掬うようにして頂く。
一口ガシッと食べて、ニンニクが入っていることに気が付く。
細かいニンニクが野菜の上にサラッと載っていたが、唐辛子の赤で気が付かなかった。
( ̄▽ ̄;)

良い感じで旨い。( ̄▽ ̄)

アブラは脂ではなく油のようで、野菜にタラ~ッとは掛かっていない。
スープ表層に分厚い油の層が一層ある。

野菜が片付いたところでスープを改めて啜る。

重厚煮干中華そば大ふく屋 上野店 野郎ラーメン【大盛+野菜マシマシ+アブラ】(スープ)

アツアツの油の層。
背脂はチョロッと浮いている程度で決して多くはない。
油の層の下にある豚骨醤油のスープは乳化には至っていないようだ。

カネシは立ち過ぎず、どぎつさが控え目で甘味も丁度良く
二郎よりも大人しい感じで、なかなか旨い。
(゚∀゚ )

徹底的にリスペクトしたという麺は、平打ちではなく断面が正方形に近い四角形、
薄小麦色のストレート太麺。

重厚煮干中華そば大ふく屋 上野店 野郎ラーメン【大盛+野菜マシマシ+アブラ】(麺)

軽く芯が残る程度の茹で上がりで、固すぎずムチムチ旨い。
程よい噛み応えが、噛むことを飽きさせず、旨味を楽しませてくれる。

完食。

何処も彼処も二郎ライクな一杯が出されているなぁ。

そう考えると二郎は偉大だよ。

( ̄▽ ̄)

旨かったです。
御馳走様でした。




カテゴリー

ぐるーぽん

広告

クーポン げっと~8

クーポン げっと~7

クーポン げっと~6

クーポン げっと~5

他の旨いもん!


リゾート バイト!


拉麺よりも夢を!

旅行と拉麺はセットだぁ!


ホットペッパー

広告








クーポン げっと~4

話題

CocodeVideo

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 |  東京都北区 | 東京都文京区 | 東京都板橋区 | 東京都新宿区 | 東京都中野区 | 東京都豊島区 | 東京都練馬区 | 東京都葛飾区 | 東京都足立区 | 東京都台東区 | 東京都千代田区 | 東京都杉並区 | 東京都渋谷区 | 東京都港区 | 東京都品川区 | 東京都中央区 | 東京都世田谷区 | 東京都目黒区 | 東京都大田区 | 東京都荒川区 | 東京都江東区 | 東京都墨田区 | 東京都江戸川区 | 東京都東久留米市 | 東京都西東京市 | 東京都町田市 | 東京都国分寺市 | 東京都武蔵野市 | 東京都三鷹市 | 東京都府中市 | 東京都調布市 | 東京都福生市 | 東京都東村山市 | 東京都武蔵村山市 | 東京都東大和市 | 東京都小金井市 | 東京都八王子市 | 東京都立川市 | 東京都あきる野市 | 東京都多摩市 | 東京都日野市 | 東京都西多摩郡 | 北海道 | 千葉県 | 埼玉県 | 神奈川県 | 栃木県 | 長野県 | 群馬県 | 茨城県 | 山梨県 | 静岡県 | 宮城県 | 福島県 | 新潟県 | 愛知県 | 福岡県 | 熊本県 | 番外編 | 閉店 | 移転 | ---- | 東京都青梅市 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 麺喰ぃ
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。