1. 無料アクセス解析

拉麺、つけ麺、油そば、焼きそば、二郎、即席麺、食べた麺をアップします。 食べたくなったでしょ!?

麺喰ぃ
http://menworld.blog114.fc2.com/

トリップアドバイザー

ブログ内ラーメン検索

プロフィール

らぅめんち

Author : らぅめんち
麺が大好きです。
今日は美味しい麺を食べました?
また気が向いたらお立寄り下さい。
リンクフリーです。

Calendar

最近のコメント

DMM、CM

お気に入り

価格



車で拉麺!





拉麺でお泊まり!


飛行機で拉麺!


広告


ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

食べたいと思った人

食べたいと思ってる人

現在の閲覧者数:

人気記事ランキング

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「一の加房」@品川区中延

2010/03/31 21:06|東京都品川区TB:0CM:0
屋号がない?
黒板に書かれた屋号のみ。

一の加房

「一の加房」
  住所 東京都品川区中延6-1-19
  電話番号 03-3786-3416
  営業時間 12:00~15:00、18:30~24:00
  定休日 月
  座席数 カウンター7席



一の加房 立て看板

丁度食事を終えて出てきたお客と入れ替わりで入店。
券売機は無し。
メニュー・・・狭いカウンター内が厨房のようで、その棚に埋もれるような感じで存在する。

「魚介つけ麺700円」を中盛りで注文する。
麺の量は並200g、中300g、大400g、料金は麺の量に関わらず同額。
魚介となっているが、動物は豚ではなく鶏ベースのようです。

しばらくして、つけ汁が登場し追って麺が登場する。

一の加房 魚介つけ麺

麺の上に味玉とチャーシュー。
まずは麺を単品でゾルゾルと啜る。

一の加房 魚介つけ麺(麺)

透明感のようなツヤのある麺で良い感じで水で締められていて、ムチムチ感が良く旨い。

一の加房 魚介つけ麺(つけ汁)

つけ汁は薄茶色と言うよりは灰色っぽい色合いでトロミのあるもの。
トロミは鶏から抽出しものだけではなさそうだ。

麺を浸すとしっかり麺に絡んで上がってくる。
程よい塩気にコショウで締りのある味わいに仕上がっていてなかなか旨い。
つけ汁の中には、一個まんまのキクラゲとチンゲン菜の葉がペロンと沈む。
メンマは入っておらず、ボリボリとしたキクラゲの食感が目立ち堪らなく良い。

スープ割をお願いすると、葱が足されて飲み易い濃さで登場。
足された葱の香りが良くて旨いスープ。

完食!ヾ(^0^)〃

店主にお会計をお代を払って店を出ます。

御馳走様でした。



スポンサーサイト

「麺喰酒場 月音」@目黒区原町

2010/03/30 20:46|東京都目黒区TB:0CM:0
確かに綺麗なお店。
私の前を歩いていた3人組のサラリーマンズの内の1人が
「ここどうです?ラーメンも旨いし、飲めますよ。」と2人のリーマンズに問うが
1人の男が「こんなキレイな所で飲めっかよ~。」と笑いながら遠慮する。
3人とも店の前で立ち止まって覗いて・・・・引き返す。
( ̄▽ ̄;)

私は入ります。飲みませんが。(笑)

麺喰酒場 月音

「麺喰酒場 月音」
  住所 〒152-0011 東京都目黒区原町1-11-5 木下ビル 1F
  電話番号 03-5725-5811
  営業時間 平 日 18:00~27:00
        土  11:30~14:30、18:00~27:00
       日・祝 11:30~24:30
  定休日 無休
  座席数 カウンター11席 + テーブル9席



麺喰酒場 月音 看板

上着を脱いでカウンター席に腰を下す。
あぁ、この人、店主だ。
ラー本で見たことがある。
( ̄▽ ̄)

メニューはコチラになります。と畳まれているメニューを目の前に出してくれる。

ここは塩が旨いと言うのは覚えているのだが、ラーメン or つけめん・・・。

気分はつけめん。
味玉のクーポンを提示して「塩つけめん850円」をオーダーする。

壁に掛かったモニターに流れる映像を横目に出来上がりを待ちます。

麺喰酒場 月音 グラスと灰皿

お酒の種類も多く並んでいる。
帰りに原付に乗らなければお酒も飲めるのですが、我慢、我慢。( ̄ー ̄;)

店の奥の方で水を切るチャッ!チャッ!という音がしてから登場しました。

麺喰酒場 月音 塩つけめん

麺は透明感のある感じの薄黄色い太縮れ麺。
単品で啜り込むとツルツルッと啜り易く、しっかり水で締められていて冷々で
ムキムキ固めの茹で上がりで旨い。( ̄▽ ̄)

麺喰酒場 月音 塩つけめん(麺)

小麦の香りは弱いが、この「ツル」「ムキ」でぐぃぐぃ固めが良い。
( ̄▽ ̄)

麺喰酒場 月音 塩つけめん(つけ汁)

つけ汁の丼には海苔が刺さって味玉がぷっかりと浮いて姿を出している。

中を探ると多めのメンマと葱、チャーシューが1枚。
チャーシューは柔らかいとは言えないが、丁度良い噛み応えのある一枚。
噛むと芳ばしく旨い一枚で○。
つけ汁は比較的透明感のあるものだが器が黒色で分かりづらいか。

麺喰酒場 月音 塩つけめん(具)

表層が少しオイリーな感があったが、ほんのり甘味を感じることが出来る塩味でタカのツメがちょい辛を演出。

ゴテゴテと麺に絡むつけ汁ではないが、絡んだつけ汁が良い感じで上がってくる。

旨い。( ̄▽ ̄)

最後に味玉を頂く。
中がトロッと半熟で塩加減が丁度良く、濃厚な黄身の旨味が口に広がる
これは旨いです。ヾ(^0^)〃

グラスの水を飲んだ後、タイミングよくスープ割を勧められて頂くことに。
サラッとした割りはカツオ出汁かな。
丁度良いのみ口になって完飲。( ̄▽ ̄)

あまり書かなかったが店主の細かい気遣いに感謝。
( ̄▽ ̄)

接客も丁寧で気分も良いです。
旨かったです。
御馳走様でした。






「泪橋」@港区新橋

2010/03/29 21:13|東京都港区TB:0CM:0
仕事の疲れを癒しに来たサラリーマン達がわんさといるここ新橋。

ここが次郎ライクな一杯を提供しているお店。( ̄▽ ̄)

泪橋

「泪橋」
  住所 東京都港区新橋3-13-4
  電話番号 03-5776-1940
  営業時間 11:30~23:00
  定休日 日・祝
  座席数 カウンター11席



泪橋 立て看板

入口近くのカウンター席の横を通りすぎて、店の中央くらいにある券売機の前に立ち探す。

( ̄▽ ̄)!あった!

野菜増しとかの食券は無さそうだ・・・。

まぁデフォルトで良いかぁ、と「マンモスラーメン800円」をプッシュ。

入口側にあったカウンター席に向うと、お冷を持って食券を取りに店員さんがやって来る。

泪橋 調味料

さぁしばらく待ち・・・と思っていたのだが、意外に早く登場。

泪橋 マンモスラーメン

丼が小さく、野菜の山も小さめ。( ̄ー ̄;)

だた丼の上で踊るカツオ節の香りは◎で良いと思う。( ̄▽ ̄)

『マンモス』と言うくらいだから豚に期待していたのだが、それ程大きなものではなかった。
クセ無く普通の豚が2枚。

ニンニクはマンモス級かな。(笑)

泪橋 マンモスラーメン(ニンニク)

いつものようにニンニク少なめでお願いしていたら
何を食べに来たのか分かりゃしない。(笑)

先ずは野菜から行きますかぁ。( ̄▽ ̄)

カツオ節と一緒に喰らう野菜はなかなか旨い。
「らーめん辰屋」や「零式」で食べたときも削り節がホワホワと踊っていたっけ。

どれどれ豚は・・・。

泪橋 マンモスラーメン(チャーシュー)

ふつう。( ̄▽ ̄)

野菜の上に散らされた節とスープ表層に漂う油が野菜に良い感じで絡んで旨い。

泪橋 マンモスラーメン(スープ)

スープ表層に細かい背脂が多めに浮いていて、ニンニクがグィッと効いていて旨い。
( ̄▽ ̄)
魚介系も混じっているのかな。
二郎に比べるとライトではあるが、コクがあってなかなか旨い。

泪橋 マンモスラーメン(麺)

麺は幅が4mmほどで薄小麦色の平打ちストレート麺。
スラーッと長く、表面につるつる感はなく、ザラツキがありワシワシと食べられる麺。
これは旨くて好み。( ̄▽ ̄)

サクッと完食。
CPがちょっと・・・と言う感じはするが旨かった。

御馳走様でした。




「ラーメンひびき」@世田谷区三軒茶屋

2010/03/28 20:33|東京都世田谷区TB:0CM:0
最寄り駅は東急田園都市線「三軒茶屋駅」。
ちょっと裏通りっぽい所にひっそりとある感じ。
ここかなぁ?と屋号を探すと、小さめのプレートが。

ラーメンひびき

「ラーメンひびき」
  住所 東京都世田谷区三軒茶屋2-10-16
  電話番号 03-3413-0722
  営業時間 12:00~15:00、19:00~24:00
       ※ スープがなくなり次第終了
  定休日 金
  座席数 カウンター8席



ラーメンひびき 看板

店内はあまり広くはない。
対面型のカウンター席が中央に。
券売機は入口を入って右側に。

「濃厚豚骨魚介らーめん680円」を買ってからカウンター席へ。
食券を回収した店主は店の奥の厨房へ向い、早速作業を始める。

程なくして目の前に到着した一杯がこちら。

ラーメンひびき 濃厚豚骨魚介らーめん

中央に葱が盛られ、メンマとチャーシューが載っているのが分かる。

まずはレンゲを沈めてスープを頂きます。

ラーメンひびき 濃厚豚骨魚介らーめん(スープ)

魚介が香る茶色いスープは行粉が漂っていて粘度は高くない。
ほんのり甘めな味わいで、しっかり後味に豚の旨味が残る。
これは濃厚だぁ。( ̄▽ ̄)

ラーメンひびき 濃厚豚骨魚介らーめん(メンマ)

メンマは太目のものが4本ほど。
ほんのり甘めの味付けが施されていてショックショクの食感が良い。
( ̄▽ ̄)

チャーシューは柔らかで脂と肉のバランスが丁度良くて旨い。
x2です。

ラーメンひびき 濃厚豚骨魚介らーめん(麺)

麺は黄色っぽい色の中太平打ち麺でコシがある。
啜り易くプリッと良い食感。

うまかったぁ。( ̄▽ ̄)

御馳走様でした。






「らーめん 武丸」@栃木県宇都宮市

2010/03/27 14:59|栃木県TB:0CM:0
栃木に行列のできるらーめん屋。
二郎インスパイア系のお店で駐車場がパチ屋と共有で広~ぃ。
というか、駐車場内に在るという感じもする。(笑)

らーめん武丸 縦看板

「らーめん 武丸」
  住所 〒321-0983 栃木県宇都宮市御幸本町4870-4
  電話番号 028-663-7787
  営業時間 平 日 11:30~14:00、18:00~21:00
       日・祝 11:30~ ※材料なくなり次第終了
  定休日 月
  座席数 カウンター11席+4人用テーブルx1



らーめん武丸_看板

30分ほど外待ちして、店員さんから声が掛かかり店内の入口で食券を買ってから10分ほどまた店内で待つ。

「普通盛700円」。

席に案内されて、食券を高台に置いて待つ。

らーめん武丸 無料トッピング

しばらく待っているとコールが掛かり
「ヤサイマシマシ、アブラ、ニンニク」でお願いする。

らーめん武丸 普通盛[ヤサイマシマシアブラニンニク]

モヤシ8、キャベツ2くらいで少しクタリ気味でアツアツ。
ワッシワッシと頂きます。( ̄▽ ̄)

らーめん武丸 普通盛(アブラ)

ヤサイの脇に刻みニンニクがゴソッと。

らーめん武丸 普通盛(ニンニク)

ヤサイの下に巻チャーシューが2枚。

らーめん武丸 普通盛(豚)

厚みのある豚は柔らかで脂身と肉のバランスがよくて旨い。
( ̄▽ ̄)

らーめん武丸 普通盛(麺)

スープの量が少なめで、先に麺を引っぱり出して頂きます。
薄小麦色の平打ち太麺。
固さはそれ程なく、モグモグでモチモチ。
ヾ(^0^)〃
スープを纏って口まで上がってくる旨い麺。

らーめん武丸 普通盛(スープ)

茶色でトロミのあるスープ。
動物の旨味が出たスープで旨い。ヾ(^0^)〃
ニンニクが混じったスープは◎!!
麺の量は多めでGoodですね。。

完食です。

みなさん食べるの遅いですよ~。(笑)

旨かったです。
御馳走様でした。





「らーめん 七琉門」@千代田区鍛冶町

2010/03/26 21:12|東京都千代田区TB:0CM:0
最寄り駅はJR「神田駅」。
「めん屋そら」の並びにある。
二郎ライクな一杯が食べられるそうなので訪問。

らーめん七琉門 縦看板

『ちょっと幸せな一杯』ですかぁ。
それは楽しみです。( ̄▽ ̄)

らーめん七琉門

「らーめん 七琉門」
  住所 〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町1-7-1 五番館第2ビル1F
  電話番号 03-3254-4555
  営業時間 11:00~15:00、17:00~23:00
  定休日 土・日・祝
  座席数 カウンター8席+4人用テーブル



らーめん七琉門 看板

店内に入りますと先客はゼロ。
入るなり、少し寂しい印象です。
まぁ後客2名はあったんですがね。

券売機は入口を入って右。

「らーめん」か「つけめん」かと聞かれたら「らーめん」の気分。
麺の量は「小」か「中」か「大」かと聞かれたら「小」と答える気分で「らーめん(小)650円」をプッシュ。
ついでに「鶏チャーシュー200円」というやつもプッシュ。

ちなみにらーめんの麺の量は、小200g650円、中300g750円、大400g850円。
つけめんは小250g650円、中350g750円、大450g850円だそうだ。

端席に座ろうと思ったのだが、別の席にお冷を置かれたのでそちらに。

「ニンニク入れますか?」と聞かれて「野菜は増せるの?」と聞き返す。
「はい」と返ってきたので「じゃぁニンニク少しで野菜増して」とお願いする。

厨房内に男性2人、女性1人。
いまいち各々の担当が良く分からなかった。(笑)

しばらくして注文した一杯が黒いお盆に載せられて高台に置かれる。

お。Σ( ̄▽ ̄ )

丼、ちっちゃ~。(笑)

比較するようなものが無かったので、そのまま撮ってしまった画像からは分かりづらいかな。

らーめん七琉門 ラーメン【小】+鶏チャーシュー

小ぢんまりとしてますが良い盛りですよ。

一瞬ギョッとするような黒いなると、初めて見るけど特注なのかなぁ。

らーめん七琉門 ラーメン【小】+鶏チャーシュー(なると)

Topには一味の掛かったボイルされた豚バラ。

らーめん七琉門 ラーメン【小】+鶏チャーシュー-1

その下にはギュッと詰まった感じのモヤシの山。
なんと言っても凄いのが、丼を一周している一口サイズの鶏チャーシュー。
ヾ(^0^)〃

らーめん七琉門 ラーメン【小】+鶏チャーシュー(鶏チャーシュー)

プリプリした食感で淡い味付けの鶏肉。
なかなか旨いですよ。

上の豚バラを食べ、アツアツのモヤシの山ザクザクと食べていくと、鶏が円く丼の縁に残る。(笑)

旨い鶏。ヾ(^0^)〃

らーめん七琉門 ラーメン【小】+鶏チャーシュー(麺)

麺を引っぱり出す。
開化楼の平太麺。
薄黄色いうねうねと縮れがこまかく啜りづらい麺。
ワシワシ喰らう麺で、これが旨いのなんのって。( ̄▽ ̄)

らーめん七琉門 ラーメン【小】+鶏チャーシュー(スープ)

ニンニクが何処に入っているのか分からないまま食べ進んだのだが、
スープに刻まれたニンニクが浮いていた。
一緒に刻み玉葱も混じって浮いている。
細かい背脂も浮いていて、そこそこの甘味と動物のコクが感じられ、荒々しさは無いがそこそこマイルドなスープでニンニクがよく合う仕上がりになっている。

なかなか旨い一杯でしたよ。

御馳走様でした。





「くわい」@板橋区板橋

2010/03/26 13:44|東京都板橋区TB:0CM:0
最寄り駅は都営三田線「新板橋駅」。

ここにラーメン屋さんあったんだぁ、と暖簾を潜る。

くわい

「くわい」
  住所 〒173-0004 東京都板橋区板橋1-52-8 石徳ビル 1F
  電話番号 03-5375-0484
  営業時間 11:30~15:00、17:00~21:00
  定休日 日
  座席数 カウンター8席



くわい 暖簾

先客が4名。
私が食べ終わる頃に後客が団体で4名、客入りは上々のようです。

券売機で「ラーメン並750円」をチョイスして席へ。

体育会系のようなガッチリとした体型の店主に食券を渡して出来上がりを待ちます。

店主の仕事ぶり、作業一つ一つが大変に丁寧です。

真剣な眼差しで一杯、一杯が仕上げられていく。

私の目の前に出された一杯も見た目にすばらしい仕上がり。

くわい ラーメン

鮮やかな水菜、その下に大きめのチャーシュー、脇にメンマと海苔が3枚。

まずはスープから頂きます。

くわい ラーメン(スープ)

薄茶色のスープは臭み無く、豚骨の旨味が充分に出たスープでその旨味がまったちと口に広がる。
そして醤油の芳ばしい香りがこれまた良い。ヾ(^0^)〃

荒々しさが抑えられた旨いスープに仕上がっている。

良いねぇ。( ̄▽ ̄)

チャーシューは大きめでクセが無くしっとりとした柔らかさで旨い。
3枚載っている海苔は凄く香りの良いもの。
香りの良さに少々驚いてしまった。

麺は自家製麺のようです。

くわい ラーメン(麺)

ツヤのある太縮れ麺で、ムキムキの良いコシ。

旨かった。<(_ _)>

店主の集中した仕事ぶり、好感が持てます。

御馳走様でした。







「東京らあめんタワー」@港区浜松町

2010/03/25 20:51|東京都港区TB:0CM:0
最寄り駅はJR「浜松町駅」か都営大江戸線「大門駅」。

東京タワーが近いねぇ。( ̄▽ ̄)

東京らあめんタワー近くの東京タワー

東京らあめんタワー

「東京らあめんタワー」
  住所 〒105-0013 東京都港区浜松町1-27-4
  電話番号 03-3459-8139
  営業時間 平 日 11:00~22:00
       土・祝 11:00~15:00
  定休日 日
  座席数 カウンター15席



東京らあめんタワー 看板

入口に貼られた紙。

東京らあめんタワー 貼り紙

店内の席はコの字型カウンター。
入口を入って店の左隅に券売機があり、基本になりそうな「らあめん700円」を購入。

先客が2名。バラで座っているので、少し距離をとって着席。

食券を出しておくと高台に氷の入ったコップが置かれ、食券を回収される。

調理はコの字型カウンターの内側ではなく店の奥。

程なくして一杯が高台に置かれる。

東京らあめんタワー らあめん

丼は刻まれた三つ葉で覆われている。

チャーシューが2枚、炙りの入ったもので芳ばしく、脂身と肉のバランスが良く旨い。
( ゚∀゚)

東京らあめんタワー らあめん(チャーシュー)

メンマは細めでコリコリ。

東京らあめんタワー らあめん(メンマ)

良い箸休め的な品で○。

レンゲでスープを頂く。

東京らあめんタワー らあめん(スープ)

あづぃ!!( ̄▽ ̄;)

入口の貼紙を思い出す。( ̄ー ̄;)
そうだ、アツアツだったんだ・・・。

魚粉が漂い節と煮干が香る。
節よりは煮干しの方が少しだけ強めかな。
粘度無くサラッとしているが表層のラード層がかなり熱い。
ラードにクセは無く、悪くないのだが・・・。

アツイ。(笑)

スープに甘味が感じられるのは、甘口の醤油を使用しているからだそうだが
しつこくなく、あっさりで旨い。

何処にあったのか気が付かなかったのだが、柚子の香りがフワッとしてきた。
( ̄▽ ̄)

スープと一緒に口に入ってくる三つ葉の爽やかな香りも私好みで○です。

東京らあめんタワー らあめん(麺)

麺はツルツルの表面で啜り易く(熱いが)
モチモチッとしていて旨い。

おー、完食。

甘めなスープもなかなか旨く、シャキシャキした三つ葉の香りも好みだわ。

旨かったです。

御馳走様でした。




「ゴリラーメン」@品川区上大崎

2010/03/24 20:29|東京都品川区TB:0CM:0
最寄り駅はJR「目黒駅」。
駅から近いビルの1階に在るが、少しビルの中にあり分かりづらいかな。
居酒屋さんとか中華屋さんが店舗を並べている。
外から見えたゴリラの看板で、ここかぁ、と分かる程度。
見逃すなぁ~。

ゴリラーメン 看板

「ゴリラーメン」
  住所 東京都品川区上大崎2-27-1 サンフェリスタ目黒 1F
  電話番号 03-5434-1358
  営業時間 月~土 17:00~22:30
        日  11:30~16:00 ※材料切れ次第終了
  定休日 無休
  座席数 カウンター12席



ゴリラーメン

店内には先客が2名。
券売機で「味噌らぁ麺750円」を購入して、手を伸ばす店主に食券を渡す。
手渡した位置から少し離れた奥にある席に座る。

肩掛け鞄を壁のフックに掛け、お冷を飲みながら待つ。

思っていた以上にらぁ麺は待たずに提供される。

ゴリラーメン 味噌らぁ麺

中央には徳島ラーメンを思い出させるような薄い豚バラ。

ゴリラーメン 味噌らぁ麺(ぶた)

これが甘塩っぱい味付けがしっかり施され、柔らかで旨し。
ライスが欲しくなるような味で旨いんだなぁ。(゚∀゚ )

その下にモヤシとキャベツが隠れていて、青葱がパッと掛けられたようになっている。

ゴリラーメン 味噌らぁ麺(スープ)

茶色くトロミのあるスープは味噌の香りが強めで、甘味と動物のコクが充分に感じられる。

ちょっとホットな感じがする。
飲み進むとその辛味もちょっとづつ増す。
甘味があるんだけど、辛味もくる。( ̄▽ ̄)
面白い、いや、旨い。(笑)

ゴリラーメン 味噌らぁ麺(麺)

麺はカネジンの麺で、黄色っぽく若干ランダムな太さに感じられる手もみ風な形状。
ムチッとコシがあり、スープもよく持ち上げてくれるので旨い。

なかなか美味しい味噌でした。

御馳走様でした。




「元 ~HAJIME~」@板橋区坂下

2010/03/23 14:24|東京都板橋区TB:0CM:0
家から距離的にそれ程離れていない。
多数のメディアに出ていて、そろそろ落ち着いたかなぁ・・・
なんて思って行ったのだが行列は治まっていなかった。

( ̄▽ ̄;)

元 ~HAJIME~

「元 ~HAJIME~」
  住所 東京都板橋区坂下2-16-11
  電話番号 03-5392-9567
  営業時間 11:30~14:30、18:00~21:00 ※スープ切れ次第終了
  定休日 月
  座席数 カウンター9席



なかなか進まない。食べ終わったお客が出てくるのも遅い。
オペが遅い?(笑)

まぁ待ちましょうか。
美味しいものが頂けるなら待ちます。

40分ほどで店内へ。

店内で食券を購入して、また少々待ちます。

「塩らあめん750円」待ち遠しいです。

店主1人で切り盛りしている状態に近いです。

しばらくして席に座ることができ、お冷を頂いて待ちます。

やっと対面することができました。( ̄▽ ̄)

元 ~HAJIME~ らぁめん塩

白い縦に長い器に入って登場です。

黄色みを帯びた透明度の高いスープに麺が漂い、チャーシュー、笹竹、肉だんご、青葱が綺麗にレイアウトされている。

見た目に綺麗な仕上がりです。

まずはスープを頂きましょうか。

鶏の旨味が出たスープは、コクがあり程よい塩気、そして飲み口がスッキリしている。

透明度の高かったスープも飲み進むうちに少し濁りが出てきたかな。

細かく刻まれた青葱がスープに綺麗に散る。

なかなか旨いスープです。

笹竹は程よい塩加減で食感が良く旨い。

チャーシューは噛むと脂の旨味がじゅ~っと出てくる旨い一枚。

肉だんごは鶏のようで、香りが◎!!
これは小さいのが残念なくらい旨いんです。

麺は細麺でコシはまぁまぁかな。
スルスルッと啜り易く、何となくそうめんを思わせる。
スープを良く持ち上げる麺で旨い。

麺が無くなり残ったスープを掬うのだが、器の口が狭く掬いづらい。

スープはちょっと残ったがほぼ完飲。

旨かったです。

御馳走様でした。





「ぼり・うむ」@新宿区大久保

2010/03/22 20:42|東京都新宿区TB:0CM:2
以前「ones ones」で食べた帰りに目に入ったお店で
食べてみたいなぁと思っていたお店。

二郎ライクな一杯が食べられるんですよ。

ぼり・うむ

「ぼり・うむ」
  住所 東京都新宿区大久保2-2-15
  電話番号 090-7704-8934
  営業時間 11:30~22:30
  定休日 無休
  座席数 カウンター10席



ぼり・うむ 立て看板

券売機の横に貼られた『麺のボリューム』。

ぼり・うむ 麺のボリューム

並と大盛りは同額で600円とリーズナブル。
生麺で320g→茹で上がりで540gですと。

「ラーメン 並 600円」

これでしょ!と一緒に「トップイングダブルのせ150円」も購入。

カウンター席に座って食券を出して待ちます。

「美味しい食べ方」なんてのが貼ってありますが気にしない、気にしない。(笑)

ぼり・うむ 美味しい食べ方

しばらく待って出てきた一杯がコチラ。

ぼり・うむ ラーメン大盛り+トッピングダブル増し

なかなか良い山です。
トッピング増にしたんですから当たり前っちゃぁ、当たり前か。
( ̄▽ ̄;)

野菜は彩り良いです。
モヤシ、ニンジン、ニラで構成されていて、モヤシは炙りが入っているのかな。

ぼり・うむ ラーメン大盛り+トッピングダブル増し 天辺

食べやすい。( ̄▽ ̄)

豚は野菜の山の麓。

ぼり・うむ ラーメン大盛り+トッピングダブル増し(豚バラ)

豚はペラペラのバラ肉。
徳島系?を思わせるシルエットだが
味付けは焼肉風な味わいで意外に好きかも。(笑)
二郎とは別物だが、野菜と一緒に食べると、これが旨い。
(゚∀゚ )

レンゲがあれば食べ易いんだが、無いようなので箸でサクサク食べる。
片付いたところで麺とスープと御対面。
レンゲが無いのでスープは後回し。
麺をぐいっと引っぱり出す。

ぼり・うむ ラーメン大盛り+トッピングダブル増し(麺)

極太ではないが縮れた太麺。

表面がツルツルしていて粉っぽさは無く、固めの茹で上がりで私好み。
麺も二郎らしくないがなかなか旨い。

ぼり・うむ ラーメン大盛り+トッピングダブル増し(スープ)

少し麺が少なくなったところで丼を持ち上げてスープを頂く。
挽肉っぽい細かい脂がポロポロ浮いている。

ん??キラキラが浮いている・・・。

お、煮干しかぁ・・・( ̄▽ ̄)

動物のしつこさは無く丁度良いコクがあって、飲み進むと意外に煮干しのギュッとした味わいが効いてくる。
なかなか旨いぞ。( ̄▽ ̄)

カウンターに用意された一味と擦りニンニクを入れれば良い味に変えられるだろう。

( ̄▽ ̄)

麺のバリューも○で、ナイスCP。

旨かったです。
御馳走様でした。




「麺屋たつみ喜心」@埼玉県秩父市

2010/03/21 20:54|埼玉県TB:0CM:0
また来てしまいました。( ̄▽ ̄)
お昼は店の外に列が出来ているけど、夜は店内待ちが少々。
偶々なのかな?

麺屋たつみ喜心

「麺屋たつみ喜心」
  住所 〒368-0046 埼玉県秩父市宮側町19-1
  電話番号 0494-24-6683
  営業時間 11:30~14:00、18:00~20:00 ※スープ切れ次第終了
  定休日 火・水
  座席数 カウンター14席



麺屋たつみ喜心 看板

親子3人が私の前で空き待ちをしている。

まずは食券を。

つけめんは並で300g、大で400gかぁ・・・。

以前来た時はらーめんだったから今日はつけめんだよなぁ、と「つけめん750円」を購入して待ちます。

厨房内には3名の男衆。

一人の店員さんに席の案内をする声が掛かり、私の席の案内に出てくる。

3人の家族客は並んで一緒に食べることを希望されていたので、一人の私が先に案内されます。

しばらく待って出てきたのがコチラです。

麺屋たつみ喜心 つけめん

麺の上に海苔と葱とメンマ。
メンマがコリコリで旨。( ̄▽ ̄)

まずは麺単品で。 (゚∀゚ )

麺屋たつみ喜心 つけめん(麺)

薄黄色く長めのストレート太麺。
するするーっと啜り込むと、ムチムチと噛み応えがあり、小麦の甘味が感じられる麺でかなり旨い。
ヾ(^0^)〃

つけ汁はこんな感じ。

麺屋たつみ喜心 つけめん(つけ汁)

つけ汁の中を探ると2枚の巻チャーシューが沈んでいた。

麺屋たつみ喜心 つけめん(チャーシュー)

一枚を頂く・・・。
これは旨い!!( ゚∀゚)

炙りが入っていて縁がカリッとしていて芳ばしい。
それに余計な油が落ちていてしつこくない。
旨々です。( ̄▽ ̄)

つけ汁に麺を浸してズズーッと啜ると、つけ汁のオイリーな感じが麺に絡む。
節や煮干などの魚介の旨味が充分に感じられるが塩気は控えめな感じかな。

メンマをポリポリと頂きながら、麺もズルズルと頂き完食。

スープ割をお願いすると、しっかりと魚出汁が出た割が出てくる。
手抜きがない出汁で◎!!

遠いのが難だけど、ここは旨いねぇ。

御馳走様でした。



「らーめん大 池袋店」@豊島区池袋

2010/03/20 20:03|東京都豊島区TB:1CM:0
店内に2名待ち。前の2名は連れと並んで食べたいようです。

生憎席はバラバラにしか空いておらず、誰かがずれる訳でもなく。

券売機で「らーめん600円」をプッシュ。
濃い青色のブラ券と釣銭を取って立って待つ。

らーめん大 池袋店

「らーめん大 池袋店」
  住所 東京都豊島区池袋2-19-3
  電話番号 ?
  営業時間 11:00~25:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター8席



ん・・・・大盛りにしようと100円を投入して
白いプラ券をゲット。
やっと並んだ席が空いて、前の2人がそちらに。
私は既に空いていた一つの席に腰を下す。

青と白のプラ券を高台に置き、何の声も掛からないので取り合えずお冷を取りに席を立つ。

戻ってきたところでトッピングを聞かれて、
「野菜を脂増し増しで、」
「野菜も脂も両方とも増し増しですか?」と確認を取られてから
「ニンニクも少し。」でお願いする。

「多いですが完食できますか?」と問われ、
「大丈夫。」と笑顔で応えて待ちます。
まぁここでは大盛り+野菜マシマシはしてなかったからなぁ・・・と思いながら待ちます。(笑)

私が来店するまで席で出来上がりを待っていたお客に、一杯ずつ提供されていく。
あれが「増し」レベルかぁ。最近の「らーめん大」における「マシマシ」はかなりの量である。
大久保も高円寺もそうだったなぁ...。

しばらくして、どう見ても私の丼だろうと思われる一杯にワッサワッサと野菜が積まれていく。
こんなもんだろうと思ったところで、更に一掴みも天辺に。そしてカエシがサラッと掛けられる。

( ̄ー+ ̄) やるねぇ。

これからやってやるのは私なんですがね。

静かに高台に置かれた一杯を、静かに前の前に下す。

らーめん大 池袋店 らーめん大盛り野菜増し増し脂増し増しニンニク少し

グラスと比較すると結構大きいのが分かるでしょ。(笑)

取り分け用の小さい丼が提供される。

この手の山は丼があった方が食べ易い。
以前は丼を使わない方が良い、なんて思ってたんですけどね。(笑)
こぼさなくて済むし、野菜の山の天辺に口を近づけて喰らいつくような事をしなくて済む。
( ̄▽ ̄)

「天辺斬り」と勝手に命名した野菜攻略方で野菜を別丼に移す。
といっても、別丼を野菜の上に片手で被せて、もう片方の手で箸を野菜の山に横から突き刺して
箸と一緒に丼をひっくり返すだけなんですがね。(笑)

おぃおぃ、野菜がアツアツじゃないですか。
冷ます意味でも別丼は必須ですな。(笑)

さぁ別丼は後回し。
天辺がなくなった半分に卓上に用意された醤油ダレをを掛ける。
野菜の山をワッシワッシと頂く。
タレの掛かったところがなくなった時点で、タレを更に掛ける。
割合はモヤシ9、キャベツ1くらいかな。いや、もうちょっとキャベツの方が多いかな。
油で加減がバツグンで、隙間なくぎっしりと積まれている。
丼の上の野菜がなくなり、別丼の野菜を片付けて一息。

( ̄▽ ̄)

野菜の山の下には一口サイズの豚がコロコロと5個ほど。

らーめん大 池袋店 らーめん大盛り野菜増し増し脂増し増しニンニク少し(豚)

固すぎず、柔らかすぎず、固柔な感じで塩気がキュッと効いている。
少しでお願いしたニンニクは豚の横に少量あったようだが、野菜と格闘している間にスープの中に沈んで行ったようだ。

大盛りの麺はかなりグットなバリュー。( ̄▽ ̄)

野菜処理に時間が掛かったので丼の中で固まりかけている。
ぐぃぐぃと持ち上げてほぐす。

らーめん大 池袋店 らーめん大盛り野菜増し増し脂増し増しニンニク少し(麺)

「大」の薄小麦色の太縮れ麺。
縮れがブリブリと細かい。
啜り込むよりガシガシ、ワシワシと口に運んだ方が食べやすい。
相変わらずのゴワゴワ感が堪らない。ヾ(^0^)〃

らーめん大 池袋店 らーめん大盛り野菜増し増し脂増し増しニンニク少し(スープ)

高台に置かれたレンゲを使ってスープを頂く。
背脂が浮く豚骨醤油。
濃いめ指定ではないが、甘さが抑えられて締りが感じられ、なかなか満足。
コクがあって旨いねぇ~。ヾ(^0^)〃

さぁ、スープを楽しむのはこれくらいに、と麺をワシワシと食べ進む。
なかなか減りません。(笑)

けど豚をツマミながら麺を喰らい、完!
レンゲで底をさらっても残り無し。
さすがにスープの完飲はちょっと・・・(笑)

空いた丼を高台に上げて、フキンで拭いて席を立つ。

旨かったです。
ごちそうさま~。




「麺屋 龍の家族」@品川区西大井

2010/03/19 19:52|東京都品川区TB:0CM:0
最寄り駅はJR横須賀線、総武線、湘南新宿ライン「西大井駅」。

大井町にある「らーめん幸龍」のセカンドブランド。

麺屋龍の家族

「麺屋 龍の家族」
  住所 東京都品川区西大井2-2-1
  電話番号 03-3775-7270
  営業時間 11:00-14:00、17:00-23:00
  定休日 日・月
  座席数 カウンター4席+4人用テーブルx2



麺屋龍の家族 看板

店内へ入り券売機が無いのを確認して空いている席に座る。
先客は2名、後客2名。

目の前に貼られたメニューを見て「銀龍(煮干し中華そば)600円」を注文する。

しばらくして現われたのがコチラ。

麺屋龍の家族 銀龍

パッと見で見えるトッピングは太めのメンマ一本、葱、チャーシュー、海苔。
海苔をちょいと退かしてみると、なると、出汁を取った煮干しのガラを細かくしたものが隠れている。

麺屋龍の家族 銀龍(煮干し)

この煮干し、賛否両論ありそうなトッピングのような気がする。

煮干し粉が載っているのとはちょっと違って、余計な匂いまで上っているような気がする。
好きな人は好きなんだとは思う。

麺屋龍の家族 銀龍(スープ)

煮干しのキラキラがちょっと浮いたスープを啜ってみる。

濁りのある醤油色のスープで、醤油は思ったほど濃くない。
煮干しのドギツさは弱いがコクがあり、ほんのり甘味を感じられるスープで、
時折スープに混じっている柚子の欠片がスッキリ感を出している。

麺屋龍の家族 銀龍(チャーシュー)

チャーシューは面積が小さいが厚めで
柔らかでクセ無く旨い。( ̄▽ ̄)

麺屋龍の家族 銀龍(麺)

麺は細麺で加水率を感じるが、しっかりと固めの茹で上がりでなかなか旨い。

御馳走様でした。




「THE GYOKAI 麺 くぼ田」@新宿区大久保

2010/03/18 20:43|東京都新宿区TB:0CM:0
ここは以前「ラーメンげんげん」が在った場所・・・。

THE GYOKAI 麺くぼ田

「THE GYOKAI 麺 くぼ田」
  住所 東京都新宿区大久保2-6-17
  電話番号 03-3203-2822
  営業時間 11:15~15:20、17:30~21:20
  定休日 日
  座席数 カウンター12席



THE GYOKAI 麺くぼ田 看板

外から中の様子を窺うと、店内は満席に近い。
入ってみると、食事を終えた団体さんが話に花が咲いて居座った状態。(笑)
地域性なんだろうか。以前もそうだった。
まぁ、楽しいのは分かりますがね。(笑)

券売機で一番左上のボタン「醤油ラーメン(1玉半)700円」をプッシュして空いている席に腰を下す。

団体さんのうちの1人が何か空気を感じ取ったようで「そろそろ行きますか」と。(笑)

まぁ店にテレビがあると大体こんな感じになりますよね。( ̄▽ ̄)

食券は回収され、奥の厨房に目をやると以前ここにあったお店の店主が見える。
( ̄▽ ̄)
ほぉ、リニューアルでしたか。
頑張ってくださいね。

程なくして一杯が「丼が大変熱くなってますので気を付けて下さい。」と提供される。

THE GYOKAI 麺くぼ田 醤油ラーメン

おっ。本当にあづい!(笑)

トッピングは巻チャーシューが2枚、カイワレ、葱、メンマ。

スープからは煮干し系の魚介の香りがぐんっ!と立っている。
リニューアルする前のお店で食べた時の魚介の香りよりも確実に強くインパクトがある。
良い香りです。

何処からともなく柚子の香りが・・・、ちょぃと探ると柚子の欠片が。
ふ~ん。( ̄▽ ̄)

枚チャーシューは醤油の香りが芳ばしく、塩気が丁度良く柔らかで旨い。
メンマは胡麻油の香りが芳ばしく、良い箸休め的な存在になっている。

THE GYOKAI 麺くぼ田 醤油ラーメン(スープ)

スープはアツアツ。薄茶濁したトロミのあるスープで塩気は丁度良い。
動物はしつこくなく、口の中で程よくマッタリした旨味が広がる。
( ̄▽ ̄)

他の店でもよくあるが、柚子の欠片が良い香りのアクセントになっていて良いですね。

THE GYOKAI 麺くぼ田 醤油ラーメン(麺)

麺は、麺幅が均一でなく手揉み風な形状の平打ち麺。
佐野ラーメンの麺を思わせる麺で、モッチモチの食感で旨い。
1.5玉もサクッと完食。

旨かったぁ。( ̄▽ ̄)

団体さんが出ていった後も、お客が続き良い感じで繁盛してました。

御馳走様でした。






「神保町 可以」@千代田区神田

2010/03/17 20:23|東京都千代田区TB:0CM:0
あの『渡なべ』のセカンドブランド。

この激戦区と言ってもいい地域に乱入ですよ。

お店は以前もラーメン屋さんがあった跡地で、近くには『覆麺』がある。

神保町の二郎や用心棒だって遠くない。

お店の前に着いたときは、本当にここ?と思いましたけどね。
だって屋号が出てなくて、白い暖簾が掛かっているだけでしたから。

入口にメニューらしきものがあったのでそれを見ると、小さい文字で『神保町 可以』と。

他に屋号あったのかな?

神保町 可以

「神保町 可以」
  住所 東京都千代田区神田神保町2-2-12 サンエスビル1F
  電話番号 03-5215-5623
  営業時間 11:00~20:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター席



神保町 可以 屋号

入口を入って2、3歩前に進んだ所、右手に券売機。

らあめんも良いけどなぁと思いながら「味噌つけめん850円」をチョイス。

食券を出してお冷を頂きながら待ちます。( ̄▽ ̄)

しばらく待っていると高台に麺とつけ汁が置かれる。

目の前に下ろしてカシャッ!

神保町 可以 味噌つけめん

まずは麺から行きましょうか。

神保町 可以 味噌つけめん(麺)

麺は『WATANABE STYLE Ltd』と書かれた麺箱から取り出された麺。
薄黄色いストレート太麺で中太より少し太めでムチッと良いコシ。
小麦の香りも良い。( ̄▽ ̄)

けど麺の量はすくないかな。(笑)
大盛りを選べばよかったか・・・。

トロミのある茶濁したつけ汁は味噌濃い味わいで、生姜の香りがかなり強め。

神保町 可以 味噌つけめん(つけ汁)

細かい背脂がポロポロと浮いていて、底の方には挽肉が沈み、麺に絡み易そうにカットされた白葱が浮いている。

麺を浸すとつけ汁がしっかり絡んで持ち上がる。

ちょっと塩気が強めかな。

神保町 可以 味噌つけめん(チャーシュー)

つけ汁の中にはブロック状のチャーシューがゴロゴロと、バラのチャーシューが一枚沈んでいた。
メンマは無いんですね・・・。
ブロック状の豚は縁が固めな、そこそこ肉らしい食感をもっている。
芳ばしい味わいで、結構多めに入っているのが嬉しいかも。

ちょっと濃い目だったかな。
今度機会があれば、らあめんを頂きましょうかね。

御馳走様でした。




「麺や 勝」@荒川区西尾久

2010/03/16 20:01|東京都荒川区TB:0CM:0
こちらは都電荒川線沿いにあります。
いくつかのラー本に出てますね。

麺や勝

「麺や 勝」
  住所 東京都荒川区西尾久7-19-6
  電話番号 03-3819-9007
  営業時間 木~月 11:30~14:30、17:30~19:30
        火  11:30~14:00 ※スープ切れ次第終了
  定休日 水
  座席数 カウンター12席



麺や勝 看板

入口を入ると左側に券売機があり
一番左上の「ラーメン600円」をプッシュ。
もちろん、お金を入れてね。

麺の太さを変更出来るようだが、デフォでいこう。( ̄▽ ̄)

一番近い席にそのまま腰を下して、食券を高台に置いておくと、お冷が出されるので
出来上がりを待ちます。

程なくして高台に丼が置かれます。

目の前に下して御対面。

麺や勝 ラーメン

丼の縁に海苔がささり、チャーシュー、メンマ、白葱と万能葱が載る。

麺や勝 ラーメン(メンマ)

メンマは一般的な感じかな。

麺や勝 ラーメン(チャーシュー)

口の中でポックリと解れる柔らかさで、ほんのり甘めでスープの邪魔にならない味付けで旨い。
( ̄▽ ̄)

どれどれ、スープを頂きましょうか。
さっきから魚介系の香りがプ~ンとしていて、どのような味付けになっているのか気になって、気になって。(笑)

麺や勝 ラーメン(スープ)

節粉が漂っているのが目視できるスープで、節や煮干系の魚介が香る動物魚介醤油。
魚介が前に出ているが、しっかり動物の旨味も口に広がり旨い。
動物のしつこさは無いがコクがあるのに、程よいキレがあって後口がすっきり。

麺や勝 ラーメン(麺)

麺は軽く縮れた中太麺。
デフォは中細麺となっているが中太くらいに・・・。
プリプリと良いコシで一般的だが、スープを良く持ち上げる麺でスープとの相性は○ですね。

完食。

麺や勝 丼

御馳走様でした。




「蓮爾 さんこま店」@世田谷区上馬

2010/03/15 20:13|東京都世田谷区TB:0CM:0
川崎の登戸店に行くよりも近く、会社の帰りにちょっと足を伸ばせば来られるのが良い。

遠目に黄色っぽいテントが見えるが外待ちの列は無い。
そこじゃないのかなぁ・・・、おぉ、やっぱここだ。
( ̄▽ ̄)

蓮爾

「蓮爾 さんこま店」
  住所 東京都世田谷区上馬1-4-13
  電話番号 ?
  営業時間 平 日 17:00~23:00
        土  11:00~17:00
  定休日 日
  座席数 カウンター12席



蓮爾 看板

店内に入ると数席の空き席がある。( ̄▽ ̄)

券売機は店内に入って右側で、その奥に冷水器。

券売機のボタンには、メニューは書かれておらず番号のみ。
番号に対応した商品名は券売機の横に貼られている。

ボタン一番左上「小ラーメン700円」をプッシュ。
小で麺量は370g、ミニラーメンは200gで650円とのこと。

食券を取って席に座って高台に食券を置いて待ちます。

無料トッピングはヤサイ、ニンニク、アブラ、カラメのようで、直前コールのようなので待ちますよ。

さぁ、出来上がりを待ちましょうかぁ。

客の出入りが2、3あって「小ラーメンの方」と声が掛かる。
「ヤサイ、アブラ、それにニンニク少し」でお願いする。

高台に置かれた一杯の山は、それ程高さはない。
目の前に下ろしてカシャッ!

蓮爾 小ラーメン

ヤサイは少ないです。
キャベツの割合も少ないですな。
ヤサイの天辺には少しでお願いした刻みニンニクが載ってます。

蓮爾 小ラーメン(ニンニク)

アブラはコッテコテの脂がヤサイに掛かっているが、量は多くない。

蓮爾 小ラーメン(アブラ)

ヤサイと一緒に食べると旨い!( ̄▽ ̄)
がぁ~、少ないので山がサクッとなくなる。

ヤサイに手を付ける前から麺がヤサイの脇から見えていたが、改めて引っぱり出す。

蓮爾 小ラーメン(麺)

小麦色で平打ちのムッキムキ固めの麺。
軽く芯が残る固さで啜りづらく、ワシワシ食べるタイプの麺。
旨~ぃ。ヾ(^0^)〃

豚が見当たらない!?
ヤサイの下にあると思っていて、麺に気を取られて忘れてた。

( ̄▽ ̄;) もしかして・・・

と麺の下を探るとゴロゴロとカタマリが3個。

蓮爾 小ラーメン(ぶた)

柔らかで旨い。( ̄▽ ̄)
あって良かった。ホッとした。(笑)

蓮爾 小ラーメン(スープ)

レンゲが無いので丼を持ち上げてずずぅっと頂く。
タレの味が濃い!!甘味と塩気が共に強い。( ̄▽ ̄;)
乳化していて良いスープなので、もうちょっと抑えてくれると・・・。

けど麺が美味しかったので満足。
ヾ(^0^)〃

完食して、空いた丼を高台にさげて席を立ちます。

御馳走様でした。




「二葉 上荻店」@杉並区上荻

2010/03/14 20:39|東京都杉並区TB:0CM:0
JR中央線「荻窪駅」北口を出て環八方面へ歩き、ちょっと脇道に入った所にある。
らーめんの幟が立っていたので何とか通り過ぎずに到着。

二葉 上荻店

「二葉 上荻店」
  住所 〒167-0043 東京都杉並区上荻1-16-14
  電話番号 03-3392-3537
  営業時間 11:30~16:00、17:30~22:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター12席 + 2人用テーブルx1



二葉 上荻店 看板

券売機で、塩味も気になったが醤油味の「ラーメン700円」を購入。

カウンターにお冷を置いてくれたので、そちらに腰を下して店員さんに食券を手渡す。

程なくして一杯が運ばれてくる。

二葉 上荻店 ラーメン

薄茶色のスープ上になるとのピンク、ホウレン草の緑、鮮やかな色合い。
( ̄▽ ̄)

巻チャーシューは箸で持ち上げると、そこそこの厚みがある。(゚∀゚ )
丁度良い柔らかさで、そこそこの噛み応えがあるのが良い。
もちろんクセが無く旨い一枚。
メンマはほんのり甘めでポリポリ。

薄茶色した醤油スープはマイルドな色合い。
( ̄▽ ̄)

二葉 上荻店 ラーメン(スープ)

啜ってみると程よいキレがあり、魚介の旨味が広がった後、動物の旨味がゆっくりと広がる。
塩気があるおかげで、マッタリしすぎない程度に口に広がるマイルドさ。
旨いわぁ。( ̄▽ ̄)

二葉 上荻店 ラーメン(麺)

麺は中太麺でモッチリ。
噛んだときの弾力がしっかりしたもので、飽きずに啜れて旨い。

完食。ヾ(^0^)〃

やっぱ旨かったです。
御馳走様でした。




「麺場 隆二」@世田谷区桜丘

2010/03/13 19:34|東京都世田谷区TB:0CM:0
小田急小田原線「千歳船橋駅」南口を出ると、目の前の建物に看板がある。
この建物の裏手に在るようで、矢印が書かれてます。

横断歩道を渡り、お店の在る方に向います。

麺場隆二

「麺場 隆二」
  住所 〒156-0054 東京都世田谷区桜丘2-29-6
  電話番号 03-3420-3055
  営業時間 平 日 11:00~26:00
       日・祝 11:00~19:00
  定休日 不定休
  座席数 カウンター席+テーブル席



麺場隆二 テント

戸をガラガラと開けて、店内に入って左手にある券売機の前で何にしようか・・・考える。

麺は中細麺と太麺から選べるようで、中細麺に対応したメニューが上段側に、太麺に対応したメニューが下段側にボタン配置されている。

購入したのは「らーめん650円」(太麺)。

店の奥にあるテーブル席には数人のお客がいるようで、厨房前に並ぶ5席あるカウンター席にも3名の先客が座っていて客入りは上々のようですね。

カウンター席に案内され着席。
食券を渡して出来上がりを待ちます。

程なくして黒いお盆に載って一杯が登場。

麺場隆二 らーめん[太麺]

トッピングは巻チャーシューとメンマ、スープに葱と背脂がチョロチョロっと浮いている。

チャーシューは厚みはないがクセなく○。

メンマはコリコリで良い箸休めになる。

スープを頂きます。

麺場隆二 らーめん[太麺](スープ)

熱々のスープは和出汁の香りがする醤油スープでサラッとしている。
意外にあっさりで旨い。(゚∀゚ )

麺場隆二 らーめん[太麺](麺)

麺は断面が長方形、若干透明感があり、昨今の太麺に比べるとそれ程太くはないがムチムチと固めの茹で上がりで旨い。

サクッと完食です。

元ボクサーのお店と聞いていたので、パンチのある一杯が提供されるのかと思って来たが、あっさりで優しい一杯。
旨かったです。

御馳走様でした。





「秋葉らーめん 松風」@千代田区外神田

2010/03/12 20:49|東京都千代田区TB:0CM:0
秋葉の小さな電気屋さんが並ぶ路地からちょっと奥まった所にお店がある。

『私有地につき・・・』なんて看板が目に入り、足を踏み入れて良いのか躊躇する。

だがしかし、「ここだぞ~。」と言わんばかりにお店の看板と暖簾が不自然にコチラに向いている。(笑)

さぁ入りましょ。

秋葉らーめん松風

「秋葉らーめん 松風」
  住所 〒101-0021 東京都千代田区外神田3-14-3
  電話番号 03-5296-1277
  営業時間 平 日 11:30~15:00、17:30~ 材料切れ次第終了
       土日祝 11:30~ 材料切れ次第終了
  定休日 不定休
  座席数 カウンター10席



秋葉らーめん松風 暖簾

店内に入ると、入口正面に丸々としたキャベツがゴロゴロと、
ニンジンとジャガイモもゴロゴロとカウンターほどの高さの所に置かれている。

ほぉ~。( ̄▽ ̄)

入口を入って左側にある券売機で「松風らーめん780円」を購入。

券売機の横にお店の名刺を発見。

おや Σ( ̄o ̄ )
『きび』の名刺も発見。
これはこれは、系列だとは知りませんでした。

コチラのお店はスープに動物系を使用していないらしく、その代わりに5種類の野菜を煮込んだスープを自慢としているそうです。
( ゚∀゚)

5種類ねぇ・・・。
入口正面にあったキャベツ、ニンジン、ジャガイモは入っているんだろう。
他の2種類は・・・。
ちょっと上に目をやると野菜の絵が描かれていて、とうもろこしと玉葱を使用しているようです。

先客は「mix」とかいう品を食しているようだが、それも美味しそうだ。

程なくして私の一杯が目の前に提供される。

秋葉らーめん松風 松風らーめん

なんだかゴージャスじゃん。( ̄▽ ̄)
野菜だけなんて言うから、素朴なイメージが植えつけられていたようで
見た目に賑やか、旨そうに見える。

ボイルキャベツ、メンマ、中央にちょこんと載っているウズラ。
ウズラの玉子は味玉になっていて、口の中でプチッと弾けてなかなか旨い。

ボイルキャベツは多めに入っていて良いですね。
丁度いい茹で加減でボリュボリュッとした食感で甘くて旨い。
( ̄▽ ̄)
メンマはほんのり甘めで長めのサイズ。
これも食感が良くジャクジャクと良い音を立てる。

なんだか健康的だぞぉ~。( ̄▽ ̄)

さぁ、スープを。

秋葉らーめん松風 松風らーめん(スープ)

レンゲで掬うとそこそこのトロミを感じるが強くはない。
タラッとした感じと表現した方が良いかな。
ジャガイモが入っているとの事で、ざらつきがあるのでは?と思っていたが全然。
しっとりした違和感のない飲み口で良い。
良く見ると溶け切らないニンジンの粒がある。
他に野菜らしきものは見当たらないが、香り、甘味、充分に野菜からの旨味が出たスープで魚介はそれ程強くない。
魚介が好きな人は卓上に用意された魚粉を投入すると良いかも。

秋葉らーめん松風 松風らーめん(麺)

麺は薄黄色いストレート太麺。
角はあまり感じられず、ムキュッといいコシで良い意味でパスタっぽい印象を受ける。
このスープに合ってる。( ̄▽ ̄)

丼の縁にへばり付いたように存在しているチャーシューはデカイ。(笑)

ロース質の食感で程よい塩加減が、甘さのあるスープの中で冴えた存在。

健康を感じさせてくれる一杯、完食!

後客も増えてきたので、サッサと撤退します。

新しい味で旨かったです。
御馳走様でした。




「麺屋 優創 YUSAKU」@新宿区百人町

2010/03/11 21:09|東京都新宿区TB:0CM:0
最寄り駅は「大久保駅」か「新大久保駅」のどちらから歩いても大差は無いかな。

旨い魚介系が頂けると聞いて参上です。

優創

「麺屋 優創 YUSAKU」
  住所 東京都新宿区百人町2-19-11
  電話番号 03-5937-4898
  営業時間 11:30~21:00
  定休日 水曜
  座席数 カウンター9席 + 4人用テーブル×2



優創 看板

店内は甲殻類の良い香りがする。
券売機が無さそうなので空いているカウンター席に向う。
先客は5名ほど。
そのうちカウンター席に座っているのが3名。

メニューには魚介系と豚骨系の2種。
味噌より醤油の方が出汁の旨味がはっきり分かりそうなので「魚介醤油ラーメン850円」をオーダー。
最近の節、煮干しとは違った魚介で、蟹、海老、魚介から取った出汁が楽しめるとは何とも嬉しい。

程なくして一杯が提供される。

優創 魚介醤油ラーメン

はぃはぃ、旨そうです。( ゚∀゚)

丼の縁には海苔が刺さり、中央にはワカメ、その周辺にレイアウトされたあさりは、
あさり独特のキュッとなる旨味が堪らない。( ̄▽ ̄)

優創 魚介醤油ラーメン(あさり)

それにプリップリの海老。

優創 魚介醤油ラーメン(えび)

すんごくプリプリで良い食感。
旨~ぃ。ヾ(^0^)〃

優創 魚介醤油ラーメン(スープ)

スープをズズッと頂く。
甲殻類から得た芳ばしい甘味、勿論他の魚介の甘味も含まれているんだろうけど、良い出汁が出ていて旨いねぇ。
( ̄▽ ̄)

優創 魚介醤油ラーメン(麺)

麺は『中華麺とフィットチーネときしめんの融合』という説明の意味が見て、そして啜って分かる。
うねりが細かく、プリプリ、そして程よくムチッと噛み応えがあり、しっかりスープをキャッチして持ち上げる。
これは麺とスープの相性がバッチリ。ヾ(^0^)〃

麺がなくなった丼からスープを掬う。

うん、やっぱ旨い。

レジでお会計を済ませて店を出ます。
とんこつの方も、麺が一般的でないようで興味をそそる。

旨かったです。御馳走様でした。




「中華そば わさび」@新宿区歌舞伎町

2010/03/10 20:21|東京都新宿区TB:0CM:0
新宿に在った「竈」の跡地。

わさび

「中華そば わさび」
  住所 東京都新宿区歌舞伎町2-46-7 第3平沢ビル 1F
  電話番号 03-6457-6723
  営業時間 11:00~23:00
  定休日 日
  座席数 カウンター15席



わさび  看板

店内のコの字型カウンターはそのままだが、壁が白っぽく変わり「竈」のときより明るい印象を受ける。

入って右側に冷水器と券売機があり、券売機で「中華そば650円」を購入。
お冷を取って空いている席へ。

先客は3名。
店を出るまでに3名の後客。

食券を出しておくと、店員さんが
「麺は2玉までサービスですが。」と。
「んじゃぁ2玉で。」お願いする。( ̄▽ ̄)

出来上がりをしばし待つ。

程なくして丼が登場。

わさび 中華そば

中央に葱の微塵切り、面積は小さめだが厚みが1cmほどの巻チャーシュー、水菜の上に柚子の欠片が載っていて

わさび 中華そば(水菜柚子欠片)

海苔と太めのメンマが4本ほど。
メンマはふっといがショクショクと柔らか。

わさび 中華そば(チャーシュー)

チャーシューはクセなく柔らかで旨い。( ̄▽ ̄)

わさび 中華そば(油揚げ)

面白いのはこの炙られた油揚げかな。
そのまま頂くよりは、スープにジュッと浸して食べた方が旨い。

節系の香りがするスープを頂く。

わさび 中華そば(スープ)

柚子がある方は柚子の香りがあるので丼の反対側を。(笑)
薄茶濁でトロミのあるスープ。節系の香りがフワ~ッとのぼっている。
良い香りである。
一啜りするとスープはアツアツで動物の旨味が程よくマッタリと広がる。
塩気がキュッと効いていて旨い。
柚子をスープにちょぃと沈めて、その辺のスープを掬うと
柚子の香りがするスープになり、これもまた旨い。

わさび 中華そば(麺)

麺は薄黄色い中太縮れ麺。
特に凄いという印象は受けないが、丁度良いコシでスープを持ち上げる具合も良い。
2玉と言うボリュームも◎ですね。

飽きずにスープを頂き、完飲、完食。

旨かったです。
ごちです。





「麺屋 桑田」@豊島区南池袋

2010/03/09 20:48|東京都豊島区TB:0CM:0
最寄り駅は「池袋駅」。

明治通りを南下。ラーメンの幟が無いと通り過ぎてしまいそうですな。

麺屋桑田

「麺屋 桑田」
  住所 東京都豊島区南池袋3-8ー3 池袋クラウンハイツ102
  電話番号 03-5954-3421
  営業時間 11:00~14:30、17:30~スープ切れまで
  定休日 日・祝
  座席数 カウンター7席



麺屋桑田 看板

サザンの桑田の幼なじみが営む茶屋の茶葉を使用しているお店。
サザン=茶山?
曜日限定で「茶山つけ麺」を売りにしているようです。

店内にはサザンの曲が流れている。
券売機で火・木・土限定の「茶山つけ麺850円」をチョイス。

麺屋桑田 券売機

トッピングのクーポンを提示して味玉をつけて貰いました。
ヾ(^0^)〃

暫くしてつけ汁が先に提供され、後を追って麺が登場。
「麺にお茶の粉を絡めてお茶の香りをお楽しみ下さい。」と。

麺屋桑田 茶山つけ麺

どれどれ、先に麺だけ頂いちゃいましょう。

麺屋桑田 茶山つけ麺(麺)

少し平打ち気味の麺でツヤがある。
幅は5mmほど。
スルスルッと啜りこんで噛む。
小麦の香りは弱めだがムチムチと良い噛み応えのある麺。

麺屋桑田 茶山つけ麺(茶)

どれどれ、お茶を絡めて・・・。
おぉ、茶の香りが良いですね。悪くない。
( ̄▽ ̄)

麺の上のトッピングはサーフボードに見立てた笹かま。

麺屋桑田 茶山つけ麺(笹かま)

黄身がとろ~んとろん状態の味玉。

麺屋桑田 茶山つけ麺(味玉)

巻チャーシュー、メンマ、海苔。

麺屋桑田 茶山つけ麺(つけ汁)

つけ汁には水菜なんかがたくさん浮いている。
ちょいと中を探ってみると少し固めのサイコロ状の豚が沈んでいるのを発見。

麺屋桑田 茶山つけ麺(つけ汁の中)

麺をサッと浸してズバッと啜りこむ。
少し濁りのある動物魚介の塩ベースのつけ汁は塩気は強くない。
初めは少しオイリーな感じが気になったが、
比較的あっさりめで麺との絡みはライトな印象を受ける。

スープ割を頼んで完飲。

御馳走様でした。


「ブラウン」@埼玉県春日部市

2010/03/08 13:31|埼玉県TB:0CM:0
ネットサーフィンしていて見つけたお店。

店に到着して、駐車場が広い事に先ず想像していたお店と違う。(笑)

看板はJ・Bが「つけめん食いてー」と叫んでいるように見える。(笑)

ブラウン 看板

ブラウン 看板 アップ

「ブラウン」
  住所 〒344-0066 埼玉県春日部市豊町5-19-15
  電話番号 非公開
  営業時間 11:30~14:00、18:00~22:00
  定休日 無休
  座席数 カウンター8席+カウンター16席+4人用テーブル×3



ブラウン

駐車場に車を停めて店内へ。

店内はチェーン店を思わせる席数。

券売機で豚骨魚介つけめんの大盛り830円を購入。

ちょっとメニューとボタンが分かりづらかったが「大盛」をプッシュ。

席にメニューが置かれていて全貌が分かる。

ブラウン つけめんメニュー

大盛り茹で上がりがの量は500gとなっている。

ブラウン 麺の量

Σ( ̄o ̄ )
豚骨醤油ラーメンはヤサイが盛られるようですな・・・。
二郎ライクで魅力的。( ̄▽ ̄)
次回来店時は・・・(笑)

ブラウン メニュー(豚骨醤油ラーメン)

しばしの待ち。

ブラウン 茹で時間
やっとこさ黒いお盆に載って出てきました。

ブラウン つけめん大盛

麺の上に海苔、その上に魚粉。

ブラウン つけめん大盛(魚粉)

先ずは麺を単品で。

ブラウン つけめん大盛(麺)

色白に近い薄小麦色の太麺。
まるでうどんの様。

スルスルッと啜ってみると、小麦の香りはそれ程強くないがムキムキの固めで旨い。
なかなかやるじゃないですか。( ̄▽ ̄)

ブラウン つけめん大盛(つけ汁)

茶色いつけ汁には小さめの背脂がコロコロと浮いていて適度なトロミがある。
麺を浸すと良い感じで麺に絡みついて持ち上がる。
酸味、辛味は感じられず、動物の旨味が甘味に感じられコテッと濃厚なつけ汁。

海苔の上の魚粉をつけ汁に投入して魚介の香りをアップ!
これも旨いねぇ。( ̄▽ ̄)

ブラウン つけめん大盛(具)

つけ汁の中の具は太めのメンマとサイコロ状のチャーシュー。
メンマはふっとくジョクジョクと良い食感で、チャーシューはサイコロ状といっても大きめでブジュゥッっと柔らか。
これも旨い。( ̄▽ ̄)

茹で上げで500gとされる麺も軽く平らげる。

スープ割が卓上ポットに用意されているので割って頂く。
カツオ出汁に柑橘系の香りがほんのり。
サラッと飲みやすいスープを頂き御馳です。

麺の量はもうちょっと欲しかったかな。(笑)

旨かったです。
御馳走様でした。




「豚骨ラーメン とんぷう」@埼玉県秩父市

2010/03/07 20:53|埼玉県TB:0CM:0
去年の夏に来ようと思っていて来られなかったお店。

随分と経ちましたが・・・。

豚骨ラーメンとんぷう

「豚骨ラーメン とんぷう」
  住所 〒368-0041 埼玉県秩父市番場町3-6
  電話番号 0494-25-4130
  営業時間 平 日 12:00~14:00、17:00~21:30
       土日祝 12:00~21:30 ※スープ切れ次第終了
  定休日 金・第3木
  座席数 カウンター6席 + 座敷



豚骨ラーメンとんぷう 看板

入口を入ると右手直ぐの所に券売機。

カウンターには先客が2名。
店の奥に座敷があるようで団体さんがいるようです。
時折、替玉を頼みにやって来ます。

まずは食券「とんこつ正油600円」を購入して空いた席に。

食券を高台に置いてセルフのお冷を頂きます。

「麺のかたさと味の濃さはどうしますか?」と聞かれて

「バリカタで、他は普通で」お願いする。

豚骨ラーメンとんぷう 麺のかたさ、脂の量

程なくして高台に一杯が置かれる。

目の前に下す・・・おぉ、濃い色をしている。

豚骨ラーメンとんぷう とんこつ正油

プリップリのキクラゲ、メンマ、海苔、中央に刻まれた玉葱。

豚骨ラーメンとんぷう とんこつ正油(刻み玉葱)

色濃いメンマはコリコリで旨い。

豚骨ラーメンとんぷう とんこつ正油(スープ)

まずはスープを頂きます。
トロミがあって、濃厚なスープ。
豚骨だけじゃなくて、ばっちりと魚粉が効いていて
魚介の風味がぐんぐんと鼻にくる。こぃ~豚骨魚介。
ヾ(^0^)〃

これは旨い!

どれどれ、と麺を引っぱり出すと低加水のストレート細麺が出てくる。
博多系でお馴染みの麺ですよ。

豚骨ラーメンとんぷう とんこつ正油(麺)

この加水率低めの麺が、ぐぐっと粘度高めのスープを持ち上げてくる。
魚粉のザラツキが荒々しくて、かつ豚骨の濃厚さが堪らんねぇ。
(゚∀゚ )

麺を食べ切らないところで替玉をお願いすると、
「丼を上げてもらえますか?」と。
なるほど、コチラのお店は丼に直接替玉を投入してもらうんですね。

( ̄▽ ̄)

濃いスープだったので、替玉でそれ程薄まらずに頂けましたよ。

旨かったです。

御馳走様でした。






「オリきん」@豊島区西池袋

2010/03/06 20:16|東京都豊島区TB:0CM:0
お腹空いたよ~。(笑)

久々に池袋の「オリきん」行っとくかぁ~。

混ぜそばは食べてなかったし~。

オリきん

「オリきん」
  住所 東京都豊島区西池袋1-20-5
  電話番号 03-3981-3809
  営業時間 平 日 11:00~23:30
       土日祝 11:00~23:15
  定休日 無休
  座席数 カウンター12席



オリきん(ORIKIN)

なんか店の外観が変わったなぁ...。

おっ。Σ( ̄0 ̄ )

けっこうお客がいるぞぉ~。( ̄▽ ̄)

券売機で「まぜそば790円」を購入。
店に入る前に用意した携帯のクーポンを提示して味玉を付けてもらう。

まだ啜っていないお客も多くいて、そちらの提供が先。

さぁ待ちます、待つしかないですから。。

店内はカレーの匂いがしていて、壁の貼紙を見ると
「本格カレーつけ麺 850円」とある。

( ̄▽ ̄)

けど・・・「ココナツミルク、パクチー添え」を見て
私には無理と判断・・・( ̄ー ̄;)

しばらくして「まぜそば」が「サービスのスープでーす。」の声と一緒に登場。

オリきん まぜそば

ほぉ。( ̄▽ ̄ )

さて、どこから手を付けようか。

中央にフライドオニオンらしき乾物がワッサリとトッピングされていて
それを囲むようにメンマ、豚、青菜、味玉がレイアウトされ、手で千切られた感のある海苔が散らされている。

半分にカットされた味玉が3個と言うことは、デフォルトで半分入っていると言うことですね。

オリきん まぜそば(味玉)

ほんのり甘塩でのちゃっと固めのゼリー状。
なかなか旨い。( ̄▽ ̄)

メンマは普通にコリコリ~。
青菜は小松菜の茎でシャキシャキの良い食感。

オリきん まぜそば(豚)

脂身がそこそこ付いたバラっぽい豚は、軽く焦げ目の付いた厚みのある一口サイズ。
4個も入っているんだから充分満足。
芳ばしいしっかりした甘塩な味付けで旨い。
ヾ(^0^)〃

さてぇ、麺を啜ろうかと、混ぜるのもなんなんでフライドものの脇から引っぱり出す。

オリきん まぜそば(麺)

偶々タレが絡んでいる部分を引っぱり出したようだ。

ぞぞ~っと。
Σ( ̄▽ ̄ ) 芳ばしい海老の香り。
食べ進むとホットな辛味がポッポと感じられてくる。
なかなか旨い。
大盛りなので麺のバリューは◎。

オリきん お酢エビ油

卓上にはお酢とエビ油が用意されているので追加で味の変化が楽しめる。
私は使いませんでしたが。(笑)

付け合せのスープは、青菜と葱の入ったサッパリした醤油味。

完飲、完食。

旨かったです。
御馳走様でした。




「めん屋そら 曇天」@中央区東日本橋

2010/03/05 20:23|東京都中央区TB:0CM:0
「神田駅」近くの「めん屋そら」の2号店。

最寄り駅は「馬喰横山駅」とかになるのかな。
神田駅に比べたらラーメン屋さんの数はかなり少ないですね。

めん屋そら雲天

「めん屋そら 曇天」
  住所 〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-6-12
  電話番号 03-3667-7740
  営業時間 平 日 11:30~15:00、17:00~22:00
        土  11:30~17:00
  定休日 日・祝
  座席数 カウンター12席



めん屋そら雲天 看板

店内厨房に女性1人、接客担当に女性1人の二人体制。

メニューを見て「らーめん700円」を注文。

めん屋そら雲天 メニュー

大盛りも同額であることが書かれていたので、もちろん、大盛りでお願いしてしまいます。

卓上には鰯、鰹、鯖、3種類の魚粉が用意されていて、好みの魚粉を選んで味と香りの変化が楽しめます。

めん屋そら雲天 鰯粉、鰹粉、鯖粉

程なくして一杯が運ばれてきました。

めん屋そら雲天 らーめん

中央にのの字のなると、メンマ、青葱、角煮っぽい小さめの豚がトッピング。

まずはスープから啜らせてもらいます。

めん屋そら雲天 らーめん(スープ)

薄茶濁した豚、鶏の旨味が出たスープ。

粘度は低いが芳ばしい香りが良くて塩加減も丁度良く、旨味が甘味に感じられ旨々のスープ。
( ̄▽ ̄)
メンマは塩気がキュッと効いたもので良い歯応え。

めん屋そら雲天 らーめん(角煮風チャーシュー)

角煮風の豚の味付けは、角煮のようにほんのり甘塩っぱい。
角煮のように表面よりも中が柔らかいが、小さいのが残念。

めん屋そら雲天 らーめん(麺)

麺は中太よりやや太めの麺。
ムチムチと良いコシでボリュームもあって満足。
旨いですねぇ。

さてさて、魚粉を楽しんでみます。


やっぱりギュッと煮干しに近い深みを楽しみたかったので鰯粉を投入!!
( ̄▽ ̄) 旨い。
動物のマッタリとしたコクに魚粉がプ~ンと香り
そしてギュッと深い鰯の風味が混じる。
(^ー゚)b Good!

完食。

お会計を済ませて店を出ます

旨かったです。
御馳走様でした。



「なわて」@目黒区目黒本町

2010/03/04 20:47|東京都目黒区TB:0CM:0
最寄り駅は東急目黒線「武蔵小山駅」。

銭湯の目の前にあるお店で、以前は「麺屋我竜」があった。

あのお店、旨かったのになぁ・・・。

こちらは「せたが屋」出身らしいですね。
最近「せたが屋」出身でお店出す人が多いなぁ・・・( ̄▽ ̄)

偶々??(笑)

なわて_

「なわて」
  住所 〒152-0002 東京都目黒区目黒本町3-3-12
  電話番号 03-3760-8768
  営業時間 11:00~14:30、18:00~21:15 ※材料切れ次第終了
  定休日 月・第3日
  座席数 カウンター8席



なわて テント

店内に入って券売機の前で、らーめんかつけ麺か悩んだ挙げ句「らーめん680円」をチョイス。

座っている先客の後ろを通って空いた席に。

食券を高台に置いておく。

程なくして一杯が高台に上る。

なわて らーめん

中央に白葱が盛られ、何か茶色い顆粒状のものが。

それにしても芳ばしい香りを放っている豚が旨そうだ。

なわて らーめん(チャーシュー)

柔らかいとは言えないが、醤油の香りと炙りのおかげで芳ばしく旨い。
( ̄▽ ̄)
メンマはポリッポリッと良い食感が楽しめる。

なわて らーめん(あおさのり)

あおさのりの香りが◎!!

良い香りだよ。( ̄▽ ̄)

こういうの大好き。(笑)

なわて らーめん(スープ)

スープに鶏と豚がいるのはわかる、節や煮干の魚介も感じるが、昆布と貝類の旨味が一番感じられる。
旨い塩じゃのう。( ̄▽ ̄)

あっさりだが、コクがあり、ほんのり甘味も感じられるスープで旨い。

なわて らーめん(麺)

麺は黄色っぽい中細ストレート麺で、角の残る茹で上がりで固めが○。

旨い。ヾ(^0^)〃

完食。

旨かったです。
御馳走様でした。




「NOODLE BAR BUGSY」@渋谷区道玄坂

2010/03/03 20:40|東京都渋谷区TB:0CM:0
「渋谷駅」からちょぃと歩くかな。

最近はラーメン屋さんだけど BAR みたいなお店も多くなりましたね。

入るのにちょっと勇気が必要なお店もありますが、( ̄ー ̄;)

こちらに「らーめん」の幕が張ってあって、そこまで勇気は必要ないかな。(笑)

NOODLE BAR BUGSY 幕

「NOODLE BAR BUGSY」
  住所 東京都渋谷区道玄坂1-22-8 朝日屋ビル 1F
  電話番号 03-6427-8510
  営業時間 11:30~15:00、17:30~22:00
  定休日 日
  座席数 カウンター席+テーブル席



NOODLE BAR BUGSY

入口手前に券売機があって「ラーメン700円」をチョイスして店内へ。

おっと、店内は喫煙可能なようですな。

カウンター席に腰を下して食券を出しておきます。

店員さんが食券を回収。

さぁ出来上がりを待ちます。( ̄▽ ̄)

・・・程なくして一杯が提供。

NOODLE BAR BUGSY ラーメン

見た目に家系じゃないですか。( ̄▽ ̄)

けど海苔は2枚ですね。
他はホウレン草と巻チャーシュー。

NOODLE BAR BUGSY ラーメン(チャーシュー)

チャーシューは柔らかくトロトロで炙りが入っていて芳ばしく胡椒が掛かっている。
( ̄▽ ̄)

NOODLE BAR BUGSY ラーメン(スープ)

スープは醤油の芳ばしい香りがする豚骨醤油。
家系ほど濃厚ではないが、動物の旨味が出た旨~いスープ。

NOODLE BAR BUGSY ラーメン(麺)

麺は中太よりやや太めの縮れ麺。
家系っぽくないが、コシはまぁまぁで悪くない。
( ̄▽ ̄)

サクッと完食。

普通に美味しい一杯でした。

御馳走様でした。



カテゴリー

ぐるーぽん

広告

クーポン げっと~8

クーポン げっと~7

クーポン げっと~6

クーポン げっと~5

他の旨いもん!


リゾート バイト!


拉麺よりも夢を!

旅行と拉麺はセットだぁ!


ホットペッパー

広告








クーポン げっと~4

話題

CocodeVideo

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 |  東京都北区 | 東京都文京区 | 東京都板橋区 | 東京都新宿区 | 東京都中野区 | 東京都豊島区 | 東京都練馬区 | 東京都葛飾区 | 東京都足立区 | 東京都台東区 | 東京都千代田区 | 東京都杉並区 | 東京都渋谷区 | 東京都港区 | 東京都品川区 | 東京都中央区 | 東京都世田谷区 | 東京都目黒区 | 東京都大田区 | 東京都荒川区 | 東京都江東区 | 東京都墨田区 | 東京都江戸川区 | 東京都東久留米市 | 東京都西東京市 | 東京都町田市 | 東京都国分寺市 | 東京都武蔵野市 | 東京都三鷹市 | 東京都府中市 | 東京都調布市 | 東京都福生市 | 東京都東村山市 | 東京都武蔵村山市 | 東京都東大和市 | 東京都小金井市 | 東京都八王子市 | 東京都立川市 | 東京都あきる野市 | 東京都多摩市 | 東京都日野市 | 東京都西多摩郡 | 北海道 | 千葉県 | 埼玉県 | 神奈川県 | 栃木県 | 長野県 | 群馬県 | 茨城県 | 山梨県 | 静岡県 | 宮城県 | 福島県 | 新潟県 | 愛知県 | 福岡県 | 熊本県 | 番外編 | 閉店 | 移転 | ---- | 東京都青梅市 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 麺喰ぃ
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。